中華ファンタジー

創作物の投稿を気軽に。
+1

創作物の投稿を気軽に。

はじめまして、ロクと申します。 趣味やら仕事で絵を描いていました。仕事では広告系の漫画などを個人的にご依頼いただいて描いていたのですが、自分のクオリティの低さにクライアントの希望に添えていないのではないか、クライアントの求める形をださなければというプレッシャーや安定しない収入に、このままじゃだめだと絵から離れることにしました。 離れてから気が付いたのは、自分の描きたいものが描けなくなってしまっていること。人からの評価を気にし過ぎて、評価がなければ落ち込み、評価前提で描こう

スキ
4
「月の影 影の海」小野不由美

「月の影 影の海」小野不由美

十二国記シリーズの1作目。 講談社X文庫ホワイトハートという少女向けの文庫シリーズで発刊され、その後、現在は新潮社から一般文庫として発刊されている。 十二国記は2019年に最新刊が出ている息の長いシリーズ。 日本のファンタジー小説の中で、このシリーズと上橋菜穂子の守り人シリーズが二大双璧だと思っている。 この異世界について、詳細を書かせていただく。 「ー」に挟まれているとこはネタバレになるので、読みたくない人は飛ばして欲しい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スキ
1
江澄キャラソン「恨別」日本語訳

江澄キャラソン「恨別」日本語訳

字幕付き動画は以下URLタップ↓ ※動画の字幕は見やすさも考慮し、文字数などを減らす工夫をしています。こちらの翻訳は動画に比べ直訳で、単語の意味をしっかり訳しているので動画とこの記事で若干意味や表現が違うことはご了承ください。 江澄 恨別 秋雨打燈 蓮花落滿塢中 少年心 隔水仍發好夢 一朝火海驚動 血漫舟中蓮蓬 烈火無事卻向西風 秋雨が灯りを揺らし 蓮の花が落ちる 今となっては儚い夢のような 幼かった頃が未だ手放せない ひとたび蓮花塢が赤に染まり 血で溢れかえった船が湖

スキ
6
「僕僕先生」仁木英之

「僕僕先生」仁木英之

シリーズものです。 前から好きだと言っていた中華ファンタジーもの。 中華ファンタジーでは、やはり”仙人”ですよね~ あとは”妖怪””龍”とかもあるけど、やはり仙人が萌えるね!! 封神演義なんていう超古典だが仙人物のファンタジーが中国にはそもそもあるし、仙人は不思議な物語を紡ぐのに最適なキャラクターなんだろうなぁ。 それに中国っていろんな民族が存在・訪れる、多国籍な要素もあって舞台としてまったく飽きが来ない。 また時代・王朝が変わるたびに特徴も変わり、それぞれの王朝で大きな事

スキ
1
【中国ドラマ】寝ても覚めても陳情令
+6

【中国ドラマ】寝ても覚めても陳情令

超久々のミラクルスパークリングヒットで、陳情令に絶賛ドハマりました。数年前にKPOP落ちした時と同じくらいの熱量。世界がBTSに出会った時も多分同じ熱量だったでしょう。世界のオタクよ、私には分かる。 U-NEXTで運命の邂逅を果たしたのだが、HuluとGyaoでも公開されたね。 匂わせBLと予習はしていたものの、それを忘れるくらい話が面白くて、古代中華の舞台美術が見応え120点満点。その上、俳優陣が顔面の天才揃いなので全50話が一瞬でした。 原作は台湾のBL小説「魔道祖師」

スキ
3
「封仙娘娘追宝録 天を騒がす落とし物」ろくごまるに

「封仙娘娘追宝録 天を騒がす落とし物」ろくごまるに

はるかなジュブナーイル、瞳の中のれいんぼー♪ 山下達郎の歌、ジュブナイルって香取慎吾主演の映画もあったよね。 そう!!「ジュブナイル」、今はライトノベルって呼ばれているけど、昔はジュブナイル小説って呼んでなかったか? 中・高時代はまりました。 菊地秀行の「吸血鬼ハンターDシリーズ」「トレジャーハンター八頭大シリーズ」など、ソノラマ文庫が大好きだった。 角川スニーカー文庫の「ロードス島戦記シリーズ」と、富士見ファンタジア文庫の人気シリーズたち!! 「スレイヤーズ」「魔術師オー

スキ
2
「後宮小説」酒見賢一

「後宮小説」酒見賢一

中学生から大学生のころ、夏休みの午前中には楽しみがあった。 NHKのBS2では夏休みアニメスペシャルといった番組(正式名称は忘れたが)が放送されていた。 親がパートに出ていた為、妹の子守をしながら一緒に見ていた。 「僕の地球を守って」「ウォレスとグルミット」、その他さまざまな民放とはちょっと毛色が違う良作が放送されていて、毎日楽しみに見ていた。 中でも「雲のように風のように」というアニメが、当時田中芳樹の中華歴史小説シリーズが好きだったこともあり、心奪われたのである。 大学

【今日のジョーク(長文版)】

【今日のジョーク(長文版)】

アニメやゲームが大好きな中国人のもとに、ラノベを書くのが好きな日本人の友人が相談にやってきた。「最近中華ファンタジー小説を書きたいと思うのですが、何か参考になるものはないでしょうか?」その中国人は結構中国ドラマの古装片にも通じていたので、いくらか面白そうなドラマを数個ほど紹介した。するとその日本人は真顔で聞いてきた。「そのドラマは中国“時代劇”ではないのですか?」その中国人はちょっとあきれ、それらの古装片のあらすじを説明してやった。確かにこれらの古装片に出てくる国の名前には何

読書感想#7|後宮の烏|白川紺子

読書感想#7|後宮の烏|白川紺子

こんにちは! 相変わらず美男美女大好き、kaiです。 読書初心者の100冊チャレンジ企画、7冊目! 白川紺子氏のファンタジー小説、「後宮の烏」です。 最近いくつかの本屋さんに寄ったんですけど、 どこも平積みして推していたので 人気なんだろうなと思い、この本をセレクト! 中華ファンタジーが好きな人、それから 少し推理要素もあり、恋愛要素もあり、 その辺好きな人におすすめです!(雑) 中華系初めて読むので、 後宮のドロドロ系なのかと思ってたけど(偏見) 全然違った!笑 綺

スキ
3