タイの空港事情から分かる中国人の使うお金の量

こんにちは。ヤンゴンビザの更新でタイに行ってきた、ひでボン(@hide0024)です。今回は、ビザランでタイに行って感じたことについてレポートしたいと思います。日本にお住いの方で、タイに行ったことがある方って少なくないと思います。

実はわたくし、「タイ、変わったよなぁ。」って感じています。はじめてタイを訪れたのは、2011年のことでした。それから行きたいと思いつつタイには来れなかったのですが、2

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければシェアしてください。

(H68) ESG投資の割合は、欧州市場では既に占有率5割-3 (2020.6.19) by 三井久明 より抜粋加筆しました。

⑺ 「現代奴隷法」の特徴は第一に、企業にサプライチェーン上の状況の確認を求めていること

自社の事業所や工場だけをチェックすれば済むのではなく、
国内外の下請け、孫請け、調達先、廃棄物処分場などを含む、すべての事業所が確認対象となります。

強制労働や児童労働のリスクの有無を確認することができなければ、英国市場から排除されることになりかねない。

⑻ 第二の特徴は、「声明」をウェブサイトなどで公開

もっとみる
たいへん嬉しいです!
1

(H67) 世界のSNSはフェイスブックグループと中国企業のSNSに二分されている-3 (2020.7.3) by 一田和樹 より抜粋加筆しました。

⑹ 中国メディアの影響力は想像以上に大きい

コロナ禍の中での中国、イラン、ロシア、トルコの英語版ニュースの影響力を調査したレポート(オクスフォード大学The Computational Propaganda Project、2020年4月)に分析が掲載されています。

中国、イラン、ロシア、トルコの英語版ニュースは、
BBCなどの一般的なニュースに比べると記事の数は少ないが、
そのエンゲージメン

もっとみる
たいへん嬉しいです!
1

週間牛乳屋新聞#16(自分に自信があって何が悪いか)

どうも、牛乳屋です!

WeChatで恥ずかしげもなく自作の詩と自撮り写真を上げてる友人を見て、最近言われたある一言を思い出しました。

「君って自分に自信があるんだね」

この表現はたいてい、「自己陶酔してんじゃねーよ」と置き換えることができるのではないでしょうか。

プライド高すぎて人の話を聞かないのは問題です。ただ、僕は自分に自信を持てない生き方よりも、自分に自信を持った生き方のほうが百億倍

もっとみる

友達

こんばんは!しょうごです^^

暑い日が続いていますが、みなさんバテてはおりませんか^^
まずは8月を乗り切りましょう。その頃にはもう、体も暑さに慣れていると思います♪

では今日のブログいってみましょう!

友達いますか?

みなさん、友達はいますか?

たぶん、いますよね。いえ、いなくても良いと思います。

ただ、いると人生が楽しくなりますね。僕なんかは、結構人が好きなので、色んな人と交流した

もっとみる
よろしければフォローもおねがいします^^
3

この程度の暑さでへばってんのかぁ?バテてんのかぁ?どれだけ体鍛えてるのか俺がみてやるよ外へ出ろ

このポルシェ絶対に330キロは出てるだろこれ・・・

しかもこの犯人の弟が

「安全運転するほう」

・・・とかいってやがって、こいつら弟含め一族全員刑務所にブち込んどけよ極刑にして死んどけよ

 安全運転するやつが高速で300も出さねーよ、こいつらの血筋ヤバイわ・・・前の煽り運転のBMWのオヤジみたくマークすべき。

・・・と、言う前フリとは関係なく、最近ようやく暑くはなってきましたが

まだ例

もっとみる
あーりがTWOー(´・ω・`)
1

(H66) 再生可能エネルギーを活用するビジネスは中長期的に持続可能である-2 (2020.6.19) by 三井久明 より抜粋加筆しました。

⑸ 再生可能エネルギーを活用するビジネスは、地球温暖化を緩和する上で大いに歓迎され、中長期的に持続可能

ここで、「地球温暖化」という視点から、以下の2つが重なることになります。
①地球環境の持続性
②企業の持続性

将来の地球温暖化対策の進捗によって、
化石燃料の利用が減少し、その価値が下がってゆくことも想定される

資源として埋蔵されていても、
それを原材料として使うことが難しくなる

もっとみる
たいへん嬉しいです!
5

(H65) フェイスブックはとっくの昔に欧米の利用者は30%未満になっている-2 (2020.7.3) by 一田和樹 より抜粋加筆しました。

⑷ 中国は一帯一路参加国を中心に強力なソフトパワーを広げている

サイバー空間に広がる中国のソフトパワー文化や価値観などを通じて自国への理解や共感を広げる力をソフトパワーと呼びます。

中国のプロパガンダに関するレポート(Freedom House、2020年1月)は中国のプロパガンダの目的を下記の3つだと指摘しています。

①中国と統治体制に対するポジティブな見方を広める
②海外から中国への投資

もっとみる
たいへん嬉しいです!
6

シャーマニズムの分布が重要な争点になる理由

注釈

注釈1:まとめなおすのが面倒で毎回下書きのままになってしまっていたためここからは殴り書き的、箇条書き的のまま公開します。再編集する作業は面倒なのでお金を払ってもらえる機会じゃない限りしません(有料販売など)。そもそも無料でも数百回くらいしかviewされないものを丁寧にまとめ直そうとして結果として下書きとして溜まってしまうのは辛いのでこうやって”素材”のままお出しします。

注釈2:最初と最

もっとみる
ありがとうございます!!
1

(H63) 中国の一帯一路の裏で行われているサイバー空間の戦い-1 (2020.7.3) by 一田和樹 より抜粋加筆しました。

⑴ 「超限戦」としての一帯一路

現在、中国はシルクロード経済圈構想=一帯一路を世界に展開しています。

参加国はすでに120ケ国を超え、
ヨーロッパでもG7の一角であるイタリアが参加した他、ギリシャなども参加しています。

そして、ロシアと手を組んで北極圏を対象にした、
「Ice Silk Road」(2017年11月)構想も進めています。

一帯一路は経済圏構想であるが、
経済活動だけに目を奪

もっとみる
たいへん嬉しいです!
6