(I54) ドイツ人は日本人よりも短く働いて、日本人の1.5倍の価値を生んでいる-3 by 熊谷徹 より抜粋加筆しました。

⑼ 日本とドイツの間の労働生産性に大きな差が開いている

OECDは、毎年各国の労働生産性を比べた統計を発表しています。

ここで使われている労働生産性の定義は、
労働者が1時間あたりに生み出す国内総生産(GDP)。

OECDによると、
ドイツの2017年の労働生産性は、69.7ドル。
日本(46.9ドル)に比べて、48.6%も高い。

つまり、彼らは我々よりも短く働いて、
我々の1.5倍の価値

もっとみる
たいへん嬉しいです!
9

(I53) 「褒める」ことによる報酬効果は金銭的報酬と同様の効果-1 by reporu編集部 より抜粋加筆しました。

⑴ 「褒める」ことの難しさの一つが以下にある

例えば、数字が締まった後に部下の達成率が200%超えていたとき、どのように褒めますか?

以下に言って、シンプルに褒めているということはとてもよくある光景だと思います。
「達成率200%なんてすごいね、さすがだね」

しかし、実はこの褒め方には2つの誤りが含まれています。

①一つ目として、この褒め方では達成率という数字を大きく取り上げております。

もっとみる
スキをいただき、ありがとうございます。嬉しいです!
2

【中国赴任者必見】中国でネットフリックスやAmazonのプライムビデオを視聴する方法【3000字】

はじめに

こんばんは!中国赴任コラムのよういちろうです。

今日は中国で動画配信サービスのネットフリックスやAmazonのプライムビデオを視聴する方法について解説します。ご存知の通り中国ではグレートファイアウォールという強力なネット検閲システムが備わっているので、通常状態ではネットフリックスはおろかGoogleで検索することもできません。

では一体どうやって中国にいる人たちはネットフリックすや

もっとみる

(I52) ドイツではアウトプットが変わらないのならば、労働時間を減らすことは悪いことではない-2 by 熊谷徹 より抜粋加筆しました。

⑸ 労働によって自己実現しようとする人は少ない

私は日本企業の駐在員からよく以下の質問を受けます。
「なぜドイツ人はこんなに労働時間が短いのに、経済が回るのですか?」

結論から言えば、
日独のワークライフバランスの充実度を比べると、ドイツに軍配を上げざるを得ない。

これは、
私が日本で8年間、ドイツで29年間働いた経験に基づく実感です。

ドイツ人は無理をしてまで、お金を稼ごうとはしません。

もっとみる
たいへん嬉しいです!
3

(I51) 「褒める」は最高のコミュニケーションツール by MY FUTURE CAMPUS より抜粋加筆しました。

⑴ 人は褒められるとモチベーションが上がる?

例えば、
学業のモチベーションを上げたいなら、自分の勉強の成果を誰かに褒めてもらうことが有効です。

なぜ有効なのか、それは承認欲求が満たされるからです。

⑵ 承認欲求とは

承認欲求とは、
人間が本能的に持っている以下の欲求です。
「他人から認められたい・尊敬されたい」

SNS上でコメントや「いいね」をたくさんもらったことで気分が良くなるのは、

もっとみる
たいへん嬉しいです!
3

(I50) 世界一労働時間が短いドイツが超好景気なワケ-1 (2019.10.16) by 熊谷徹 より抜粋加筆しました。

⑴ 高収入より自由時間が欲しい人が主流

お金の奴隷にはならず、ほどほどの生活をすることで満足している市民の方が圧倒的に多い。

この国の企業関係者の間では以下の見方が強まっています。
「ドイツの新しい通貨は、自由時間だ」

以下と考える人が増えているという意味。
「お金よりもプライベートな時間の方が重要だ」

若い労働者の間では賃上げよりも、
休暇日数の増加や時短を求める人の方が多くなっています

もっとみる
たいへん嬉しいです!
6

(I49) 組織・人財改革では対話型のエンゲージメント・マネジメントに取り組む-2 (2020.3.16) by 日本の人事部 より抜粋加筆しました。

⑸ 日本ユニシスグループの取り組みについて

同社は、2015年に風土改革に着手。

2016年に「組織開発部」を設置してから、
「攻めの風土改革」を掲げてダイバーシティ推進、風土改革を進めてきた。

2018年からの中期経営計画では、
風土改革を重点戦略の一つに据え、「属性」による多様性から「個」の多様性を広げようと取り組んでいる最中です。

⑹ 風土改革を進めるとき、意識している要素が3つある

もっとみる
スキをいただき、ありがとうございます。嬉しいです!
4

中国人を見て気がついた、日本人が礼儀正しい本当の理由 谷崎光のインサイド・アジア No.59

経済的にはずいぶん差がなくなってきた日本と中国。
しかし、

時間を守る。
人に迷惑をかけない。
きちんと並ぶ。
きちんとした服装。
敬語。

礼儀正しさと規律正しさではまだまだ日本のほうが上である。

中国は会社でも商談でもカジュアルでOK。
行列は都市部ではだいぶできるようになったが、時間厳守はまだダメ。

ところが、これ、中国人でも全部きちんとできる人々がいるんですね。

はい、軍人さんです

もっとみる
おおきに。気持ちはさんびゃくまんえん!
5

(48) 大企業の正社員が抱える閉塞感は長期観察で人材を評価する日本企業の独自性にある(トヨタ社)-3 (2020.9.10) by 髙木一史 より抜粋加筆しました。

⑻ 3年目も経過して、10人いたはずの人事同期は半分以上が辞めた

以下を言って辞めていく同期達に、僕は何も言えなかった。
「閉塞感に、耐えられなくなった」

⑼ どうして、一社終身雇用を前提とした契約の形しかないのだろう

副業、業務委託、または週3正社員など、
もっと多様な契約の形があれば、ゼロイチの苦しみを味あわなくて済むのに。

トヨタは7万人のチーム。
役割に応じて事情も違えば、困りごと

もっとみる
スキをいただき、ありがとうございます。嬉しいです!
2

(I47) 多様性の実現がゴールではない!イノベーションと企業価値につなげる-1 (2020.3.16) by 日本の人事部 より抜粋加筆しました。

⑴ 日本生命保険の梶原織梨江氏のプレゼンテーション

梶原氏は以下に切り出しました。
「弊社はいわゆる『同質性の高い企業』です」

同社は全国に約1500ケ所の事業所、7万人超の従業員を抱えます。

以下が課題だといいます。
①従業員数が多い
②ダイバーシティ推進や風土改革に多くの時間と労力が必要

⑵ ダイバーシティは、人財価値向上プロジェクトにおける柱の一つとして位置づけている

以下を目指し

もっとみる
スキをいただき、ありがとうございます。嬉しいです!
3