日本人にリベラルって居ないんじゃ仮説【保守的男性像のハイパーインフレ】

お久しぶりです。官能の賞原稿が終わったのでちょっと落ち着きました。

今回、霊感を覚えた内容は、「日本人実は保守人しかいないんじゃ」って事です。

昨今では常々、リベラルが保守的な権利の制限を主張し、保守派が権利を擁護するという捩れ現象が起きていると言われています。

ソースは書きません。(前から言っているように、場末のジャズバーに好事家以外来るまいという考えから、饅頭さんやら他の人たちのnote

もっとみる
場外ホームランされる打球。それが私の高揚感。

保守とリベラルの本質的な違いは”よきものの記憶”

保守とリベラルと言われても、よくわからない。

根本的にはどういう考えなのだろうか。

社会学者の宮台真司さんが次のように本質的な解説をしていた。

保守とは、「記憶の中にあるよきもの」をコンサーブ(保守)しようとするというのが軸にある。

一方で、リベラルとは、記憶の中によきものがない人が理念や制度で世の中をよくしようという考え方。

記憶からよいものを保とうとすることが保守。
記憶にいいものが

もっとみる
非常感谢🙏
7

【ミニコラム】プーチンと「伝チャーチル」、2つの名言(迷言?)──社会主義をどう「斬る」か

「ソ連崩壊を残念と思わない者には心がない。が、それを元どおりに復元したいと望む者には頭がない。」

 ──ウラジーミル・プーチン

「20歳までに共産主義に傾倒しない人間は情熱が足りない。20歳を過ぎて共産主義に傾倒する人間は知恵が足りない。」

 ──ウィンストン・チャーチル
 ……の発言とされているが実際にはそうではない出所不明の言葉(……の、日本語訳として流布しているものの一例)

その1

もっとみる
お気に召していただけたようで嬉しいです。またの訪問をお待ちします。
2

★#アメブロ更新★
『【近況報告】ゆるーく再起動します。』
尚、ネトウヨ秋のBAN祭りにノミネートされてますが…
私は、障碍者なので結構考え方リベラルですよ?
自称リベラルの人権ゴロの差別利権を許さない!! #アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12640867411.html

スキ頂き、ありがとうございました。

頭がいい人の特徴

・遅寝遅起き
・心配性、心配だから頭を使う
・うつ傾向
・孤独
・共通点探しがうまい
・無神論者
・リベラル、革新的
・数字に強い、将来への見通しを数値化できる

ありがとうございます!!

夫婦別姓における議論の欺瞞

どうも、しがない京大生です。

これは私がかれこれずっと言い続けてきた議題である。講義「家族法」で初めて法律に触れたわけだが、その時からの考えである。かれこれ数回発信し続けてきたわけだが、何度も書くのも面倒だ。ということで一つまとめて書いてみる。

夫婦別姓の求めていること

基本的には夫婦別姓は良いこと、まあやってもいいんじゃないの?とされている。なぜそれを求めるのか。法務省のサイトを見てみよう

もっとみる

https://note.com/noshi27/n/n44f3bc3e2ce1 こういう意見ってリベラルの典型という気がする。母国語をL1なんて表現しても本質が変わらないので、表面だけを変えても、文句を言う奴が出てくることを止めることはできない。無駄な意見としか言えない。

サンキュー!

弱音の非対称性 現代社会と男女3

リベラリズムと愛の残骸が語ろう。

「弱音を吐けない男性」

 つい先日話題になった記事がある。まずはこれを紹介しよう。

 自殺における男女差から、まず男性であることは自殺することに繋がりやすいとし、次に、自殺に関連するものとして、厚労省の調査を引いて、男性がストレスや困難にあった際に、他者に助けを求めることへの抵抗の強さを示す。そのような、社会において男は安易に弱音を吐けない存在であるのは、男

もっとみる

米大統領選と日本でのリベラル分断

米大統領選は、アメリカだけでなく日本社会の分断をも浮かび上がらせた。それも、従来からの「左」「右」の分断だけでなく、フェイク情報や陰謀論などの蔓延による左派・リベラル内の分断も生まれている。ネット情報の深読みにはまって悪者探しに興じるより、この社会の根本問題、すなわち経済の拡大による環境危機と1%対99%の格差拡大に集中し、その改善のために大きく手をつないでいくこと。そうしないと人類社会に未来はな

もっとみる

「で”も”いいんだよ」なんて言うのはやめませんか?

リベラルな人たちは言う。「おじいさんが川へ洗濯に行って”も”いいんだよ」「おばあさんが山へ芝刈りに行って”も”いいんだよ」などと。多様性が叫ばれる昨今、様々な属性の人々が様々な行為をすることを容認するべきという論調が主流になっている。旧来の価値観であれば好ましくないとされてきた行為も「それでもいいんだよ」と暖かく受け入れる社会的風潮がいまある。私も基本的に自由を愛する諸国民の一人であるため、そのよ

もっとみる
空きっ腹にスキ
20