ヘルステック

退職エントリ&これから

実は、先日3年弱所属していたシンプレクスを退職しました。文系エンジニアとして就職したわけですが、最近、私と同じように文系(又はプログラミング未経験)の就活生や後輩から「未経験でのエンジニアってどんな感じ?」という声をよく頂くので、退職したこのタイミングで自分の経験、学びをまとめてみることにしました。

なぜ退職したのか

最近良く聞かれるので、退職した経緯を書きます。前職をやめた理由は決してネガテ

もっとみる

日本のフェムテック(femtech)とフェムケア(femcare)まとめ

以前、フェムテック(Female × Technology)と関連するフェムケア(femcare)のnoteを書いたけど、最近、日本のものが増えてきて日々情報が変化している。一旦、わかる範囲で、noteに日本の最新の事情をまとめてみる。

2025年ごろ市場規模は約5兆円と言われ、これまで海外事例をもとに紹介してきた。

ジャンル解説

Femtech(フェムテック・Female × Tech

もっとみる
さんきゅう
28

岡山大学の「次世代医療機器開発人材育成プログラム」行ってきた(3日目・PMDA申請)

岡山大学が運営している「次世代医療機器開発人材育成プログラム」に参加しています。1、2日目に続いて、3日目の内容もnoteにまとめておきます。

※プログラムの概要については1日目のレポートに書いてあるので、そちらご参照ください。

3日目のテーマ「PMDA申請」

1日目は「医療機器について知る」、2日目は「医療機器の保険適用」がテーマでしたが、3日目は「PMDA申請」。具体的には下記の内容でし

もっとみる
ありがたやありがたや...

中国医療スタートアップ目録 #1(民康生物/天深医疗/鑫君特など)

「中国医療スタートアップをわいわい調べる会」で毎週取り上げている中国医療スタートアップのリストを公開noteにまとめていきます。

https://note.com/tech_nomad/circle

今週は下記の6社をピックアップ。1つでも気になる企業・サービスがあった人は、ぜひサークルに入って一緒にわいわい調べましょう!

民康生物:血糖値モニタ装置の開発

针对基层医疗市场做糖尿病监测,「

もっとみる
ありがたやありがたや...
3

アジアにおけるHealthtech Startupのエコシステム現状(調達額ベース)

Healthtechスタートアップ調査会社のレポートから抜粋し、
2019年の調達額ベースでヘルステックのエコシステムの現状をみてみたい。

まず、2019年のアジアにおけるHealthtech Startupの総調達額$5Bという結果だった(昨年に対して-27%)。因みに2018年度のUS調達額が$8.1Bという規模感。アジアがかなり健闘しているようにも見えるが、84%がインドと中国による調達(

もっとみる
❤️ありがとうございます!
2

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2020 ビジネスコンテスト部門memo

ビジネスコンテスト部門のmemoです!

1 アトピヨ 代表 RyotaroAko 氏『日本初の ”アトピー見える化アプリ" アトピヨ』https://www.atopiyo.com/

アトピー見える化アプリ。

アトピー患者の13%はアトピーが原因で死にたいと思ったことが有る。
日本初のアトピー専用の画像SNS
実際のアプリ画像の公開

・強み
①ユーザー間サポート
 ポジティブワード:16%

もっとみる

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト(JHeC)2020 アイデアコンテスト部門memo

本日開催されたジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストを拝見してきました!

ファイナリストのピッチmemoを公開します~!

1 Hakara(開業予定)歯科医師 清水章矢氏
『駅ナカや商業施設に、予約も保険証も不要で10分1000円から利用できる、治療をしない予防歯科Hakara』
FB:https://www.facebook.com/hakarashimizu



・清水氏:歯科医師

もっとみる

米国の医療の質ガイドラインから考える、今後のデジタルヘルスケア

デジタルヘルスケア/ヘルステックの分野に興味を持つ中で、医療制度についても勉強を始めました。何かの分野でテクノロジーが導入されるきっかけの1つは間違いなくお金の節約であって、医療制度を通じてお金の配分や流れを把握したほうが良いと思ったからです。

今回は先日参加したH3勉強会(Healthcare Hackathon Hub)で出てきた話題の中から、米国の医療改革の1つとして導入されているACO(

もっとみる
ありがたやありがたや...
3

神戸大の「医療機器開発における “日本型エコシステム”推進」の話を聞いてきた

先日、神戸大学医学部附属病院が進めている「医療機器開発における “日本型エコシステム”推進を目指した拠点整備事業」に関する話を聞いてきました。

このプログラムはAMED(日本医療研究開発機構)の「次世代医療機器連携拠点整備等事業」に神戸大が採択(他にも計14機関が採択)されたもので、医療機器開発を進める人材育成をメインとした内容とのことです。

今回はセミナーで聞いた話題について、自分でググって

もっとみる
ありがたやありがたや...
7

2019年の女性、社会、テクノロジーのうねり

私にとって、2019年は女性として複雑さに浸った年だった。
女性×社会の領域は、長い歴史で多くの思想や運動があるが、今年はテクノロジーが合わさったことが印象的。

2010年代半ばに起きたうねりが、社会や経済活動としてのテクノロジーと、2020年以降、どのように相関してくのか考えてみた。

▼2019年の代表的な女性×社会の動き
・海外編
・日本編
▼海外は数年前より女性の社会起業分野が活況

もっとみる
さんきゅう
17