こんなときなのでAmazon Prime Videoで観れるオススメの映画50選

なんやかんやいろいろあるときも、そうでないときもとても便利なAmazon Prime Video。

Netflixに入ったら廃人になるんじゃないかという勝手な危機感から笑、いまのところプライム会員特典にはいった映画やドラマだけ観れるというルールを自分に課しています。

が、それでもそのラインナップがとんでもなくすばらしいので、3/8現在プライム会員特典で観れる映画を50本ほど選んでみました。

もっとみる
オススメの一足はNikeのWmns Free Virtus!
11

「孤独のデメリット。」

今日のブログはこちら!

では、本題。

映画・「ブルーに生まれついて」を久しぶりに観た。

薬物中毒の天才ジャズトランペッター・チャットベイカーの半生を映したこの作品は、俺の中でなぜか定期的に観たくなる映画の一つ。

ラストがほんと悲しくなる。

観るのは三回目で、「環境」や「孤独」について改めて考えさせられるんだよね。

環境ってやっぱり大切なものだ。

誰といるか?で、できることも学べること

もっとみる
神的大吉
15

天才の才能を前提とした努力と根性

Blue Giant Supreme 8巻 読んだ後、amazon primeで映画物色してたら「ブルーに生まれついて」が目に止まる。イーサンホーク主演。公開時から気にはなってた。

チェットベイカー。名前を知ってるくらい。村上春樹がなんか書いてたか。そう、TVで映画音楽特集やってて、マイファニーバレンタイン、ミッシェルファイファー唄ってるのいいなぁ若いなぁ綺麗だなぁと思ってたところに、イーサンホ

もっとみる

「ギブギブギブだから。」

ギブ・アンド・テイクって言葉があるけど、

これは損得勘定で生きるつまらない人間を創る言葉だ。

言われたことだけをやる奴隷的な人間を創るだけ。(言われたことすらやれない奴も多くいるが。)

テイク前提のギブなんて所詮そのテイク以上はできないし、

そもそも最初からテイクしてもらおうと考えている時点で人間として終わってると思うよね。

これしてあげたんだから、これはやってよね。って発想はホントにク

もっとみる

チェット・ベイカー『ブルーに生まれついて』

急ですが、今まで使用してた

エキサイトブログのデータが満杯になったので

去年くらいに立ち上げたこちらで更新しいていきます。

大好きな曲はあるのに、なんとなくしかわかってなかった

チェット・ベイカーの映画を視た。

なんとなくはわかってたので

「あー、なるほどなぁ」って感じで

ラスト10分くらいになったのだけど、

そのラスト10分のためだけにでも

この映画は視てよかったです。

好き

もっとみる

芸術の秋に観たい、ちょっと切ない映画 3本

「芸術の秋に観たい、ちょっと切ない映画を選んでほしい」というリクエストをいただいたことをキッカケに、これまでに観た映画の記憶をひっくり返してみて、コメントと共に3本選んでみました。

日が落ちるのがはやくなり、日が落ちてからは肌寒さすら覚える季節。
そこから連想されたのは「死」のイメージ、もっと言うとそれに向かう過程、
つまり「老い」や「枯れ」といったイメージが頭を離れませんでした。

しかし、た

もっとみる
オススメの一足はallbirdsのWool Runners!
6

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ 映画部~嫁回~最終夜」でブルーに生まれついてとドライヴのお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ 映画部~嫁回~最終夜」でブルーに生まれついてとドライヴのお話をさせていただきました。

男でも惚れちゃう男って結構自分が体現できない男臭さの偶像みたいなもののようにおもうのですが、そう考えるとイーサン・ホークもサミュエル・L・ジャクソンも結構ベクトルが違うのですが、言いたいことは同じなのかもしれないなとおもいました。

いずれにしてもこの何の辱めなのかわからない

もっとみる
オススメの一足はblue overのMarco!
4

2016年映画ランキング

2016年に足下研が観た映画をランキングで発表いたします。

観た映画なので、その年公開じゃないものも含まれます。

※順位は好き嫌い。点数は映画自体の出来。
★超良い>☆良い>○まあまあ>△ふーん>×OTZ

★★★★★
1.キャロル / Carol(98)
2.スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight(97)
3.ルーム / Room(95)
4.この世界の片隅に / In Th

もっとみる
オススメの一足はblue overのMarco!
7

1月にWOWOWで観たい映画20選

WOWOWに加入している実家帰省時限定企画!
ミヤザキタケルが選ぶ 1月にWOWOWで観たい映画20選

1/8
ある天文学者の恋文 / ジュゼッペ・トルナトーレ

1/12
怒り / 李相日

1/11
オール・アバウト・マイ・マザー / ペドロ・アルモドバル

1/12
彼らが本気で編むときは、 / 荻上直子

1/21
消えた声が、その名を呼ぶ / ファティ・アキン

もっとみる