単体テストは機械的に確認できる(人の思想が介在する余地はない)

その名の通り、"単体"と言われているように、原則として対象は最も小さな単位のプログラムソース(モジュール)でなければならないとされています。

ですが、古いプログラム言語と異なり、最近のプログラム言語では最小過ぎてもテストが実施しにくいケースも多く、特にEDI(統合開発環境)で開発せざるを得ないプログラム言語の場合は、EDI自体にデバッグ機能も付いているため、「その使い方しか知らない」「利便性が良

もっとみる
質問等あれば、コメントお願いいたします。
1

確保すべき品質とは?

従来「標準化」とは、「生産性向上」の取り組みという位置づけでとらえられますが、効果はそれだけではありません。

作業の属人化解消による「品質向上」と、テンプレート導入時の意識改革による「スキル底上げ」を同時にもたらし、その結果「生産性向上」につながるといった仕組みになっているのです。

しかし、残念ながら昨今の開発現場ではそのような取り組みがほとんど為されていません。

そういう意味では、市場全体

もっとみる
ありがとうございます。何か気になるところ等ありましたか?
6

ソフトウェアテストは、「バグを見つけるため」に行うものではない。もうこれ以上「バグが見つけられない」ことを証明するために行うもの。

けっこー、この業界の方々でも、間違えて認識している人がいますよね。

まず、「モノ作り」の基本大原則に触れておきましょう。それは、

「人間とは、完璧からは程遠い生き物である」

ということです。そのため、必ずバグ(不良、欠陥)は存在します。しないわけがないのです。もちろん、運よく、たまたまバグが無いなんてこともありますが、少なくともその人が「今後も絶対にバグが無い」ことを100%保証するものには

もっとみる
アリ_(:3」∠)_ガト
36

パッケージか、スクラッチ開発か

こんばんは。

ボーっとしてたら、こんな時間になってました。ついつい楽をしようとする癖がついていて、仕事のことを考えていたのですが、どうしても「最も楽なやり方」ばかりイメージしちゃうんですよね。いやまぁ、本質的な部分を外さない範囲内でってことなんですけど。

さて。

ソフトウェア開発をする際、当たり前ですがその開発活動の全体像を見極め、プロジェクト計画を綿密に練り上げ、事前準備の不備・不足が無い

もっとみる
ありがとうございます。何か気になるところ等ありましたか?
13

人を責めるな!仕組みで防げ!ミスを防げる組織作り

はじめに

はじめまして ニシタク です。Twitter にて 石井克典さんのツイートを拝見して触発され、note初投稿になります。よろしくお願いします。

私の職業はプログラマー兼PMですので、ソフトウェア開発のプロジェクトマネージメント寄りの記事になっています。また、PGとPMの立場の目線が混在しています。解釈違いや分かりづらい表現があればご指摘よろしくお願いします。

この上司の方も素晴らし

もっとみる

ハッケーションで「星野リゾート BEB5 軽井沢」を体験してきた

先日は、軽井沢ハッケーションに行ってきました。ハッケーションとは、「ハッカソン」と「バケーション」をあわせた私たちの造語です。前回は宮崎でした。そのときの様子はこちら。

今回は、エンプラスというデジタル年賀状サービスを開発しているチームで参戦。ITサービスにしては珍しい年末年始の繁忙期があり、それを終えたということで打ち上げを兼ねたハッケーションです。

場所は軽井沢。星野リゾートさんのBEB5

もっとみる
ありがとうございます!
18

テストをイメージできない設計は、必ず品質が低下する

テストをイメージできない設計または設計書は非常に危険です。

現在、世の中のたいていの開発方法論はV字モデル(Vモデル)をベースにした開発モデルを利用して設計されています。これは、ウォーターフォールのように設計→製造→試験の工程の流れを遡ることなく進み続ける考え方もV字モデルをベースにした考え方の1つですが、ウォーターフォールであれ、アジャイルであれ、最も重要なのはプロセス指向において

 各プロ

もっとみる
テーマ等、希望があれば仰ってください。
14

お客さまのニーズを満たすことと、お客さまの指示に従うことは、根本的に違う

先日、少々「お客さま」との付き合い方について触れました。

ですが、IT現場ではこの対策が本当に機能しないままの現場と言うのがなくなりません。ビックリするほど、まかり通っているのです。

ソフトウェア開発を生業としている、IT企業…なかでもB2Bで請負開発をしている会社では、いわゆる

 お客さまのニーズ

を聞き取り、現在抱えている問題や不満をITと言うツールを使って解消したり、これから行おうと

もっとみる
ありがとうございます。何か気になるところ等ありましたか?
8

つづかない組織はどうすれば歌えるのか

(2020/02/10 15:00 追記)
このテキストで取り上げた著書の電子版が出ました。印刷版より20%お値打ちみたいです。

すぐ売れた言語、出世しないおじさん

python(1991-)は僕より年下なのに、世界中から大人気だ。シンプルで使いやすい高水準言語で、標準ライブラリも多く、データ分析と機械学習によく使われる。2020年には日本でも資格試験や教科書に取り上げられた。

『新古今和歌

もっとみる

【ソフトウェア開発】古き悪しき”お客さま第一主義”

他の業界ではわかりませんが、IT業界に限って言えば…さらに言うなら、B2Bでシステム開発を行っているような企業に限って言えば、

 「お客さまは神様だ」

という考えは捨ててください。それは、組織悪、企業悪、そして社会悪となる考え方です。少しでも、IT調停の内容などに目を通していると、

 「システム開発は、ユーザーとベンダーの協同作業である」

とは、昨今の判決の中でも良く聞かれる言葉であること

もっとみる
アリ_(:3」∠)_ガト
13