アジャイル開発を始める上で重要なこと

アジャイル開発を導入する企業が増えている一方で、アジャイル開発が上手く行かないケースも見られています。
本記事では、「アジャイル開発を始める上で重要なこと」として、
具体的なスクラムなどの開発手法については触れず、あくまで始める上での考え方について説明します。

アジャイルとは「ある状態」を指している

「アジャイル開発」を行う上で、「アジャイル」という言葉と生まれた背景を理解することが非常に重要

もっとみる

効率性はアーキテクチャの設計で作りこまれる

"非機能"と言うと、とかく機能やプログラムの「性能」面ばかり気にしてしまいますが、実際には性能は非機能のごくごく一部でしかありません。

とはいえ、利用者にとっては目に見えてわかる品質だけに、ほかの非機能に比べるとややプライオリティが高いのも事実です。なにせ、

 「遅い=イラっとくる」

は切っても切れない縁にありますから。
 
では、性能面を考慮するにあたって、まずどこに着目するかと言ったとき

もっとみる
アリ_(:3」∠)_ガト
8

ソフトウェア開発201の鉄則 原理109:コーディング:原理100:構造化されたコードは必ずしもよいコードではない

要旨

* 構造化プログラミングは、もともとは、プログラムの正しさをカンタンに確かめることができるように提唱されたものだ
* 今では、そのときに定義された条件分岐やサブルーチンなどを使うこと自体が構造化プログラミングと呼ぶようになった
* プログラムをわかりやすくする、という点で、構造化プログラミングは必要だ
* しかし、それは「高品質なプログラミング」の一部の要素であって、十分条件ではない

もっとみる

GithubActionsでCI環境構築してみた

こんにちは、テスト自動化アーキテクトの若木です。

今回は、SHIFTが得意としている領域の1つ、テストの自動化よりCI環境の構築についてご紹介します。

CI環境構築とは

テスト自動化には大きく3つのステップがあります。
• テスト設計
• テストスクリプト作成
• CI環境構築(←今回のお話)

テスト自動化におけるCI環境構築とは、自動でテストを実行する環境を指すことが多いです。
「テスト

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
12

新型コロナウイルスの検査とソフトウェア開発管理で感じた共通点

新型コロナウイルスの検査結果が必ずしも正確ではないという話をニュースで見るようになりました。私は医療の専門家ではないのでどういう理由で正確にならないのか詳細はわからないのですが、私の研究分野でも予測(検査)の偽陽性、偽陰性を確かめることがあるのでなじみがある話です。私は、日経メディカルの記事を参考にして、共通点があるなぁと感じました。

偽陽性、偽陰性は身近な天気予報でも同様のことが起こるくらいで

もっとみる

ソフトウェア開発201の鉄則 原理109:テスティング:自分のソフトウェアを自分でテストするな

要旨

* デバッグやリグレッションテスト、確認のための単体テストといったもの以外の、本格的なテストをソフトウェア開発者は自分で行ってはならない
* テストというのは、バグが見つかって欲しくないと願う開発者に対し、バグを見つける、という行為なので、自分で行ったら正しくできるはずもないからだ
* そして、テスト担当者は、発見したバグを皆の前にさらして、開発者の面子を潰すようなことをしてはならない
*

もっとみる

ソフトウェア開発201の鉄則 原理75:設計:保守が容易なように設計せよ

要旨

*ソフトウェアで最もコストがかかる工程は、「保守」である
* なので、保守が容易となるように設計をせよ
* その方法に、一般的なものはない
* 例えば、基本構造の選択時に、アルゴリズムやコードの選択よりも保守性を重視する、といったことが挙げられる

解説

ソフトウェア「以外の」製品、要するにハードウェアは、設計後最も費用がかかるのは、「生産」。なので、ハードウェア設計の際に一番考慮しなく

もっとみる

ソフトウェア開発201の鉄則 原理126:コーディング:エラーを個人のものにするな

要旨

* ソフトウェア開発というものは、本来は、人類未踏の「詳細さ」「完璧さ」を求める行動である
* なので、(間違いがつきものの人間である)開発者は、完璧さを求めるのではなく、エラーが発生することを前提に、継続的な改善ができるように努力すべきである
* そのためには、エラーが発生したら、それを隠すことなく、オープンにして皆で共有しよう
* それは開発者全員の知見に繋がり、継続的な改善の工場に繋

もっとみる

【VueSlsApp】Vue.jsのフロントをVue I18nで多言語化してみた

こんにちは。thiroyoshiです。

今回はVue.jsで作ったフロントを多言語化し、日本語と英語を切り替えできるようにしました。Vue I18nというモジュールを使用しており、Vue.jsのアプリを簡単に多言語化できました。

実装にあたっては多少の工夫が必要になった部分もありましたので、それらについて主に書いていきます。

VueSlsAppのことをご存じない方は、以下の紹介記事とマガジン

もっとみる
ありがとうございます!コメントも頂けると励みになります!

はじめまして

勝又 亮です。 

フリーランスの ソフトウェア技術者です。

マイクロソフトの AccessやExcelを用いて、 事務処理を 自動で行う Accessツール・Excelツールを 新規に作ったり、 既存のツールの 改修をしたりするのが 今の私のおもな仕事です。

AccessツールやExcelツールをソフトウェア技術者に作ってはもらったけれど、使い勝手が悪いとか、そもそも、使い方がよくわからない

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
20