武政成彦 | アダコテックCPO

製造業×AIのアダコテックのCPO(Chief Product Officer)。ex.メーカー→カブク→ラクスルでプロダクトマネージャー。開発現場で再現性が高いトピックをシェア。Scrum Alliance® 認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)。個人の見解。

武政成彦 | アダコテックCPO

製造業×AIのアダコテックのCPO(Chief Product Officer)。ex.メーカー→カブク→ラクスルでプロダクトマネージャー。開発現場で再現性が高いトピックをシェア。Scrum Alliance® 認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)。個人の見解。

    最近の記事

    会議と議事録が変われば、会社が変わる

    こんにちは、アダコテックCPOのたけまさです。 今回は会議改善の考え方とノウハウをまとめました!当記事を書くきっかけになった、CEO河邑のプチバズりしたツイートです。 会社に所属する人間にとって、会議と議事録はとても身近なものです。 身近にある日常の当たり前レベルを上げることは生産性に直結します。 会議のパフォーマンスが微妙なんだよなぁ。。とお悩みな方々のご助力になれば幸いです!各項目にはサンプルも掲載しています。 要約 重要ポイントです。お時間がない方はこちらだけでも

    スキ
    71
      • 【製造業×AIのアダコテック】 プロダクトの今とこれから

        こんにちは。プロダクトマネージャーの武政です。 このたび私の所属する製造業×AIのアダコテックが、シリーズBで11億円の資金調達を実施したことを発表しました!このnoteでは、アダコテックのAIプロダクトの今と目指している世界をご紹介したいと思います。 アダコテックが提供する価値は何か? ほかのAI系企業との違いは?アダコテックは製造業最大のアナログ領域である検品作業を自動化するための、画像解析による検査AIプロダクトを提供しています。 AIという新しい技術を社会に実装

        スキ
        15
        • 転職後のドメイン知識の初学。 資格検定のテキストが学習効率よい話。

          こんにちは、プロダクトマネージャーのたけまさです。 私はこの3月に製造業の品質管理検定(QC検定)3級を受験します。 新しい業界で働きはじめたとき、まだ頭の中に地図がなく、どこからドメイン知識に手をつけたものか。そんな時に学習効率が良いのが業界ごとの資格検定です。 この記事で伝えたいこと資格検定のテキストは網羅性があり学習効率がよい 自分に必要な知識レベルにアタリをつけよう 必要な知識が過不足なく学べる等級を選ぼう 過不足のない学習のために例えば私は製造業向けに検査

          スキ
          12
          • デザインを会社に根付かせる2つの方法 /アダコテックの事例

            こんにちは。プロダクトマネージャーのたけまさです。 漠然と組織にデザインが必要ならのはわかるんだけど、何から手をつければいいのか…?デザインにおける成功てなんだっけ…? アダコテックはまだ社員13人ほどの会社です。3ヶ月ほど前からつよつよデザイナーの力を借りて、社内でデザインの活用を推進しています。 この3ヶ月の間でも「えっ?デザインの有無でこんなに変わるものなの!?」というシーンが複数生まれ、明確に社内の意識が変化してきました。 なぜ組織にデザインが必要なのか?1番

            スキ
            16
            • 東証一部のミドルマネジメントから、スタートアップ1人目PMへの転職で変わったこと

              こんにちは。プロダクトマネージャーのたけまさです。 プロダクトマネージャー Advent Calendar 2021の5 日目の記事です! シリーズA/Bのスタートアップの報酬水準が、上場企業と遜色ないレンジに上がっているのを採用活動で実感します。背景としてあるレベル以上の人不足があるのだと思います。そんな背景もあり、 「成長した企業のミドルマネジメントから、スタートアップへの転職」のダウンサイドが驚くほど改善されているケースが増えています。 キャリアの選択肢の1つとし

              スキ
              31
              • BtoBではPMFの前段階にOperation Market Fitが存在する、という話。

                こんにちは、プロダクトマネージャーのたけまさです。 今回はPMFの前段階に、PMFの質を決める「Operation Market Fit (OMF)」が存在する、という話です。プロダクトの開発タイミングがOMFを達成前後かで、プロダクトの投資対効果は大きく変わります。 ※Operation Market Fitは造語です。実はこのフェーズがあるぞ、と認識するために便宜的に当記事でこう名前を付けました。 PMF達成のための3段階VPとPMFはセットで説明されますが、個人的

                スキ
                89
                • 【1人目プロダクトマネージャーの採用プロセス全公開 】Twitterで声を掛けられた私が選考方法を逆提案!?気付いたら入社していた話

                  こんにちは。プロダクトマネージャー のたけまさです。 4年半在籍したラクスル株式会社を卒業し、異常検知AIを提供する株式会社アダコテックにジョインしました! 今回はTwitter DMで声をかけられた私が、選考プロセスを逆提案して、気がついたらアダコテックに入社していた話です。 この記事でプロダクトマネージャーの採用やネクストキャリアの事例になれば幸いです! 採用の流れ近頃の採用方法は直接応募やエージェントに加えて、ダイレクトやリファラルなど多様化しています。 今回

                  スキ
                  122
                  • 確実性と不確実性を管理する「開発ポートフォリオ」の考え方

                    こんにちは。プロダクトマネージャーのたけまさです。 今回はプロダクト開発における「確実性と不確実性」「投資とリターンの時間軸」とどう向き合うか?というお話です。 開発ポートフォリオとはこれらの変数を意識的にコントロールするために、どの開発案件にどのようなリソース配分で開発投資するポートフォリオを組むのか。 私はこれを開発ポートフォリオと呼んでいます。これに時間軸を加えるとプロダクトロードマップになります。 資産運用をやってる人ならイメージしやすいかもしれません。いつま

                    スキ
                    11
                    • 事業と向き合うプロダクトマネージャーの日常~ プロダクトわいがや会のススメ

                      こんにちは。プロダクトマネジャーのたけまさです。 気軽につぶやいた夏休みの宿題に予想外のいいねをいただいて驚きました...!! 初回は誰でもすぐに実行しやすい、プロダクトわいがや会のススメです。 プロダクトわいがや会とは?新しく企画しようかなぁ段階の課題や機能について、誰でも参加して自由に発言できる場です。 株式会社ペライチへの出向時代にCOO安井さんと開発の企画をしているときに、たまにはみんなでワイワイガヤガヤしてみようか。と会話したのがはじまりです。 なぜやるのか?

                      スキ
                      13
                      • 【ユーザーインタビューのコツ】事実と意見は、切り分けて集めよう

                        こんにちは。プロダクトマネージャーのたけまさです。 WEBサービスやSaaSでは、データ分析とユーザーインタビューを組み合わせて意思決定に利用します。データ分析で大きな事実を導き出して、掴みきれないディティールを定性的なインタビューで埋めていくイメージです。 インタビューで顧客の課題に対して、「なぜ?」を深掘り、「何」を提供するべきか特定するためのコツを説明します。 仮説を用意してから、正誤のズレを検証する インタビューに対するおすすめのスタンスです。自分で軸を設定して

                        スキ
                        28
                        • 新機能開発の成功/失敗をわける「最初の5日間」の使い方

                          プロダクトマネージャーのたけまさです。 新機能開発の1週目に何をすれば、 齟齬のない共通認識が作れ、 開発を生産性を高く進められるか? というトピックです。開発規模は2ヶ月以上を想定。 キックオフから1週間後にチームで3つの共通認識ができている状態を目指しましょう。チームが解決する課題の全体像をつかむことが目的です。 具体的に何をやるべきか? この3つがおすすめです。作成者はプロダクト成果責任をもつPdM/PO。 または要件作成の役割を担う方です。 検証過程で新しい

                          スキ
                          22
                          • 過不足ないプロダクト開発。過剰と不足の原因と対策。

                            こんにちは。プロダクトマネージャーのたけまさです。 スタートアップにとって時間と資金の関係は、生死を分けるほど密接です。今回は限りある時間を有効に使うために「過不足のない開発プロセス」について紹介します。 そもそも、なぜ無駄な作業が発生するのか?最初にプロダクトの仕様を決定するために、 「最低限、何に結論をだせばよいのか?」が曖昧なとき、 開発プロセスに過不足が発生します。 メンバーがそれぞれの持ち場で最良手段を考えた結果、過剰投資がはじまることもあります。調査やフレー

                            スキ
                            16
                            • 投資活動としてのプロダクトマネジメント。ROIを高める2つのポイントとは?

                              はじめまして。プロダクトマネージャーのたけまさです。 新しいサービスを立ち上げるとき、機能をつくるとき。本当に期待した成果を手に入れることができるのだろうか?そんな不安は常にありますよね。 今回は顧客の課題を解決して対価を得るプロダクトを前提に、投資対効果を 「プロダクト開発のROIを高めるポイント」を紹介します。 プロダクトマネジメントでROIを高めるROI...Return On Investment = 投資対効果 当トピックではRとIを以下のように定義します。

                              スキ
                              25