セントバーナード

ジェトコースター人生 その52-1

ジェトコースター人生 その52-1

先日のサッカーワールドカップ予選で首の皮一枚の日本。少し前ならもっと力が入っていましたが、最近淡々と観ていて勝っても負けてもさほど感情が揺さぶられなくなっていることに気が付きました。歳かなあ。 熱く応援していた時はフランスまで行きました。それだけではもったいないとついでに観光もということになり、スイス経由でまずは空港からバスでチューリッヒに向かいました。チューリッヒ湖の北端にある都市です。銀行や金融機関の建物が多く旧市街地は中世の小道が17世紀にたてられた市庁舎に続いていま

スキ
9
ポキポキと体を鳴らして忍び寄り、私を嗅ぐ父
+2

ポキポキと体を鳴らして忍び寄り、私を嗅ぐ父

私の父は変わっている。 私の今まで出会った「変な人コレクション」とはジャンルは違えど、それに負けず劣らずかなり変な方だと思う。 父はあまり喋らない。 母がマシンガントークをするせいで言葉を挟む隙がないというのもあるが、性格的に、物静かで無口なんだと思う。 シャイなのかもしれない。 そんな彼らのコミュニケーションは、会話のキャッチボールというよりは、会話のバッティングセンターという感じだ。 母は相手の返答も聞かずに、次から次へと剛速球をシュンシュンと投げまくる。メジャーリー

スキ
134
知らない人は知らない

知らない人は知らない

先ほどTVの「どうぶつ王国」にセントバーナード犬が出ていました。 生後30~40日で15キロを超えてしまうそうです。そして、成犬になると95キロになるそうで、飼うからには一生引きずられる覚悟が必要です。 ところで、パシール家のボーダーコリーのリッチーの体重は現在19キロ、そして、チロルが15キロです。ということで、成犬のセントバーナードに比べれば随分小さめです。 でも、どうも実際よりも大きく見えるようなのです。 先日も散歩中にオジサンが寄って来て、「大きいね。セントバ

スキ
2
「ミーシャちゃんの日記」4月16日

「ミーシャちゃんの日記」4月16日

小さい頃見た映画に「ベートーヴェン」と言うものがある。 父親と母親、男の子1人と女の子2人の5人家族の元にセントバーナードの子が迷い込んでくるところから物語は始まる。 犬が嫌いな父親をなんとか説得し、その家族に飼ってもらえることになったセントバーナードは「ベートーヴェン」と名付けられる。 家の物を汚したり壊したり、そして大人になるにつれて巨大化していくベートーヴェンにストレスを感じる父親の様子がなんとも面白かった。 この映画を一体何十回見ただろうか。 落ち込んだ

スキ
5
スイスで見かけた大型わんちゃんベスト3

スイスで見かけた大型わんちゃんベスト3

今朝は少し冷たかったが、近くの公園の桜は5分程度まで開花しいよいよ本格的な春の到来を感じさせる。暖かくなるにつれて朝のクレアとの散歩もようやく楽になってきた。 今日のクレアとチューリップ 7分咲きの桜 さて、ヨーロッパを歩いていて羨ましく思うことがある。それは犬との旅行に寛容なことである。超過料金を払えば鉄道や電車にも乗せることができるし、しつけをきちんとしておけばレストランにも入れることができる。とくにスイスでは鉄道網が発達しているので、アルプス登山やハイキングを愛犬

スキ
4
渡辺直美さんの容姿の件の報道から いかに差別や偏見と対峙するべきか考察してみました。

渡辺直美さんの容姿の件の報道から いかに差別や偏見と対峙するべきか考察してみました。

おい!ちょっとまてよ!渡辺直美さんとセントバーナードの画像を記事見出し画像に使うとは!!悪意があるだろ!! とのご批判を受けるかもしれませんが、私は容姿いじりには大反対です。某youtuberが自身の配信動画の中で渡辺直美さんを引き合いに出し容姿いじりを容認する発言をしたのを受け、その意見に賛同するコメントに対して徹底論破して参りました。その数30件程。それに対する反応は、今のところ弁解の返信が一件あっただけです。 では、なぜセントバーナードの画像を使ったのか?それは容姿

スキ
4
子犬が大きくなった🐶🐕🐩

子犬が大きくなった🐶🐕🐩

すっかり大きくなって・・いちおう頑張って持ち上げている飼主さんの姿が見えません。何という犬種でしょうか(下とヘッダー画像)。 「ダイアウルフ・・冬が来ています」ってセリフはゲーム・オブ・スローンだったっけ。南北アメリカ大陸で太古の昔に絶滅したという大きなオオカミ、ダイアウルフ・・大きさだけならこのくらいか? 子犬の時の写真と変わらずちょっとふくれっ面で生意気そうに見えるワンちゃん、「まだ怒っているの?」そこがまた可愛いんだけどね。↓ これが美しい「絆」ってものかしら、2

スキ
152
料理にされたペット・中国  ーセントバーナードは食用として輸入されている事実ー

料理にされたペット・中国  ーセントバーナードは食用として輸入されている事実ー

[料理にされたペット伝説] スイス人の老夫婦がペットのプードルを連れて中国某所へと旅行に出かけました。 現地に着いた老夫婦は昼食をとるために繁華街に店を構える中華料理屋に入ります。料理を注文する際にウェイターに向かって「この娘(プードル)の食事も用意してくれないか?」とお願いをしました。

いぬメッセージ⑤

いぬメッセージ⑤

セントバーナード もふもふ こんばんは。師走に入り、寒くなりましたね。  セントバーナードの大きな体を思いっきりもふもふしたい!一緒に寝たい! きみはとくべつ。 ちょっとほろ苦い言葉。 だって、君以外の他の何かより君を選ぶ。 つまり順番や優劣があるってこと・・・ 会社に勤めているときは、トレンディードラマが全盛期。綺麗なオフィス、カッコいい仕事、おしゃれなディナー。憧れました(笑)   きみはとくべつ。君だけが好きだよ。 きみはとくべつ。才能と可能性がある。  特別

スキ
21