スキルシェアサービス

スケッターしたらやさしい世界を垣間見た

先日、スケッターに登録して初めてお仕事してきました!

「スケッター」とは、すきま時間を活用して働きたい、スキルをシェアしたい、という方々と人手を必要としている介護施設をマッチングするサービスです。(公式ページより)

もっと詳しく!という方にはこちら→公式ページ

介護施設でお仕事といっても、案件は身体介助を含まないので、登録に際して特別な資格は必要ありません。

今回私が行ってきたのも、駄菓子

もっとみる

スキルシェアサービス「Workship」を提供する株式会社GIGが約2億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報

調達額:約2億円

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資+融資(内訳不明)

調達先:第三者割当増資
XTech Ventures株式会社

調達先:融資
金融機関(具体社名は不明)

調達年月:2019年4月

企業情報
企業名:株式会社GIG

住所:東京都中央区日本橋浜町1-11-8 ザ・パークレックス日本橋浜町4F

事業

もっとみる
トップページ「News」より、新着順で記事をご覧いただけます〇
8

【プチプラ起業】会社設立費用が15万円安くなる「合同会社」のメリット!

アラサー干物女YouTuber兼プチプラデザイナー兼副業芸人のみうピロです。(ややこしすぎる…

先日、税理士さんに創業の相談に行ってきました!

そこで私が初めて知ったことなのですが、

会社設立時に「株式会社」ではなく「合同会社」にすると、費用がめちゃめちゃ抑えられるということでびっくり仰天しました。

株式会社だと、資本金1円で始めるにしても設立するのに20〜25万円くらいかかるというのは知

もっとみる

【プチプラ起業】スマホで出来る副業5選

初期費用がほとんどかからず、リスクも少ない

スマホで出来る副業!
(、、の中でもクリエイター向けのやつ)

・YouTube
・ライブ配信
・ネットショップ
・スキルシェアサービス
・ブログ、note電子書籍販売

とりあえずこの5つがいいと思います

詳しくはまた改めてYouTubeでお話します!
https://m.youtube.com/channel/UCaNIG7aaRN-AGJ0vC

もっとみる

『つなぐ、つながる』シェアでこれから楽しくなるかも!

『シェアリングエコノミー』という言葉は一度は耳にされたことはあるのではないでしょうか。
シェアリングエコノミーとウィキペディアで検索すると『共有経済(きょうゆうけいざい、英: Sharing economy)は、共有の社会関係によって統御される経済を指す。シェアリングエコノミーと表記されることもある。モノやサービスなどの資源を共同で利用し、人間関係を作り出し、コミュニティの運営としても働く』と出て

もっとみる
スキありがとうございます!
5

「大企業でしか働いたことのない私がある日突然、売り上げなしのITスタートアップで若者たちと働く事になった理由」 つづき7

施設利用者の毎日に潤いを。

利用者様のメリット
そして、エンドユーザーである利用者様にもメリットはあります。日々の潤いです。
現在も介護職員の方々が毎日工夫をこらしてレクリエーションを実施されています。しかし、忙しい中でレクリエーションをする準備がなく、「毎年やっていたバーベキューイベントを止めた」、「レクリエーションをするために休憩時間を削って準備している」など人手不足からのレクリエーションの

もっとみる
スキありがとうございます!
4

「大企業でしか働いたことのない私がある日突然、売り上げなしのITスタートアップで若者たちと働く事になった理由」つづき6

その関わりは、スケッター自身も助ける

先日より「スケッター」というスキルシェアサービスについて、お話させていただきました。このサービスは実は介護施設だけではなく、私たちと同じ立場の一般の方々へのメリットがあります。
一般の方々の立場では、今まで全く介護に関わったことがなく、親御さんや配偶者の方が突然介護が必要になった時、「どうしていいか分からない」といった不安を感じる事も多いのではないでしょうか

もっとみる
スキありがとうございます!
1

「大企業でしか働いたことのない私がある日突然、売り上げなしのITスタートアップで若者たちと働く事になった理由」つづき5

関係人口を増やす。サポーターと繋がるプラットフォーム

介護職員さんの不足は地域差があると聞いています。そのイレギュラーな状況に、全国一律での制度となると、どこもが満足とはなかなかならないのではないでしょうか。自由度があり、地域の人も関わっていくシステム、かつ遠方からでも関われるシステムも必要なのではと考えております。

それを業務の切り分けを明確にすることで、だれでも関われるようにしたのがスケッ

もっとみる
スキありがとうございます!
8

「大企業でしか働いたことのない私がある日突然、売り上げなしのITスタートアップで若者たちと働く事になった理由」つづき2

常識にとらわれない、ミレミアム世代の起業手法

この会社はとても不思議な会社だと思っています。
私ともう一人40代の社会福祉士さん以外、ほぼ20代のメンバーで構成されています。

20代ばかりなのは特段変わったことでもないのですが、不思議なのはそのメンバーは各々自分から「働かせて欲しい」と連絡をして来た人ばかりな事です。募集もかけていないのに。

今は産声を上げて2か月もたってない状況ですので、満

もっとみる
スキありがとうございます!
7