具体性と抽象度のバランス

今、新しいサービスを自社で作ろうとして、結構はまってしまっている問題があります。諸々の問題は予測されていましたが、最低ラインを満たせないポイントが出てしまい、少し困ったことになって、7月の大半をそこで悩むことに使ってしまっています。

どうして、そうなったのかを考えたとき、これは出来て当たり前、当然わかってると思ってた、という思い込みだと思います。
そこにもっとフォーカスして必要なタスクを全体共有

もっとみる
ありがとうございます!
3

やることは結局ほぼ同じ?それでも異なるITコンサルティング企業とSIer(2)

前回、『ITコンサルとSIerでは仕事の目的や、プロジェクトにおける得意なフェーズが異なる』と書きました。しかしシステム開発は、公共系などの特殊な制限がかかっているプロジェクトを除き、同じベンダーが一気通貫で受注することがほとんどです。わざわざフェーズごとに分けて異なるベンダーが担当してしまうと、仕様やシステムへの理解不足が原因で、品質も効率も低くなってしまうからです。

今回は、ITコンサルと

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。モチベーションがあがります!
5

システム開発と多様性

小さい会社に勤めていると多様性は少し遠い存在だと感じます。規模が小さいと働き方・ビジネスモデルは、1点集中型が効率がいいからだと思います。
多様性を拒んではいないが結果的に多様性からは離れてしまうのでしょう。ただし、これから生き残っていくにはシステム開発にも多様性は欠かせないと考えます。

先行逃げ切り型のビジネスモデル

私の仕事のスタイルは、以下のような先行逃げ切り型です。

・新しいことにチ

もっとみる

弁護士としてシステム開発のクレーム・紛争リスク診断サービスを始めてみました

最近は個人情報保護法についてのnoteをしばしば書いていますが、弁護士としては、個人情報保護法等の情報法分野にも注力しつつ、システム開発におけるクレーム・紛争の防止や、万一クレーム・紛争が生じてしまった場合の対応(交渉、訴訟等)にも注力しています。

クレーム・紛争の防止というと、弁護士業務としては、顧問先からの契約書チェックの占める割合が大きいです(その他ですと、顧問先からの「ちょっと訊きたいん

もっとみる

LINE開発のメリット・デメリットと失敗しないためのポイント

こんにちは、株式会社ネッコスの井口です!

弊社はウェブ制作会社ですが、他にもシステム開発や広告運用、SEO対策、コンテンツマーケティング、ディレクションなどウェブに関する課題をワンストップで解決するプラットフォームがあります。

中でも得意領域は、LINE APIを活用したシステム開発です!
しかし、会社をあげてLINE推ししている企業は日本にはまだほとんどなく、大半の方が、LINEAPIを用い

もっとみる
ありがとうございます♡
5

こんなときだから・・・ピンチをチャンスに変えるための「持続化補助金」

「アフターコロナ」「ニューノーマル」・・・企業に変化が求められる時代です。テレワークをはじめとした働き方も変わり、営業の仕方も変わり、お客様と膝を突き合わせて話をする機会も減りました。大きな打撃を受けた企業は、明日の売上をどうしようとお困りかもしれません。
こんなときだからこそ・・・変わるチャンスです。

こんにちは。システム・アルファ青山です。今回は小規模事業者の方向けの記事となります。あらかじ

もっとみる
励みになりますサンキューでーす!
5

やることは結局ほぼ同じ?それでも異なるITコンサルティング企業とSIer(1)

私は新卒で日系SIerに就職しました。

就活のときから、ITコンサルティング企業の仕事とSIerの仕事には共有点が多いと考えていました。ITコンサルティング企業がシステム開発も行う事があるのであれば、なぜSIerという業態があるのか、違いが何なのか、をずっと疑問に思っていました。

就職した後も、しばらくその差を理解することはできませんでした。ただ転職して、ITコンサルタントと呼ばれる人と話をし

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。モチベーションがあがります!
8

見積はいつも楽観的

プロジェクトを始めるときはとにかく早く、安く進めていくことを求められる。そのためついつい見積もりは楽観的になりがち。

でも、プロジェクトが進んでゴールが見えてくると、いろいろと不安、心配事が増えてくるものなんだろう。アレはどうなった?コレはどうなった?とコメントが増えてくる。

ここで軸をブラさず当初の方針に従い進めたいところだが、上層部が揺れるとこちらもどうすればよいか迷ってしまう。

ステー

もっとみる

エンジニア視点で解説する、経産省「2025年の崖」レポートの徹底解説

こんにちは。アシアル広報チームです。今回お話しするのは、4月に「2025年の崖」についてお話しした津田聡。2025年の莫大な経済損失を警告した大もとの『DXレポート〜ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開〜』(2018年9月/経済産業省)についてQ&Aで徹底的に、かつ、わかりやすく解説します。

どんどん変化していく世の中に合った価値提供

Q.デジタルトランスフォーメーション(

もっとみる
素敵な1日をお過ごしください
4

完結明瞭!事業構築の心得

ムジン社長のコラムです!経営者(中小・ベンチャー)は必見です!

永久保存です!

課題解決なら、ムジン社長へアクセスを!!!

もっとみる
有難うございます!心より感謝いたします^^
11