カタロニア

トルコ・イスタンブール 1983年8月16-17日, Sultan アフメト・モスク, ボスポラス Straits 〜 Sultans of Swing, Dire Straits ♫
+20

トルコ・イスタンブール 1983年8月16-17日, Sultan アフメト・モスク, ボスポラス Straits 〜 Sultans of Swing, Dire Straits ♫

1983年4月26日に日本を出国 〜 トルコには 8月11日入国(2度滞在, 合計1ヶ月半) 1983年8月11-15日のイスタンブール旅 note は以下リンク先 note *1, そして同年4月26日以降のソ連, 北欧からヨーロッパ南下してギリシャまでに関しては以下リンク先 note *1 の第2章。 *1 トルコ・イスタンブール, ガラタ橋で眺めた夕日 〜 1983年8月15日, 日本を出国して112日目 トルコ・イスタンブール 〜 1983年8月17日(写真7枚)

スキ
13
風の歌115:ヌリア・リアル「De Santanyi vaig partir」
再生

風の歌115:ヌリア・リアル「De Santanyi vaig partir」

☆風の歌:My favorite songs115:ヌリア・リアル「De Santanyi vaig partir」 ヌリア・リアルは、スペインのカタロニア地方出身のソプラノ歌手。バロック・アンサンブルのラルペッジャータ(L'arpeggiata)と、カウンター・ テナーのフィリップ・ジャルスキーPhilippe Jarousskyとの演奏を知って以来、よく聴くように。 プルハール&ラルペッジャータのアルバム『メディテラネオ~地中海音楽』に収められている「De Santanyi vaig partir (Traditional, Mallorca)」を。いヌリア・リアルの声をいちばん最初に聴いた思い出深い曲。 ◎Nuria Rial "De Santanyí vaig partir" (L'Arpeggiata) from the album 'Mediterraneo' by Christina Pluhar / L'Arpeggiata https://www.youtube.com/watch?v=dnRhMM7S0ys

スキ
10
[2021.03]連載③音楽が世の中を大きく変えた時代〜1974年、スペインの記憶カタルーニャの「ノヴァ・カンソー」その2

[2021.03]連載③音楽が世の中を大きく変えた時代〜1974年、スペインの記憶カタルーニャの「ノヴァ・カンソー」その2

文●本田 健治 texto por Kenji Honda 現在のカタルーニャ独立問題の行方  さて、リュイス・リャックのペルピニャンで思い出したが、カタルーニャのスペインからの独立を目指して、ブリュッセルで政治活動を指揮する自治州のプッチダモン前州首相が、2020年1月にフランス領カタルーニャのペルピニャンに入り、ここに、スペイン領カタルーニャの分離主義活動家を集めて大集会を開いた。600台のバスを予約して敢行したという。折しもコロナ感染が急上昇で混乱している時だけに、

スキ
5
[2021.02]連載②音楽が世の中を大きく変えた時代〜1974年、スペインの記憶カタルーニャの「ノヴァ・カンソー」その1

[2021.02]連載②音楽が世の中を大きく変えた時代〜1974年、スペインの記憶カタルーニャの「ノヴァ・カンソー」その1

文●本田健治  texto por Kenji Honda  カタルーニャへ  1974年といえば、長年続いたベトナム戦争が、世界のメディアの現地報道活発化で大きな反戦運動の高まりをみせ、いよいよ73年のパリ協定によってアメリカ軍撤退、翌年のサイゴン陥落へと最終段階にあった頃。 USAのニクソン大統領がウォーターゲート事件で弾劾され、弾劾決定直前に辞任。フィリピンルバング島で小野田寛郎陸軍少尉が発見され、帰国。彼にとっての太平洋戦争が終わった。立花隆が首相田中角栄の金脈を

スキ
8
自分の無知を知り、世界の広さを知る  〜カタルーニャを通しての出逢いと学び①〜  2020.12.26

自分の無知を知り、世界の広さを知る  〜カタルーニャを通しての出逢いと学び①〜 2020.12.26

最近、親しくなったとあるご家族。 友人ご家族、と言っても差し支えなかろう。 とても素敵ご夫妻と、お子さん2人。 ご夫妻ともに、カタロニアの出身。 …カタロニア。カタルーニャ。どこだっけ?! と一瞬思った方。はい、ワタシも、そう思ったひとりです笑。 一番最初に聞いた時に、Cataluna…、??。と。 で。 スペインの…と言われて、あ!!そうだ。と。 聞いたことある! あれ、でも。スペインの一部?? 特別自治区みたいな感じなんだっけ?? …自身の無知を知る瞬間。 本当に

スキ
7
サン・ジョルディの日

サン・ジョルディの日

今日は、本好きにはちょっとした記念日かもしれません。 4月23日は、「サン・ジョルディの日」。 スペインのカタルーニャ地方に伝わる伝統の記念日です。 互いに薔薇の花と本を贈りあい、愛を確かめ合う日とされています。 1、サン・ジョルディとは何者? スペインのカタルーニャ自治州に伝わる守護聖人ゲオルギオス のことです。(ジョルディはゲオルギオスのカタロニア語読み) イングランドやグルジア、モスクワの守護聖人であり、イギリスの「セント・ジョージ」も同一人物を指しています

スキ
42
捕われた鳥は今でも、そう今でも さえずるさえずる自由を求めて さえずるさえずる自由を求めて
再生

捕われた鳥は今でも、そう今でも さえずるさえずる自由を求めて さえずるさえずる自由を求めて

12曲入りアルバム、羽根蟲ROCKS(800yen) を販売スタートしました。 ※今回はCDRでの販売はありません。DL販売のみです。 ご購入くださった方、ありがとうございます♪ ↓ こちらから購入できます。mp3音源。 https://note.mu/gayatri_records/m/m6c02e369862c 2015年にかなり録音できてたのですが、、、とちゅうで 他のアルバムを作ってしまい今年までずれこんでしまいました。 羽根蟲ROCKS/はりおん(HARION)/SONG LIST 01.ミツバチと爆撃音 02.カタロニアの鳥 03.ゲルニカ 04.シュプレヒコール~¡No Pasarán! ¡No Pasarán! 05.ほしひとつ 06.夜光蟲 07.ニガムシとクローン羊 08.ドミノ 09.火星に住むがいい 10.黄金羽根蟲 11.ヴィクトリアの蜥蜴 12.虹染めのバザール

スキ
9
02. カタロニアの鳥/ 音楽album【羽根蟲ROCKSより】  ※試聴用
再生

02. カタロニアの鳥/ 音楽album【羽根蟲ROCKSより】  ※試聴用

12曲入りアルバム、羽根蟲ROCKS(800yen) を販売スタートしました。 ※今回はCDRでの販売はありません。DL販売のみです。 ご購入くださった方、ありがとうございます♪ ↓ こちらから購入できます。mp3音源。 https://note.mu/gayatri_records/m/m6c02e369862c 2015年にかなり録音できてたのですが、、、とちゅうで 他のアルバムを作ってしまい今年までずれこんでしまいました。 羽根蟲ROCKS/はりおん(HARION)/SONG LIST 01.ミツバチと爆撃音 02.カタロニアの鳥 03.ゲルニカ 04.シュプレヒコール~¡No Pasarán! ¡No Pasarán! 05.ほしひとつ 06.夜光蟲 07.ニガムシとクローン羊 08.ドミノ 09.火星に住むがいい 10.黄金羽根蟲 11.ヴィクトリアの蜥蜴 12.虹染めのバザール

スキ
2
想い出は最後に残した 手紙の様な音無き羽ばたき 面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き  ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥
再生

想い出は最後に残した 手紙の様な音無き羽ばたき 面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥

カタロニアの鳥 想い出は最後に残した 手紙の様な音無き羽ばたき 面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥、空の鳥  カタロニアの空の鳥 カザルスの夢に誘われて 去り行く日も祈りと知るなら ※repeat 捕われた鳥は今でも、そう今でも さえずるさえずる自由を求めて さえずるさえずる自由を求めて 言葉の無力さに苛まれ それでも再び奏でよう 弦に弓を触れるそのたび 素手で心の痛みなぞった ※repeat

スキ
10
面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き  ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥、空の鳥  カタロニアの空の鳥
再生

面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥、空の鳥  カタロニアの空の鳥

カタロニアの鳥 想い出は最後に残した 手紙の様な音無き羽ばたき 面影は最果ての街で 手探り指触れた瞬き ※遠い遠い空を飛ぶ鳥はいつも  平和を唄いながら飛んで行くと言う  憧れていたのは  カタロニアの空の鳥、空の鳥  カタロニアの空の鳥 カザルスの夢に誘われて 去り行く日も祈りと知るなら ※repeat 捕われた鳥は今でも、そう今でも さえずるさえずる自由を求めて さえずるさえずる自由を求めて 言葉の無力さに苛まれ それでも再び奏でよう 弦に弓を触れるそのたび 素手で心の痛みなぞった ※repeat

スキ
8