オービックシーガルズ

2021初戦に向けて
+1

2021初戦に向けて

(オービックシーガルズ ヘッドコーチ  大橋 誠) コロナ感染による緊急事態宣言が初めて発出されてから1年半が経とうとしていますが、今もなお、多くの地域が4度目の緊急事態宣言下にあり、感染との戦いが続いています。不自由なばかりではなく、命を守る緊迫の場面を日々乗り越えて過ごしていらっしゃる方々も多いと思います。皆さんには心からのお見舞いを申し上げます。この状態が収束に向かうことを祈っております。 チームが集まり、ミーティングをし、フィールドで練習をする。当たり前に思ってい

スキ
17
「毎試合ボール2つ」の約束ーDB

「毎試合ボール2つ」の約束ーDB

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューも第9弾・最終回は、守備の最後の砦、ディフェンスバック(DB)です。2019年まで立命館大学を指揮した池上祐二ディフェンスアドバイザーと、副将を務める♯1砂川敬三郎選手に聞きました。 ―DBは最も人数が多いユニットですが、今年はどんな雰囲気ですか。 池上  DBは大外で相手レシーバーを止めるコーナーバック(CB)と、最後尾を守るセーフティー(SF)に分けられます。CBは須田(須田克志)が引退したので、いままでいたメンバーもチ

スキ
24
継承される魂ーLB

継承される魂ーLB

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューの第8弾は、守備の要、ラインバッカー(LB)。古庄直樹アシスタントヘッドコーチ兼ディフェンスコーディネーター(上写真中央)と塚田昌克ディフェンスコーディネーターアシスタント兼LBコーチ(同左)、♯13岩本卓也選手に聞きました。 ―まず、ユニットのメンバー構成を教えてください。 岩本  新人が3人入って、いまは7人。ベテラン半分、新人半分。登録は4人から5人だと思いますので、そこはロスター争いということになりますね。 ―LB

スキ
32
「すべてを破壊する」おもしろさーDL

「すべてを破壊する」おもしろさーDL

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビュー第7弾は、守備の最前線、ディフェンスライン(DL)。小島健吾キッキングコーディネーター兼DLコーチと、副将・ディフェンスリーダーを務める♯35佐藤将貴選手に聞きました。 ―新人選手が多く入りましたね。 小島  三井さん(三井勇洋)、中田さん(中田善博)が引退し、新人が6人入ってきました。BJ(♯23バイロン・ビーティー・ジュニア)がいちばんのベテランになりましたね。 佐藤  これまでオービックシーガルズのDLに挑戦するのは

スキ
27
仲間からの愛ある「ヤジ」を力にーSP

仲間からの愛ある「ヤジ」を力にーSP

2021ユニットインタビュー第6弾は、大事なキッキングゲームを託されるSP(スペシャリスト)。小島健吾キッキングコーディネーターとK/P♯12山﨑丈路選手に聞きました。 ―今年はメンバーの入れ替わりがありました。構成を教えてください。 小島  ベテランは星野(K/P♯49星野貴俊)、2年目に山﨑、キッカーとロングスナッパーの新人2人が入りました。 ―ユニットの雰囲気は変わりましたか。 山﨑  コミュニケーションが活発になったと思います。昨年はベテラン2人中堅2人でした

スキ
31
李卓の次は誰だ-RB

李卓の次は誰だ-RB

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューの第5弾は、地上戦の主役、ランニングバック(RB)。RBコーチを兼務する大橋 誠ヘッドコーチと♯43望月麻樹選手に聞きました。今回は主に望月選手が答えてくれました。 -RBの新加入選手の顔ぶれが話題になっています。5人と多いですね。 望月  めちゃ多いですね。昨年からのメンバーが4人のところに新人が5人ですから。タク(♯29李 卓)はカナダCFLに行きますけど、RBの人数としては9人になっています。 ーロスター争いが激しく

スキ
35
ヒーローはひとりじゃない-WR

ヒーローはひとりじゃない-WR

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューの第4弾は、空中戦の主役、ワイドレシーバー(WR)。森 健太郎WRコーチと副将・オフェンスリーダーでもある♯84西村有斗選手に聞きました。 -今年は森コーチが現役を引退してコーチになったことがいちばんの変化ですね。 森  基本的には昨年のメンバーが残っているので、構成は大きくは変わっていませんね。まあそうですね、森自身の変化がありました(笑)。 -新人選手は1人ですね。 森  山中隆哉(りゅうや / 日体大)がロスター入

スキ
33
何万回の会話の先へ―QB

何万回の会話の先へ―QB

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューの第3弾は、オフェンスの司令塔、QB(クォーターバック)です。菅原 俊QBコーチと♯15小林優之選手に聞きました。 ―菅原コーチは昨年引退してコーチになりましたが、コーチ業1年目はいかがでしたか。 菅原  コロナ禍で春の試合は中止、秋シーズンも4試合と少なかったことが、個人的にはある意味ラッキーでした。下積みの時間が十分にありましたし、4試合に集中して準備できました。選手は試合が少なくて残念なところはありますが、すみません、

スキ
38
伸びしろは未知数ーTE

伸びしろは未知数ーTE

2021シーズンの戦いを占うユニットインタビューの第2弾は、攻撃のオールラウンダー、タイトエンド(TE)。濱部 昇オフェンスアドバイザーと、♯3植原 涼選手に聞きました。 ―タイトエンドは少数精鋭ですね。今年のメンバーを教えてください。 植原  メンバーは3人です。4年目のホールデン(♯85ホールデン・ハフ)、2年目の僕、そしてショウエツさん(♯87堀家祥越 ※♯79から番号変更)が今シーズン、OLからコンバートしてTEになりました。 濱部  デカモリ(森 章光)・ショ

スキ
42
荒々しさを追求する優しき漢たちーOL

荒々しさを追求する優しき漢たちーOL

2連覇に挑む2021シーズンのオービックシーガルズ。それぞれのユニット(ポジション)はどんな布陣でどう戦うか。ユニットを率いるコーチとリーダーにZoomで聞く、全9回の連載企画です。 第1回はオフェンスの屋台骨、OL(オフェンスライン)。愛称ツイスターズ。矢部寛之オフェンスコーディネーターと♯75川本康太選手に聞きました。 -ツイスターズは大所帯ですね。メンバーの構成を教えてください。 矢部  全部で14人います。ベテラン33歳の藤田(♯76藤田真史)を筆頭に、新人が2

スキ
94