インドエステ

倒産から営業譲渡された新天地へ

新卒で入社したけど、倒産してしまい
営業を譲渡された会社へ

会社が倒産してしまい、自分を育ててくれたお客様、自分を信じてくれたお客様に安心して欲しい

その一心だけで、営業譲渡先へ

元々のサロンから譲渡先へのサロンへ行くのは徒歩10分も掛からない程度の距離で、初めてそこのスタッフに挨拶に行くとなった時、その道のりがとても遠く感じた

どんな人だろう?受け入れてくれるのだろうか?
勤めてる会社が

もっとみる
嬉しい❤️❤️
9

インドの思い出【大根とインゲンのサブジ 最終編】

かなり拙い動画ですが、これでも何とか編集しました。もっと編集上手になりたい。編集作業嫌いじゃない。

昨年インド行ったときに、わたし決意したことがあって。多分いっぱいあったんだけど。

2つだけは出来たね。

1つは、易を勉強する事。良い先生にも出会えたし、自分の「小さなお守り」が出来た感じ。易者になろうとは思ってないし、この東洋の神秘みたいな世界観が好きなだけ。

もう1つは、動画編集出来るよう

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
2

インドの思い出【サブジを作ってみる】調理編

昨日に引き続き、調理編です。

3部作になります。最後にレシピを公開しますね。きっとその方が需要あるだろうから。



リシケシにいる間、2月29日〜3月20日まで。

わたしがマダムマサコに会わない日っていうのを数えてみたら、

たったの2日間だった。

まるで小学生のように行動を共にしていた。日々何して遊ぶー?だったし

じゃ、明日ねーって言って家に帰っていた。

こんな事あるだろうか?根暗

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
7

インドの思い出【サブジを作ってみる!】

パンチャカルマ中、何より美味しいと感じるのがサブジ。だって味がある。

あまりスパイシーでなくても全然構わないのがサブジの旨さではないか?

わたしの滞在先ではキッチンが無かったので、マダムマサコ宅に行ってご指南を受ける。

ちなみにわたしとマダムマサコはどうやって知り合ったのか?いつからなのか?

初めて読む人にはまるでわからないと思うので、ちょっと紹介したい。

1番手っ取り早いのは、このbl

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
4

インドの思い出【スパイス】

わたしが滞在していたTAVOWAN地区はたくさんお土産屋さんがある。

両端に似たようなお土産屋さんが路地を挟んで軒をつらね、

どんどん降りていくと、やがてこの地区の象徴のようなラクシュマンジュラの橋が出てくる。

この橋を何度も何度も超えて散歩したりcafe行ったりExchangeしたり、時にはマントラまで習いに行ったりね。

何度も通っているウチに気になるお店も出てくるし、

いつも通りの路

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
6

インドのアート①

去年、わたしはリシケシ着いてすぐに1枚8000ルピーもするマドゥバニアートなるものを購入した。

とても気に入ってるので、ヨシ!としてるんだけど、

時間を巻き戻して、いまの金の知識で同じように買うか?と問われたら

NO!でございます。

絶対、値下げ交渉してた。

↑ ※奥に見える孔雀と象と木の絵

今回の渡印に際して、わたしは愛するお弟子さんに

ヒガシさんが選んだ絵が欲しい!とリクエストさ

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
6

インドパンチャカルマの旅2020vol26【日出る国へと帰国】

最東の国、日本
わたしの苗字も東 五行の東は

四聖獣で言うと青龍 夫は龍也

東の象意のひとつが「木」

わたしの名前は「美樹」

これだけ「東」のエネルギーが詰まってるわたしたち。

日の本、ニッポンのブランド力をありがたくありがたく受け取りましたよ。

旅のブランド JAL

数十年前に失墜したけど、長い時間をかけて、、、

やっぱり、こうなってると安心する

鶴のマークが冷蔵機に並ぶチョー

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
7

インドパンチャカルマの旅2020vol26【デリー編③】

fabIndiaをキャイキャイ言いながら楽しみ、ふきさんお勧めのお茶さんへ行く。

ここもポツンと空いていた。

インド中のお茶が手に入るようで、お茶マップもはっていた。

私たちの耳馴染みのあるところでは、ダージリン、アッサムあたりでしょうか、、。

最終的には「ニルギリ」という品種にたどり着くとか、、、。

紅茶のことはまったくのど素人だけど、わたし中国の「ラプサンスーチョン」(正山小種)が大

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
5

インドパンチャカルマの旅2020vol25【デリー編②】

ふきさんが手配してくれた車で午後からお出かけする。

1番最初に行ったのは、「ハッピーハンター」と言って日本人が経営するお茶屋さんだ。

この「ハッピーハンター」実はマダムマサコから勧められていた。夕陽の山での出来事で、撮れていると思った動画は真っ黒で音声のみ!なんだけどね。※記事最後に動画UPしています。と、言ってもほぼ音声ですが、、、。

店の造りが日本風だよね。可愛い。キチンとしてる。

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
4