花火

夏空に
打ち上げられる
無数の
光の花々

その
光の花々の
煌めきと
光の花々に
照らされる
隣にいる
きみの
横顔に
ぼくは
うっとりする

2016.08.15

また気に入って頂けるものを書けるように精進します。
2

小学生が30分で作る、簡単おいしいチーズパン。

のんびり日曜日を過ごしていると、小4と小2の子どもがキッチンで何やらガサゴソ・・。

「お母さーん、薄力粉か強力粉ないー?」

「お母さーん、ベーキングパウダーないー?」

「ああ、あるよ。そこの棚に。」

30分後・・

「ハイ!みて!できあがり!」

「!?」

「パン!?えっ、この短時間で!?」

チーズ入っとるーーーーー!!

ほかほか。

しかも、ウンマァ~~~~~~~。

わたしと旦那

もっとみる
ありがとうございます^^
1

毎日童話『本屋とぼく』

ここは近所の本屋

毎日この本屋に来ていた子供のころのぼく

理由は好きな女の子が毎日来ていたからだ

でも声をかけられず

いつからか女の子は本屋に来なくなっていた

ぼくはいつか来るんじゃないかと

それでも毎日通った

でも来なかった

今は結婚し子供もいる

今はその本屋を任されている

ある日から女の子が毎日来るようになった

ぼくの息子も毎日来るようになった

その女の子を好きになった

もっとみる
感謝!感激!雨!嵐!
1

ぼく #みんなでポエム書いてみた

ぼくを背骨でふたつに割った、

右は父の寝息で

左は母の寝息で

できている

ぼくをおへそでふたつに割った、

上は綿で

下はかさぶたで

できている

ぼくをつむじでふたつに割った、

前は色素で

後ろは泡で

できている

ぼくを関節でみじん切りにすると、

粉と



ぼくをつぶすと

海になる

ティッシュだと間に合わないので

キッチンペーパーを買ってきてください

 

 こ

もっとみる
わーい!
24

ぼく

こんにちは。

一人称で「ぼく」を使う大人かっこいいなと思っているまつざかです。

「note」始めてみました。なんか、やってる人少ないし、やってるだけでかっこよく見えそうって思っちゃいました。

読んでくれるとうれしいです。けど、みんなYoutube観たいし、インスタやりたいし、読まれない気がしてるけど、なんか日記みたいな感じで投稿続けるよ。

どういう口調で統一するか悩みながら書き終えます。

もっとみる

ぼくのしんじょう-自分で決める

こんばんは。猫想想像日記です。

今日は朝から近くの公園まで散歩しようと思いましたが、残念ながら雨でお家で過ごしてました。

今回は「しんじょう」について

ぼくは高校時代、志望する高校への受験を周囲の判断の言うままに変えました。

ぼくが思う失敗は自分で決断する事を諦めたときに起こるものだと思っております。そのときから、ぼくは…

最後まで読んで頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

--

もっとみる
好きをありがとう!ぼくもあなたのことが大好き😘
17

擬音生活のぼく 朝

しゅわわー

すー… すー…

チリリン チリリン

ガバッ とてとて

かちっ がちゃこ ピッ ワハハン

こぽぽぽ ピーン カパっ トトトトト

かちゃり  こくこく ピッ がちゃこ

とっとっ がちゃこ バタン がちゃり
(どんな朝なのかお暇であれば考えてみて下さい)

【詩】おなじ庭

薄暗がりに細く光が差し込んで
きみの淡い頬の曲線が浮かび出す
カーテンを開く
雀のさえずりを白い光の中に見つけ出す
香ばしいトーストの香りが
ふたりに無言のまま話をさせる
髪がふわりと揺れるたび生きていると感じた
ふつうではない とくべつでもない
その真ん中に世界一適切な二倍があった
静謐さが時間の四隅を切り落とす
雑然さが時間に振動を通わせる
戸締まりと電気以外に
ふり返る理由があることを

もっとみる

「ぼく」になりたい私

こんにちは。

今日は一人称の話を。

私の一人称は、この通り「私」です。普段家族や友達と話すときも「私」。

でも、私は自分のことを「ぼく」と呼びたいなあ、と思っています。

単純に音の響きが好きだからです。人が「ぼく」と言っているのを聞くのも好き。

なぜ「僕」ではなく「ぼく」と表記しているのかというと、「ぼく」の方が見た目が良いからです。完全に私の好みですね。

文字

もっとみる
ありがとうございます あなたが寂しい夜を迎えずにすみますように
11

住之江11R 準優勝戦 三連単予想

こんばんは挑戦者です。

このレースは、5がどうくるのか?

予想はこちらです!

もっとみる
私も好き♥️