この夏に乾杯

書きたくないなら、書かなくていい。

少しのスキのために
必死にネタを探したり
必死に投稿したり

もしそれが辛いなら
書かなくてもいいと思う

8月はほとんど投稿しなかった

そしたら気づいた

自分の投稿なんて
待ってる人なんていなかったこと

僕の投稿では
誰かの人生を変えられなかったこと

人生そんなもんだよね

続けないと成功はしないけど
続けることが目的じゃない

僕の場所はここじゃなかった
僕が輝くときは今じゃなかった

もっとみる
嬉しすぎますっっ!!
16

実は自分が1番自分の価値を下げていた話。宴会やれるのも才能やんw

そうは言ってもできないよー自分なんかと思っている、中の人と同じ思考回路をお持ちの方へ

「だって、できないもん!」
「これって、普通じゃね?」
「特別なことなんか、してないよ?」

自分の中の普通は、意外と他人にとっては普通じゃなく、能力が高かった!?なんてこともしばしば。

中の人も、イベントをやりながら、必要経費だから会費をいただかなきゃいけないけど、これでお金とっていいのかな?なんて正直思う

もっとみる

【旅する日本語】最後はきっとハッピーエンド

気持ちが不安定な向きに傾くと、
お金を使うことを躊躇するようになる。

精神状態がまっとうなときには、とりあえずは働けば必要なお金は入ってくるし、足りなければ追加で働くなり残業すればいいと前向きに考えられる。

しかし、気持ちが下降しているときは失ったお金はすぐに戻らないのではないか、このままじり貧になって、バッドエンドを迎えるのではないかと考え、ゆらゆらと不安な気持ちになってくる。

一所懸命に

もっとみる
(=´ᆺ`= ) さんくすあろっと!もう大好き!
69

香りフェチの私が「屈辱的な一言」を受け入れる物語

先日、家族に「汗臭い」と言われた。

・・・

「汗臭い」・・・だと・・・・?

このショックを、ご理解いただけるだろうか。

私は先日30歳になったばかりのいわゆる「アラサー」であり、嫁入り前の「女子」であり、美容やコスメが好きであり、良い香りの入浴剤やボディクリームに日々包まれる生活をしている人間なのである。

むしろどちらかといえば、7年間ほどの会社員生活の中で、(誠に失礼ながら)50代くら

もっとみる
嬉しい~です!:)
24

孤独に満たされるとき

孤独にはふたつある

欠けていく孤独と満ちていく孤独

孤独は欠けると針になる

わたしはずっと孤独を削ってきた

かぎりなくゼロになるように

昨年の冬

宇宙がくるりと回転して

突然わたしはワープした

しかし孤独はやってきた

しかしそれは満ちてきた

この夏の夜も

路地裏のコンクリートから

蛍光灯が映るサッシのすきまから

寝汗でしめったシーツから

クーラーがよくきいてきた。

もっとみる
わいもスキやで
6

ちょっとした工夫が世界を変える

先日、京都にある『SPRING VALLEY BREWERY』(SVB)というクラフトブルワリーに行ってきました。

ビール好きな彼の影響で私もすっかりクラフトビールが好きになり、代官山店舗には彼といっしょに行ったことがあったのですが、今回は京都にある店舗に両親を連れて行ってきました。

ここ、様々な種類のクラフトビールが楽しめるのですが、
(↓ビール飲み比べセット)

ビールはさることながら料

もっとみる
嬉しい!!!ありがとうございます!!
5

特にこだわりでもなんでもないが、肌が弱いくせにこのくらいの暑さ(30℃超)ではまだ冷房はつけない。快適なのはわかっているが、快適すぎるのは苦手。冷え過ぎるとすぐ体調崩すし。どちらかと言えば強面ですが、体は繊細かつ敏感なのです。というわけでわが家の扇風機は今日もフル稼働です。

ありがとうございます。また見に来てくださいね!
5

妻も子どももいない日曜日。課された家事はさっさと終わらせた。何をしてもいいし何をしなくてもいい。よって昼前からビール。なんだこの至福。Netflix観て昼寝して寝汗かいたらシャワー浴びてまた飲もう。なんだこの至福。大事なことだから2回言う。自由は有限だとなおさら素晴らしく感じる。

ありがとうございます。ちょっと勇気湧きました!
9