お城巡り

逆井城

城郭構造:平城
天守構造:なし
築城主: 逆井常宗
築城年:享徳年間
主な城主:逆井氏、後北条氏
廃城年:不明

北側に西仁連川用水を臨み、西に入江だった蓮沼が存在する台地の先端上に位置している。西仁連川は江戸時代の干拓の際に沼の西側外周部が掘削されたもので、干拓前は飯沼という南北30kmに広がる沼が城の北方に存在していた。この南北に細長い飯沼は逆井城の北で東西に蛇行しており、城はこの沼の歪曲部に

もっとみる

笠間城

別名:桂城
城郭構造:山城
天守構造:二重
築城主: 笠間時朝
築城年: 承久元年
主な城主:笠間氏、宇都宮氏、蒲生郷成、牧野氏
廃城年:明治4年

佐白山山頂の天守曲輪を中心に、東から北に掛けての山腹に郭を重ねる。天守曲輪および大手道には、関東の城郭には珍しく、石垣が多用されている。天守曲輪には天守台が設けられ、2重の天守が建てられた。

主郭部は、天守曲輪から本丸、二の丸、大手門に掛けての郭群

もっとみる

土浦城

別名:亀城
城郭構造: 輪郭式平城
天守構造:なし
築城主: 若泉三郎
築城年: 永享年間
主な城主: 若泉氏、小田氏、松平氏、西尾家、朽木家、土屋家
廃城年:明治6年

天守が作られなかったお城である。
室町時代に作られ、江戸時代に形を整えた。
幅の広い二重の堀で守られている平城である。
太鼓櫓門が現存し、東西二か所の櫓が復元されている。

平安時代、天慶年間に平将門が砦を築いたという伝説がある

もっとみる

水戸城

別名:馬場城、水府城
城郭構造: 連郭式平山城
天守構造:なし
築城主: 馬場資幹
築城年:健久年間
主な城主:大掾氏(馬場氏)、江戸氏、佐竹氏、徳川氏
廃城年:明治4年

跡地はあるが、残っているところはほぼなく橋くらいてある。

水戸市の中心部、水戸駅の北側に隣接する丘陵に築城された連郭式平山城である。北部を流れる那珂川と南部に広がっていた千波湖を天然の堀としていた。本丸の西側に二の丸が配され

もっとみる

松江城

別名:千鳥城
城郭構造: 輪郭連郭複合式平山城
天守構造: 複合式望楼型 4重5階地下1階
築城主:堀尾忠氏
築城年:慶長16年
主な城主: 堀尾氏、京極氏、松平氏
廃城年:明治4年

現存十二天守のうちの一つである。
また、天守閣は国宝になっている。

天守は外観4重、内部5階、地下1階で、天守の南に地下1階を持つ平屋の附櫓が付属している。形式上は望楼型天守に分類され、二重の櫓の上に二重(3階建

もっとみる

丸岡城

別名: 霞ヶ城
城郭構造: 連郭式平山城
天守構造: 独立式望楼型 2重3階
築城主:柴田勝豊
築城年:天正4年
主な城主:柴田氏、本多氏、有馬氏、青山氏
廃城年:明治4年

現存十二天守の一つである。
天守のみ現存している。

大入母屋の上に廻り縁のある小さな望楼を載せた古式の外観から現存最古の天守とも呼ばれていたが、福井県坂井市教育委員会の調査で江戸期の寛永年間に建造されたことが判明し、同委員

もっとみる

備中松山城

別名: 高梁城
城郭構造:連郭式山城
天守構造: 複合式望楼型2重2階
築城主:秋庭三郎重信
築城年: 仁治元年
主な城主: 三村氏、水谷氏、板倉氏
廃城年:明治7年

現存十二天守のうちの一つである。
こちらは岡山にある。

天守の特徴として、松山城の天守は、構造などは不明であるが毛利氏時代から、小堀氏が城番で入城する慶長の間にはすでに存在していたと考えられている[3]。現在見られる天守は、天和

もっとみる

弘前城

別名: 鷹岡城、高岡城
城郭構造: 梯郭式平山城
天守構造: 独立式層塔型3層3階
築城主:津軽為信、津軽信枚
築城年:慶長14年
主な城主:津軽氏
廃城年:明治4年

現存十二天守の一つである。また、桜の名所としても有名である。天守は何度か再建されているが2度目か3度目の天守が今も尚現存している。初代はあまりよく分かってない。

天守(初代)
最初の天守は、鷹岡藩2代藩主の津軽信枚により慶長14

もっとみる

現存十二天守とは

弘前城
松本城
犬山城
丸岡城
姫路城
彦根城
備中松山城
松江城
高知城
伊予松山城
宇和島城
丸亀城

が現存十二天守であるが、ほぼほぼまわったが、どこも戦争や震災を乗り越えているわけでそれだけ作りだったり色々運を持っている建物だなと思う。

まだあと4つ程記事にはしていないのでこれからしていこうと思う。

どれも違う特徴があるものの中に入るとやはり昔の作りになっているためなかなか歴史を肌で感

もっとみる

吉野ヶ里遺跡

百名城に選ばれている場所である。
時代的には弥生時代、古墳時代、奈良時代等の辺りにゆかりがある。
お城という感じは正直ないが、日本の始まりを見ているような感覚になるような場所である。

吉野ヶ里遺跡の最大の特徴とされるのが集落の防御に関連した遺構である。弥生時代後期には外壕と内壕の二重の環濠ができ、V字型に深く掘られた総延長約2.5キロメートルの外壕が囲んでいる範囲は約40ヘクタールにもなる。壕の

もっとみる