ある人質

【映画】「ある人質」
+10

【映画】「ある人質」

「ある人質 生還までの398日(Ser du manen, Daniel)」(2019・デンマーク他、ニールス・アルデン・オプレブ監督)。 2013年に、IS(イスラム国)に捕まり、1年強も人質として監禁されていたデンマーク人の24歳の青年カメラマン、ダニエル・リューが奇跡的に生還した実話を映画化したもの、というから、ISのゲリラと闘ってなんとか脱走したのかと思っていたけどそうじゃなくて、デンマークのダニエルの家族が、要求された巨額の身代金を四方八方、手を尽くしてなんとか用

映画日誌’21-08:ある人質 生還までの398日

映画日誌’21-08:ある人質 生還までの398日

trailer: introduction:2013年、シリアで過激派組織ISの人質となり398日ものあいだ拘束されるも、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの救出劇を映画化。原作は、ジャーナリストのプク・ダムスゴーがダニエル・リューと関係者に取材して書き上げた「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で世界的に知られるデンマーク出身のニールス・アルデン・オプレヴと、本作に出演している俳優アナス・W・ベアテルセンが共同で監

スキ
2
『ある人質 生還までの398日』

『ある人質 生還までの398日』

『ある人質 生還までの398日』 2013年から14年にかけて、ISの前身組織に誘拐されたデンマーク人カメラマン、ダニエル・リュー・オデセン。彼の13カ月にわたる拘束の日々を描いた映画で、昨年度のデンマークでの映画館動員数がナンバーワンでした。デンマーク映画界のアカデミー賞であるロバート賞やボディル賞をいくつもの分野で受賞しており、デンマーク人からもお勧めされたこの作品。観たいのはやまやまでしたが、残虐シーンや暴力シーンが怖いことと、まだ私自身もショックを受けた当時の記憶が生

スキ
5
映画『ある人質 生還までの398日』を見た。

映画『ある人質 生還までの398日』を見た。

映画『ある人質 生還までの398日』を見た。公式サイトにあるコメント、池内恵氏と安田純平氏以外のコメントには違和感しかなかった。この映画については、最後に流れるダニエル・リウ氏のコメントが全てだと思う。「 #シリア からデンマークに来ている人々(難民)はもっとつらい経験をしている。」 シリア内戦についての映画やドキュメンタリーの多くがISISに寄ったものであるのは仕方がないし、この映画がそうだからと言ってその価値が減じる訳ではない。ただ、ダニエル・リウ氏が解放され、ジム・フォ

スキ
2
【映画】「ある人質 生還までの398日」感想・レビュー・解説

【映画】「ある人質 生還までの398日」感想・レビュー・解説

人質になった本人やその家族の苦労、心情については誰もが共感するだろうし、特に人質になった彼の辛さは察するに余りあるほどだ。ただ、一定の理解ができるからこそ、そのことそのものについてここであれこれ書こうとは思わない。 僕が考えさせられたことは、デンマーク政府の対応だ。デンマーク政府は、現在に至るまで、テロリストと交渉をしないという方針を貫いているという。 凄いな、と思う。その方針が褒められるべきものなのかどうか、というのは僕には判断できることではないけど、このスタンスを貫き

スキ
2
「ISの人質」を救出した、MASTERキートンばりの辣腕コンサル。

「ISの人質」を救出した、MASTERキートンばりの辣腕コンサル。

光文社新書編集部の三宅です。上の記事の続きです。 名作コミック「MASTERキートン」(浦沢直樹、脚本:勝鹿北星/長崎尚志)に「交渉人のルール」というエピソードがあります。ロイズ保険組合の調査員(オプ)として働くキートンが、誘拐交渉人として活躍します。初出は30年ほど前ですが、今読んでも全く古びていません。そのエピソードの中でキートンが言うセリフをいくつか紹介しましょう。 「アマチュアは、恐怖心から人質を殺害するが、プロはビジネスです。商品は傷つけず、金だけを取る」 「

スキ
11
武装勢力に拉致・監禁された写真家の地獄の人質生活を描く オススメ良作3本を紹介【次に見るなら、この映画】2月13日編

武装勢力に拉致・監禁された写真家の地獄の人質生活を描く オススメ良作3本を紹介【次に見るなら、この映画】2月13日編

 毎週土曜日にオススメ映画をレビュー。  今週は、映画館で鑑賞できる新作から、見れば絶対に心に響くあまりに過酷な人質生活を描く“衝撃の実話”、業界内で話題が巻き起こりつつある中国映画、ある絵画をめぐる“まさかの大騒動”を追ったドキュメンタリーの3本を選んでみました。 ①2013年に398日もの間、IS(イスラム国)の人質となりながら、奇跡的に生還した写真家の実話を映画化した「ある人質 生還までの398日」(2月19日公開) ②大河・富春江が流れる街・富陽の美しい自然を背

スキ
10
ISから息子を救出した家族の実話がすごい!―398日間をどう生き延びたのか?

ISから息子を救出した家族の実話がすごい!―398日間をどう生き延びたのか?

光文社新書編集部の三宅と申します。今回は近日公開予定の映画とその原作本を紹介します。 まず、映画の方はこちら。2月19日全国公開の『ある人質 生還までの398日』です。監督のニールス・アルデン・オプレヴ氏は『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を手掛けたことで知られていますね。 その原作本はこちら。『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書)です。著者はデンマーク人ジャーナリストのプク・ダムスゴー氏です。彼女が、ISに人質に取られ、九死に一生を得て生還した同じ

スキ
19