工藤太一/印刷会社二代目/glassy株式会社代表取締役

glassy株式会社 代表取締役社長。1975年東京生まれ。江東区の印刷会社 ㈱明祥の二代目。印刷の価値を見直し、上場・ベンチャーなど100社以上の「広報誌」を作成することで社内広報のお手伝いをしています。経営10年目。リアルで手触り感のある経営者の本音をモットーにしています。
固定された記事

36歳で印刷会社の社長になった僕が、減り続ける売上をなんとか立て直した話

僕が35歳のとき、父親がガンになりました。 父は印刷会社を創業し、以来ずっと社長をしていました。しかし、ガンのこともあったのでしょう。急に僕を呼び出して「おまえ、…

クリエイター集団を「きちんと稼げる」ようにした8つの約束

「クオリティが大事」だけではビジネスは成立しない僕らは企業の「社内報」をつくっています。 社内報をつくるのは、社内のディレクターやライター、デザイナーたち。みん…

「正確さが命」の印刷会社がたどり着いた、ミスを減らす4つの方法

印刷の仕事はミスが許されません。 ウェブの記事などの場合は、誤植を見つけたらすぐに修正できます。でも、紙の印刷はそうはいかない。発送したあとに誤植が見つかったり…

どんなに時代が変わっても、唯一僕らが変えなかったこと

創業者の父が唯一、決めていたこと創業者である親父は、何も明文化しない人でした。 企業理念も言語化しない。期初に会社の方針を発表することもない。目標は売上だけ。 …

会社の雰囲気をガラッと変えた、たったひとつの習慣

昔、うちの印刷工場はすさんでいました。オジサンが下駄を履いてタバコを吸いながら印刷をしているような状態です。 はじめて、ビル1棟分の本格的な印刷工場を構えたのが…

3年前、僕の会社はボロボロでした。

3年前、僕らの組織は崩壊寸前でした。 今回はすこし長いのですが、ボロボロの組織でもがき続けた、僕らの苦悩の記録です。もし同じように悩む方の参考になれば、とも思っ…