FOOTMARK NATURAL

水辺遊びやキャンプ、日常において、家族みんながもっと楽しくなるモノづくりをしています。

FOOTMARK NATURAL

水辺遊びやキャンプ、日常において、家族みんながもっと楽しくなるモノづくりをしています。

    マガジン

    最近の記事

    我が家に家族が増えました

    こんにちは。私の名前はアルファです。 9月のある日、LINEに妹からの連絡が入りました。 「知り合いの方が突然亡くってしまい、その方が飼っていたチワワ3歳のメスがいるんだけど、藤家家でどう?」って。 突然の連絡でしたが、答えは即決で「YES」。 実は昨年7月に飼っていたウェルシュ・コーギーが14歳で亡くなり、なんとなくSNSなどで保護犬のサイトは見ていました。 でもなかなか飼うまでは踏み出せていませんでした。 我が家に来てくれた日の写真です。 妹とのやり取りは子ども

    スキ
    58
      • 夏の思い出【ソロキャンプ編】

        やってきました西湖!! どうですか?この絶景!! なんの言葉もいりません。まさに「何も言えねえ!」 9月の平日、お休みをもらってソロキャンプにやってきました。 今回、お世話になったのは山梨県の西湖湖畔キャンプ場。 撮影で何度か来ていた西湖。水の透明度や静かな雰囲気がとても気に入り、プライベートでも来てみたいと思っていました。 キャンプって皆さん、天気が気になりませんか? ファミリーキャンプの場合は特に気になります。 一週間前から天気予報をみながらソワソワ キャンセル料

        スキ
        103
        • 夏の思い出【川編】

          撮影でご縁のあったあの場所へ川遊び半端ねえ~ やってまいりました道志川! 我が家から車で1時間。山梨県と神奈川県の県境にあるここは「両国橋キャンプ場」です。 道志川は以前、撮影で遊びに来たことがあって、川の水の綺麗さが忘れられず家族でも遊びにきました。 我が家は毎年、この時期ほぼ毎週海三昧なのですが、突然子どもたちが“今日は川遊びがいい”と言うもんで、急遽こちらにお邪魔しました。 自宅を6時に出発しキャンプ場に到着したのは7時過ぎですが、駐車場は思ったよりも車が多い!人気の

          スキ
          86
          • タオルシートバッグが生まれたワケ

            ■エンドユーザーさんからのアイデアを形に僕たちメーカーは、ショップの店員さんとは違いエンドユーザーさんと関わる機会がなかなかありません。 「こんな商品ほしい」、「もっとこうしたら良いのに」などの意見を聴くというのが数年前までは難しい立場でした。 しかし最近ではSNSで直接やり取りをしてエンドユーザーさんの声を聞くことができるようになりました。 水辺シーンで活躍する商品アイデアを募集したところ、たくさんの意見を頂きこのアイデアをもとに企画した商品がいくつか今年発売しています。

            スキ
            87

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 商品開発裏話
            FOOTMARK NATURAL
          • グランピング
            FOOTMARK NATURAL
          • インタビュー
            FOOTMARK NATURAL
          • 水辺の家族の1day trip「海編」
            FOOTMARK NATURAL

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            いまの僕が伝えられることって?

            ■憧れの場所とのご縁7月8日(金)御茶ノ水にある明治大学にやってきました。僕の憧れの場所です。 約20年前、学生時代は御茶ノ水界隈は僕の庭でした。 終電間際まで友人とああでもない、こうでもない…たわいのない会話を永遠と…暇だったんですね笑 僕にとって明治大学は憧れ、ここのビルで授業なんてすごいなあ~ 入ってみたいなあ~なんて20年前から思っていました。 ある日、広報の吉河さんに「7月に明治大学の講演の話があるんだけど、ぜひ藤家さんにお願いしたいんだけどどう?」って講演の依頼

            スキ
            116

            ママは水辺に何を着ていくの?

            皆さんアウトドアへ行く際に何を着て出かけますか? なんとなく僕のイメージの中では、パパと子どもはアウトドアブランドを着て、ママはファストファッションを着ている印象があります。 ママはなんでアウトドアブランドを着ないのかな? 高いから?ブランドに興味がない?普段着の方が気楽だから? そんな素朴な疑問から企画してみた商品を、今日は紹介します。 アウトドアや水遊びに出掛けると、パパと子どもはおもいっきり楽しんでいる光景をよくみます。 でもママは、テントの中で

            スキ
            95

            全国のショートパンツ好きの皆様、お待たせしました

            不完全な感じが逆に愛おしい新作パンツ やってきました夏!!! 暖かい!!なんて気持ちのいい季節なんでしょう。最高です! 昨年の6月の記事でも書きましたが、 大のショートパンツ好きの私、今年も早速休日のショートパンツライフ始まりました~。 今年、発売したこのポーチ付きショートパンツ。 まず見た目が可愛くないですか?足の部分に大きなポケットがインパクト大! しかもこれ取り外しができるんですっ! 例えば、水辺(海、川、湖)に行ったとき、ポケットに入れてあ

            スキ
            128

            グランピングおすすめコーデ

            今回は、グランピングで着用したコーデをご紹介します! ■コーデ① ●MENS CAP:0242060 NVY PARKER:3100103 GRY T-SHIRTS:3100105 BLK PANTS:3100104  NVY INNER SPATS:0241883 BLK ●LADIES HAT:0230921  NVY PARKER:3100118  BLK ONE PIECE:3100131  GRY INNER SPATS:0241887 BLK ●KIDS CA

            スキ
            110

            そうだ、今日は家族でグランピングに行こう!【後半】

            前半の記事はこちら お腹いっぱいになったところで施設内を散策。 今日は家族でおそろいコーデ。実はこのウェア、見た目だけではなく虫を避けてくれる加工や濡れてもすぐ乾く機能など、アウトドアであったらほしい機能も満載なんです。 きれいなお花を見つけパシャリ。 チョークでお絵かきできる壁。大人もつい夢中に。 屋内にはテーブルサッカーゲームやダーツ、ゆったりくつろげるスペースもあり、雨の日でも楽しむことができます。 テントの中はかわいいラグやクッション、ぬいぐるみなどがあり

            スキ
            130

            そうだ、今日は家族でグランピングに行こう!【前半】

            都心から車で1時間、アウトドア初心者の方も、手軽にキャンプ気分を味わいたい人も楽しめるグランピング施設「The Forest Garden KIMINOMORI」 にやってきました。 今回はBBQメインの日帰りプラン! 着替えの荷物もなく、ほぼ手ぶらで来れちゃいます。 素敵な外観のレストラン横の道を歩いていくと、ドーム型の白いテントが並ぶグランピング施設に到着。 自分たちだけのプライベートテントにテンションも上がる! もちろんテントの設営はいりません! まず始めはピザ作

            スキ
            141

            念入りに撮影の下見をしてきました

            4月12日(火)長野県にあるHYTTERLODGE&CABINS(https://hytter.jp/)にやって参りました。 東京から車に乗って約3時間、長野県茅野市にあります。 気温は20度快晴です。気持ちがいい!! この日の目的はロケハン(撮影の下見)です。 毎年、FOOTMARKNATURALのHPでは特集ページを更新しています。 昨年は、三浦半島の油壷、その前は栃木県のキャンプ場で撮影を行いました。 僕たちメーカーの仕事は、商品を企画したり、生産したり、販

            スキ
            154

            意外と知名度があったモルック

            皆さん、突然ですが「モルック」というスポーツ?ゲーム?をご存じですか? 2022年3月19日&20日すみだそよかぜマーケットにフットマークナチュラルは出展致しました。 お陰様でお天気にも恵まれ、大変多くのお客様に来場いただきました。 ありがとうございます! イベント当日は、アウトドアで楽しめるゲーム「モルック体験会」を実施しました。 これがもうめちゃくちゃ盛り上がりました。 モルックとは 簡単ですが、少しルールを説明します。モルックはフィンランド発祥の

            スキ
            143

            僕の奥さんも認めた、自信作!!

            2022年2月17日~クラウドファンディングサイト「マクアケ」に挑戦しております。 昨年の7WAY BAGに続いて2回目の挑戦です。 今回の商品は「洗濯ネット付き防水トートバッグ」です。 マクアケリンク アウトドアのプチストレスがヒントに 年間を通してアウトドア楽しんでいる僕。 ただ夏場の海や川での衣類の洗濯にはプチストレスを感じていました。 アウトドアって行きは楽しいことばかり。 どこへ行こうかな?何しようかな?何時に家をでて、何時に到着して、どこか

            スキ
            155

            インタビュー【小番編後半】

            さて、前回に続きフットマークきってのグランピングマスター小番さんに、グランピングの魅力を伺いました。今回はキャンプで感じたお子さんの成長から小番さん厳選!おすすめグランピング施設のご紹介です。 <小番(こつがい)さん> フットマークが誇る喜劇王でもありグランピングにはまっている人。3人家族(小番さん、奥様、息子さん)。 ■グランピングで感じる子どもの成長 藤家:いつもどのへんに行くことが多いですか? 小番:千葉が多いかなあ。おかげさまで車の運転も自然とうまくなった。 

            スキ
            131

            インタビュー【小番編前半】

            今回はフットマークきってのグランピングマスター小番さんに、グランピングを始めたきっかけ魅力などを聞いてみました。前後半の2回にわたり、お届けしたいと思います。 <小番(こつがい)さん> フットマークが誇る喜劇王でもありグランピングにはまっている人。3人家族(小番さん、奥様、息子さん)。 ■グランピングはちょうどよいアウトドア体験 藤家:小番さんがグランピングに行くようになったきっかけは何ですか? 小番:元々奥さんが行きたいって言ってて、たまたま人気のあるグランピン

            スキ
            154

            インタビュー【石原編後半】

            さて、前回に続きフットマークきってのキャンパー石原さんに、キャンプの魅力を伺いました。今回はキャンプでの料理や移動、積み込み問題あるあるについてお話していただきました。 <石原さん> フットマークが誇るキャンプ一家。5人家族(石原さん、奥様、双子の娘さん、ボストンテリアの龍馬)。 ■キャンプ料理藤家:料理はどうしていますか? 石原:家族だけで行くときは、簡単な肉とか魚を焼いたり。あとは鍋っぽい    ものにしたりとか。トマト鍋、アヒージョみたいな洋風にするときも    あ

            スキ
            157