鷲美愛(エディターアイコ)ドゥコンシェルジュ

アイコです。好きなものは無花果の香りと喫茶店の茶色い色。コーヒーを淹れながらコーヒー豆の生まれ故郷を旅する妄想に耽るのが日課です。 HP→istudiosonline.com https://www.instagram.com/aiko.washimi

鷲美愛(エディターアイコ)ドゥコンシェルジュ

アイコです。好きなものは無花果の香りと喫茶店の茶色い色。コーヒーを淹れながらコーヒー豆の生まれ故郷を旅する妄想に耽るのが日課です。 HP→istudiosonline.com https://www.instagram.com/aiko.washimi

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    コーヒーのない毎日なんて。さぁ、おうちコーヒーを始めよう

    誰かに淹れてもらうコーヒーが好きで、自分で淹れることは仕事以外ではなかったのですが最近はすっかり日課になっています。これが始まったのは、素敵なカフェで仕事をするのが日課のフランスのとある友人が「おうちでコーヒーを淹れるのが楽しみになってきた!」なんて言っていたから。 彼女は最近になってようやくコーヒーを飲めるようになったようで、ドリップも同様。そんなことを聞いてしまっては、バリスタの血が騒ぐわけです。 さぁ、あなたも一緒に始めてみましょう。コーヒーのある毎日を。 必要な器

    スキ
    31
      • トウキョウトリップ〜深い深いコーヒーの沼へと潜る

        半年以上ぶりに東京に行って参りました。 というか今回はかなり降って湧いた幸運な予定で、軽井沢での結婚式にお呼ばれしたというのが始まり。大阪在住の私は帰りのルートで寄り道しながら帰ることにしたというわけです。 さて、お久しぶりの東京。どこへ行こうかしら〜からの真っ先に候補として上がったのがこちら。蕪木(kabuki)さん。もうここはまるで行ったことがあるかのように既に陶酔していて、本当に誰にも教えたくない気持ちでいっぱいだったのですが、本当に素敵だったので書くことにいたしま

        スキ
        15
        • エルメスのオレンジ、レクイエムの白

          「共感覚」という言葉を聞いたことがあるだろうか。パリに住むフリーランスのとある美人社長から聞いたこの言葉は、この歳になって初めて聞いた言葉だったのだけれど、ざっくりとした説明を聞いたところまでは当たり前の感覚だと思っていた。 どうやら「共感覚」というのは「絶対音感」のそれと似ていて、人が本来持ち合わせているものの大人になるにつれて無くなったりするものらしい。ようは「音」や「数字」として認識するものを「色」なんかの他の感覚と併せみて認識するという感覚らしく、持っていない人から

          スキ
          10
          • 【ご報告】コーヒーオーナーになりました

            ここ数年のうち、いやもっとかもしれない。私にとってとてつもなく興奮したことが起こったのはつい先日のこと。私はコーヒーの木を手にしたのだ。ちょっと意味が分からないと思うので説明しますと、事の発端はこの方。 今コーヒーをより堪能するためのコンテンツを作っているのですが、その資料を見たりしていたところ見つけたのがこの記事。なんだこれ。 この方、東京で「ライトアップコーヒー」っていうカフェをされてる方なのですが、深煎り派、それもがっつりスターバックスマニアなので残念ながらいただい

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 香水マニアの聖地がここに。大人のおもちゃがたまらない

              香水を付けているひとは数知れず、香水の中でもニッチフレグランスの類に恋をしているひとはさほど多くない。私たちは香りはもちろんのこと、そのフレグランスが生まれた所以や時代背景、その香料の希少性や蒸留方法すべてを総合して恋におちるのだ。 まぁ香りの背景までならまだしも、蒸留方法まで話し出すとなると途端に恥ずかしくなるぐらい引かれてしまう事も多い。にこにこされながら興味がないんだろうなぁと思ったらこっそり引き下がってしまうほど、ニッチな領域であることに異論はない。 だからこそ、語

              スキ
              18
              • 枝豆を引き立てるのはきりりとしたあれでした。本日のティートット・アペロ

                ようやく外食も出来るようになって訪れたのは、うちから徒歩3分ほどのところにあるビストロ。もうこちらに引っ越してからずっとお世話になっているのだけれど、いつも奇を衒わないのにあっと言わせてくれる手の込んだごはんにありつける。もう、シェフを好きにならずにはいられない。 さて、先日お突き出しに出てきたのが非常に気に入り、3回ほどおかわりしてしまったのがこちら。通常メニューでもないのにいつもありがとう。本当に美味しかったの。 使われているのは旬のもの。枝豆に鶏のササミに、アクセン

                スキ
                10
                • 愛の香り。シャネルの19番をめぐる

                  少し濃い臙脂色の、まるで開けてはいけないかのようなドレッサーが母の寝室にあって、そこに大事そうに婚約指輪と一緒にしまわれていたのがこれだ。 シャネルの19番。1970年に世に出たそれは、まるで斬新でこれからの新しい社会を連想させるもので、鎧のように身に纏う時代の象徴なのにいつの間にか消えてしまう儚いものだった。香りは、いつだって力を持っているのに儚くて、すぐにかき消されてしまうのだ。 おそらく誰もが「爽やか」「ポジティブ」なんて印象を持ちそうなそのグリーンに満ち満ちた香り

                  スキ
                  12
                  • コーヒーが私と繋いでいるもの

                    「スターバックスってすごい教育されてるんだよね」 「何が?」 「だって、働いてるひとみんな優しいじゃん」 働き始めた頃こんなことをよく言われるようになったのだけれど、正直そんなことは知らなかった。ただ、何となくすれてなくて治安の良さそうな職場だなとは思っていて、正直なところサービスは普通レベルだ。 ただ、働いている側の「普通」のレベル感が異常に高いのかもしれない。 だから、教育は「普通」なのだ。 常連さまのことは誰もが覚えているし、どのポジションにいても手を振ったり会釈を

                    スキ
                    16
                    • 私の髪とこころに触れるあのひとのこと

                      この人すごい人じゃないの。 なんだか圧倒されてしまった。 彼はもう半年近く、私の髪を扱ってくれている人だ。もう若くない私にとっては人に髪を触らせるだなんてそうそうしたくないもので、それを恥ずかしいと思わずにいさせてくれるのは、おそらく世界中で彼ただひとり。 見た目がちょっとロックなだけにおそらく勘違いされてしまうこともあるような気もするのだけれど、ものすごく丁寧で語り口が穏やかで、こちらを伺うようにじっと見つめる仕草にいつの間にか惹かれてしまった。だって、椅子からシャワー

                      スキ
                      7
                      • あなたの世界はあなたを中心にして回る。自覚するべき軸の話

                        学び始めて2年近く。私のライフワークはこれを中心に成り立っています。それが「情報発信」。 最近になってこそ耳にする機会は増えたかもしれませんが、数年前まではまだまだ怪しいタイプの形容詞でした。「寝ててもお金が入ってくる!」みたいなやつ、ではありません。誰でも始めることが出来るうえ難しいことはさほどありませんが、途方もなくストイックでなければ成功することはなく、やるべきことはひたすら自分と向き合うということ。さて、紐解いてみましょうか。 情報発信とは「情報発信」とは読んで字の

                        スキ
                        22
                        • 残ったカレーを焼いて楽しむ。本日のティートット・アペロ

                          私のパートナーはおやすみの前になると、時折とてつもない量のカレーを煮込み出します。お肉を漬け、玉ねぎを山のように刻み、にんにくにスパイスにうんちゃらかんちゃら。 もちろん美味しいのですが、まぁ数日間残るわけです。カレーライス。カレーライス。カレーうどんときてからのカレーライス… 今週もまた、それもちょびっとだけ残っていましたので、お昼にごはんを入れて焼いてしまうことに。私がいただいたのはひと息遅くもう夕方でしたので少しだけ。彼は既に食べてしまっていたため、お鍋に火を入れると

                          スキ
                          5
                          • しっかり白と黒の二層に分けたいのなら、氷を入れましょう。そしてコーヒーはとてつもなくそおっと注ぐこと。それでも難しければミルクにシロップを注いでからね。 今日も素敵なコーヒーライフを! https://www.instagram.com/aiko.washimi/

                            スキ
                            3
                            • ビジネスコミュニティって入ってる?最近流行りのオンラインサロンの話

                              「オンラインサロン」というと西野亮廣さんのものが有名ですが、まだまだ世間には怪しいと思っている方が多い様子。 同じようなもので「ビジネスコミュニティ」っていうものがありますが、まぁ似たようなものです。 どう考えてもこれからこういったコミュニティの細分化が進んでくる世の中になるわけですが、入ってみるまではちょっとこわいもの。今日はこんなちょっと堅めのお話をいたします。 コミュニティとオンラインサロン今まで両手で足りるぐらいのそういったものに参加してきましたが、要は何かの目的を

                              スキ
                              12
                              • 存在感出してますか?&ROSYのおまけ眉マスカラで垢抜ける

                                ここ最近雑誌の付録というものにとんと興味が無かったのだけれど、久しぶりに付録目当てで購入したのが「&ROSY」。私はdマガジンに登録しているので読むのはそっち。でも手にするとやっぱり、紙媒体っていいよね。 購入したのは井川さまが麗しいこちら。 結構売り切れてるとかっていう情報が多かったのですが、普通に近所のコンビニでお買い上げすることが出来ました。おまけはデジャヴュのアイブロウカラーと眉バサミ。これが付いて1350円だそうです。雑誌が要らないとなると別に安くも無いような気

                                スキ
                                8
                                • the Ordinary 購入レポート続編。お肌を整える更生美容液

                                  私の美容レポの中でかなり上位人気に位置しているのが「the Ordinary」のものなのですが、実は色々ありまして今回は第二弾の購入レポです。 前回の購入品はこちら。 ・ビタミンC サスペンション 23% + ヒアルロン酸球体 30ml ・ナイアシンアミド10% + 亜鉛1% ハイストレングス ビタミン&ミネラル ブレミッシュ フォーミュラ 30ml ・AHA30% + BHA2% ピーリングソリューション 30ml ・カバレッジファンデーション SPF 15 by ジ オ

                                  スキ
                                  3
                                  • オイルなのに肌こすってませんか?水クレンジングのすすめ

                                    もう数年前から水クレンジングをしているのですが、この超人気商品に手を出したのははじめて。どこかしらで見たことがあるであろう、「ビオデルマ」の水クレンジング。 BA時代に毎日濃ゆい顔をして過ごしたせいでクレンジングは結構ちゃんとしてきたはず。なのですが、メイクを落とさずに眠る日もしばしば。おかげで結構いいお値段がするものにも手を出してきたのですが、ちなみに今までよかったものをあげるとSK-II、ゲラン、HACCI。それぞれゲル、クリーム、オイルにミルク(特にHACCIのミルクク

                                    スキ
                                    6