マガジンのカバー画像

お出かけ

11
コーヒーと美味しいものを巡るお出かけの記録です。また訪れることを夢見て。
運営しているクリエイター

記事一覧

香水マニアの聖地がここに。大人のおもちゃがたまらない

香水を付けているひとは数知れず、香水の中でもニッチフレグランスの類に恋をしているひとはさほど多くない。私たちは香りはもちろんのこと、そのフレグランスが生まれた所以や時代背景、その香料の希少性や蒸留方法すべてを総合して恋におちるのだ。 まぁ香りの背景までならまだしも、蒸留方法まで話し出すとなると途端に恥ずかしくなるぐらい引かれてしまう事も多い。にこにこされながら興味がないんだろうなぁと思ったらこっそり引き下がってしまうほど、ニッチな領域であることに異論はない。 だからこそ、語

スキ
18

優しい甘さに癒されたい。スタバで買える黄金色したむっちりカステラ

東京に出張で出かけたついでに、やっぱりここだよね。と思って立ち寄ってきたのが、スターバックスコーヒーのあのロースタリー。だって、東京なんて行かないとここ来れないし。もう、どちらが目的なのか分からないほどに楽しみにしておりました。 そっちのレポは後にするとしまして、とんでもなく可愛い、しかも実用的なお土産を見つけてしまったのです。 それがこちら。 えっ、なんなのこれ? 大きいバージョンも売っていたのですが、これ、なんとカステラなのです。 コラボしているのは、「カステラ

スキ
8

【大阪キタ〜肥後橋エリア】フリーランスが足しげく通う、妄想捗るラグジュアリーカフェ

数ある大阪のカフェの中でもノマド向けに紹介しております、本シリーズ。まだ続いております。 今回は、ラグジュアリーで非日常感を味わうことが出来る素敵カフェをご紹介。正直作業というよりは、美しいものを堪能しながらの、妄想に向いています。いつもと違う思考で、今後についての妄想に励みましょう。 今回も大阪と言えど、大人な西側ゾーンです。 こんな方におすすめです。 ・大阪に初めてきたけどハズさないラグジュアリーカフェに行きたい ・スタバ飽きたから高級感のあるいい感じのカフェに行き

スキ
6

【大阪キタ/新大阪エリア】スタバマニアが足しげく通う、作業が捗るスターバックス

ノマド御用達カフェは数あれど、私の場合は現役の頃からスターバックスでしたのでほぼ日スタバです。さて、そろそろ徐々に自粛ムードも終わりつつあるところで、家で仕事をするのにも慣れてきたけどカフェでお仕事するのがやっぱり楽しみって方々も多いのではないでしょうか。 今回は、山のようにある大阪駅周辺と私の近所でリアルにヘビーローテーションしているスタバを掲載いたします。 大阪駅周辺で人気のところですと、丸ビル?プラザビル?アプローズ? 残念ながら違います。 基本的に中心部に近けれ

スキ
7

【大阪キタ〜肥後橋エリア】コーヒーマニアが足しげく通う、作業が捗るおしゃれカフェ

数ある大阪のカフェの中でもノマド向けに紹介しております、本シリーズ。 前回はこちら。【大阪キタ/新大阪エリア】スタバマニアが足しげく通う、作業が捗るスターバックス 今回は、女子の皆さまが大好きな、おしゃれカフェです。 しかも作業が捗る ・手元(右利きなら特に左側)が明るい ・後ろに人が通らない ・出口が見えている ・机の高さがちょうどいい という条件を満たしていてしかも寛げる、空間がおしゃれ。どれもヘビーユーズしていますが、お役に立てば嬉しい限りです。 今回も大阪と

スキ
9

キョウトリップ〜ウィーンを熱くした青いボトルと、京都のテリーヌ

六角堂の余韻を楽しむべくちょっとコーヒーでも。すぐそばにあるスターバックスではなく、東へ少し歩くと見えてくるなんだか辺鄙な自転車を掲げた小さな店舗へ。京都では2店舗目となる「ブルーボトルコーヒー京都六角カフェ」です。 まさか、こんな街中に出来るだなんて思ってもいなかったので、京都に来たら寄るカフェリストに既にインしています。ブルーボトルコーヒーって、サードウェーブの流行とともに一気に有名になった気がいたしますが、コーヒーに携わっているなら知らないわけないであろう元々錚々たる

スキ
4

キョウトリップ〜萌ゆる六角柳と太子堂への招待状

京都は四条駅からほど近い六角堂をご存知でしょうか。もちろん京都にはたくさんの歴史的な建造物がそこここにあるという素晴らしい街ではあるのですが、その分もう人が多いのなんの。その中でも仕事帰りにふらっと立ち寄ってしまいたくなるほどの美しさと、威厳と、タイムスリップしたような静けさを感じることが出来るのがこちら。紫雲山頂法寺六角堂です。 市内のど真ん中にある割にはさほど混んでいることはなくて、しかも聖徳太子が建てたお堂。こんなにも歴史があるのになんだか気取らず、それでいて観光客で

スキ
6

キョウトリップ〜世界レベルのエスプレッソと、ココだけのカヌレと

バリスタ時代働いていたお店のすごい先輩がお店を開くらしい。これを聞いてからわくわくして開店を待ちまして、ようやくお邪魔できたのが半年ほど前のこと。お会いしたこともないのにすっかり憧れを持ってしまい、事あるごとに立ち寄っています。 それがこちら。京都は烏丸御池にある「here(ヒア)」。コーヒーマニアには既に有名なラテアートチャンピオン山口 淳一バリスタ待望のお店。この方、お店やサイト、諸々のデザインから写真からとにかくセンスの塊で今や色々とプロデュースをされているようなので

スキ
6

キョウトリップ〜並んででも食べたいふるふるもつがとろける和醸良麺

京都って意外と美味しいお店が少ないんですよね。もちろん美味しいところは美味しいのですが、正直なところ、高かろう美味かろうです。そんなの当たり前です。 繁華街四条で働いていたのですが、たまの外食リストに欠かせなかったのがこちら。「和醸良麺 すがり」。ラーメンでも有名な京都ですが、お店が多いのは二条城の近くなんかのかなり北のほうばっかり。いやいや、遠いねん。ほんで学生も多いからやかましいねん。 そんな中でも近くて美味しくてリピートしていたのがこちらです。 四条駅からほど近い、居

スキ
11

キョウトリップ〜象工場の濃密コーヒーと、時間を味わうチーズケーキ

京都がすっかり遠のいてしまったここ数ヶ月。ちょっとしばらく載せられないなぁと思っていたのですが、解禁までもカウントダウンとなってきたところで掲載することにいたしました。京都には1年ほどですが住んでいたこともあり、観光ポイントではないのですがお気に入りの場所がいくつかあるのです。 今回のテーマはカフェと京都らしい風景。1軒目に選んだのはコーヒー好きなら知っているであろう京都の名店、「エレファントファクトリーコーヒー」。ここ最近の浅煎りブームとは一線を画する、クラシカルな喫茶店

スキ
7

東京で楽しめるイタリアを。スターバックスロースタリーで味わうプリンチという贅沢

出来てからというもの盛況に盛況が続きまぁしばらく行けないだろうなぁと思っていた、スターバックスコーヒーのロースタリー。以前行った時には整理券をいただいて45分待ち。次はプリンチ(イタリアのベーカリー)の焼きたてパンを食べたいなぁ。と思って来たのが今回(今年の1月)です。 「もう結構普通に入れるみたいよ」との声を信じ、お昼過ぎに来店。いまだに警備員的な人はいらっしゃいましたが、整理券システムは終了している模様。いっぱいだった一階のお席もちらほら空いていますね。スーツケースを引

スキ
11