easyrider

行政等も含め教職経験20年以上の教員です。 授業や学級経営、学校組織マネジメント、働き方改革など教育に関するコラムやエッセーを気の向くままに書いています。 これからの教育を担う若手の先生方の一助になればと考えています。

学校の取組の取捨選択の判断基準

学校がスクラップ&ビルドではなく、ビルド&ビルドになる理由として、学校は取捨選択する基準をもちにくいことがある。 教育行政であれば、予算が付くのかどうかが取組を…

1日前

長時間労働の最大の弊害=能力開発の機会喪失

「働く過剰~大人のための若者読本~」という本の中で、労働経済学が専門の玄田有史氏は、次のことを書いている。 【データから垣間見れる長時間労働の最大の弊害とは、能…

2日前

パネラーから何を引き出すか

今回、私がファシリテーターとして関わる「働き方改革」のパネルディスカッションのパネラーは、学校の先生、管理職、教育委員会の指導主事、地域の方当、様々な立場の人た…

3日前

パネルディスカッションの前提をそろえる

働き方改革のパネルディスカッションのファシリテーターをすることになった。ファシリテーターの役割の1つに「前提」をそろえることがある。働き方改革について協議する前…

4日前

緊急事態下のリーダーシップを考える

オミクロン株が猛威を振るい、新型コロナウイルスの爆発的感染が広がっている。デルタ株等と比較して、重症化リスクが低いといわれているものの、教職員や子どもの感染者が…

5日前

児童に向き合う時間を改めて考える

今の学校の課題の1つに「児童と向き合う時間が不十分である。」ことがよく挙げられる。 ある新聞には、朝からびっしりと予定の詰まった「ある教師の1日」が掲載され、トイ…

6日前