ヒラサワエイコ

自称フルスタック日本語教師。印刷会社、出版社、派遣社員などを経験後、日本語教師へ転向。地方の日本語学校、地域日本語教室→大学院進学(上京)→日本語学校(都内)→ビジネス系専門学校(都内)→日本語学校(山間部)→フリーランス(イマココ) 言語教育の可能性を信じて、あれこれ模索中。
    • #言語教育を考えるヒント
      #言語教育を考えるヒント
      • 15本

      「日本語教育」もっと広く捉えて「言語教育」は今後どうあるべきか? 今の日本語教育に対する疑問や言語教育の可能性についてあれこれ考えて書いたことをまとめてみました。

    • VOICEにほんごプロジェクト編集室
      VOICEにほんごプロジェクト編集室
      • 8本

      VOICEにほんごプロジェクトのメンバーが、プロジェクトに関わりながら、体験したこと、考えたことなどを発信します。

    • #書評
      #書評
      • 6本

      書評というか、本を読んで考えたこと、感じたことについて書いたものをまとめました。

    • 【連載】越境する日本語教育
      【連載】越境する日本語教育
      • 3本

      自称フルスタック日本語教師・フリーランスのえいこさんのマガジンです。業界を超えて、日本語教育がつなぐ世界について書いていきます。

固定された記事

外国人のリアルな声を発信するプロジェクト「VOICEにほんご」を始めます!

突然ですが、プロジェクトを始めることにしました。 その名も「VOICEにほんご」プロジェクトです。日本で暮らす外国人当事者のリアルな声を集め、日本語で発信しようとい…

「読解力」を測定するということ

12月の日本語能力試験(以下JLPT)まで、あと1ヶ月となりました。今年は、コロナウイルスの影響で、7月の試験が中止になってしまったため、12月の試験が今年唯一の機会とな…

オンライン授業に取り組めない学習者の阻害要因を考えてみた

コロナ対策による授業のオンライン化が一般的になって、はや半年が経ちました。 現在、私も、非同期と対面授業を組み合わせたハイブリッド型の授業を行っています。といっ…

言語教育におけるアウトプットの意義

最近、言語教育におけるアウトプットについてよく考えています。 山の日本語学校では、カリキュラムに「アウトプット」と名付けた時間があったくらい、「アウトプット」を…

「ことば」が規定するもの ー「認知症」という言葉をめぐって考えたことー

最近、介護分野の日本語教育に関わるようになって、よく聞く言葉に「認知症」があります。両親が高齢になり、「認知症」は私自身にとっても、身近な言葉となりつつあります…

「日本語教育の参照枠」一次報告を読んで考えたこと

現在、文化庁から、「『日本語教育の参照枠 』一次報告(案)」に関するパブコメが募集されています。 締め切りは、8月3日(月)です。いつものことながら、締め切りギリ…