お題

#自己紹介

あなたの「 #自己紹介 」記事を投稿してください!自己紹介記事はプロフィール設定するのがおすすめです。 詳しくはこちら

新着の記事一覧

ここからまた、始めよう(自己紹介・私について)

起業して2年、noteはじめて1年余りが経ちました。 それまでの看護師人生を一度離れ、右も左もわからないながら、私なりにそのときできることをやってきたつもりです。 そんな今、思うことや自分のこと、これからのありたい姿について、アウトプットしておきたいなと思います。 一度離れることで、見えてきた 一度『看護師人生』を離れたといっても、 同じ職場に一筋な、立派な看護師だったわけではありません。 とても褒められたものではないので、 様々な職場経験だけはあります、とだけ。

スキ
2

ある歌詠みの略歴

(※初期は「葛紗」のみの名義で活動) 2010年頃     ▽作歌活動開始 2011.7         ▽携帯公式サイト「短歌道」(株式会社ヴイワン提供。現在閉鎖)コンテスト 銅賞 受賞  →短歌関連の公募で初めての受賞に味を占める。以降、「短歌道」が閉鎖する2013年頃まで銅賞2回、銀賞5回、金賞2回を受賞する。 2013年       ▽第2回twitter怪談短歌コンテスト 東直子賞・次点  →のちに『怪談短歌入門 怖いお話、うたいましょう』として書籍化された際

履歴書のさ、職歴欄に空白を作るの怖くない?

ううん…まあ、怖いですよ。多分会社を辞めて暫くしたら今以上に恐怖と焦燥感に駆られるんじゃないかなって思います。一人なわけですし、社会的な繋がりを失うので、孤独感にも苛まれるかもしれませんね。 会社の中には自分のこの選択は間違いだと思っている方が大半でしょうし、家族との死別でヤケになった、頭がおかしくなったと噂されているかも。 大切なものを失った時に下す大きな決断というのは、大半を感情に支配された状態で出すものなので、間違いとなることが多いのもわかります。 でも、前にも言

自己紹介的ななにか

はじめまして 最近いろんなことがあるので、覚えておくことが難しい、、、 知識をノートに書いておいても忘れる、、、 ということで備忘録的にいろんなことを記録出来たらと思っております。 メインで書くことは次のようなことになると思います。 ・仕事関係 ・ゲーム関係 ・読書感想文 ・日記的ななにか お付き合いいただけると幸いです。

スキ
1

【自己紹介】24歳、女、社会人になった。

自己紹介が苦手だ。 「一番すきなもの」「特筆すべきこと」しか書いてはいけないような気がして、何も書けなくなってしまう。 が、note公式さんにしつこく「自己紹介記事を書こう」とおすすめされている(気がする)ので、頑張って書いてみようと思う。 24歳、女、4月から社会人になった。 いわゆるリケジョ、研究職をエンジョイしている。疲れるしストレス溜まるし本が読めていないけど、でも、とても楽しい。 好きな色は白〜ベージュを通って茶色のライン。 アクセサリーは金派、イヤリングは

スキ
2

土曜日のロミオとジュリエット - おかしいなあ、最初は、プロコフィエフ、チャイコフスキー、ベルリオーズのロミオとジュリエットのはずが、オリビア・ハッセーが邪魔をした・・・

土曜日のロミオとジュリエット - おかしいなあ、最初は、プロコフィエフ、チャイコフスキー、ベルリオーズのロミオとジュリエットのはずが、オリビア・ハッセーが邪魔をした・・・Olga Scheps live: Prokofiev Sonata No. 7 Bb-major, Op. 83 Prokofiev: Romeo and Juliet Suite - Radio Filharmonisch Orkest led by Antony Hermus, Alena Baeve

スキ
9

【自己紹介】人生の主役は自分しかいない

はじめまして、小林大雅です。 このページでは、僕が個人事業主になって人生を豊かに出来た話をまとめています。 社会人1年目、エンジニア文系の4年生大学を卒業して、僕は晴れて新社会人になりました。 僕は未経験でありながら、プログラマとして就職しました。 プログラマとして就職した理由は、所属していた研究室(通称:ゼミ)の教授にIT業界を薦められたからです。 実家に帰ることは決まっていたので、地元にあるIT企業の面接を受け、一番最初に内定を頂いた企業にとりあえず入社しました。

スキ
3

僕がMEO対策を行う理由

コーヘイです、 今回は、なぜ僕がMEO対策を行うようになったのかと、MEO対策にかける想いを簡単にお話します。 この記事が、あなたのビジネスにGoogleマップを活用するきっかけになり、ビジネス拡大に少しでもお役に立てれば幸いです。 人生を変える大きな決断 僕は、そこら辺にいるごく普通の少年でした。 幼稚園、小学校、中学、高校、大学と皆が同じように進む道を歩んできました。 中学、高校、大学と少しずつ大人の階段を登り始める年頃は、徐々に社会に出ることや自分と他人との違

スキ
2