ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!

ホーチミン在住8年目。日本1,500件、ホーチミン+東南アジア諸国2,000件以上の食歴を元にしたあれやらこれやら。ホーチミンライフをもっと美味しく、もっと楽しく!!ホーチミンの美味いもん→ http://cheritheglutton.com

ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!

ホーチミン在住8年目。日本1,500件、ホーチミン+東南アジア諸国2,000件以上の食歴を元にしたあれやらこれやら。ホーチミンライフをもっと美味しく、もっと楽しく!!ホーチミンの美味いもん→ http://cheritheglutton.com

    マガジン

    最近の記事

    009 ちぇりがホーチミンを好きな理由 No Good is Good②

    ◆今回の No Good アイテムは?さて前回の、 に続いての、ちょっとこじつけ、ちぇりがホーチミンを好きな理由の、No Good is Good、第二弾。これまたプールで思い至った話なんですが… 今回、ほとんど泳げないくせに泳ごうとした経緯は前回書いた通り、ファスティングの結果をより引き出すためのエクササイズ。ただし、体に負担をかけず、またジムやプールに行く時間もかけず、好きな時に好きなだけを気軽にできるものを、という大変わがままな基準で選んだところ… 自分が住むマン

      • 008 ちぇりがホーチミンを好きな理由 No Good is Good ?①

        ◆今回ちょっとこじつけです別にこれはホーチミンに住んでなくても気づけたことかもしれませんから、本当なら「ホーチミンを好きな理由」には入らないかもしれません。 でもホーチミンの環境だから気づけたことでもありまして。 キーワードは、プール。 プールつきの家、では流石にありませんが、日本だったらマンションでも、プール付きってそんなに多くはないと思うんです。ってか、私の経験値なので地方での話ですが。 ジムやプールは、スポーツクラブに行って楽しむもの、という感じが自分の中にはあり

        • 007 ちぇりがホーチミンを好きな理由 ホーチミンに住むことの 何がそんなに楽しいの?

          ◆怖いことばかり書いてましたね私のメディアは自分のブログがメインで、食べ物のことをもに書いてます。エッセイ的なものなどはそこにそぐわないかな?と思ってこちらに書いているのですが… ホーチミンで嫌な思いをして欲しくなくて、怖い思いをして欲しくなくて、振り返るとついつい怖いことばかりを書いてきた気が。 病気のこと、交通事情や事故のこと、脆弱な医療体制のこと、スリその他の金目当ての犯罪のこと…それらがあるのも嘘ではないし、やっぱり気をつけてほしいことだとは思いますが、怖がらせて

          • ちぇりがホーチミンを好きな理由 006 Happy For You

            ◆Phu Quoc で起こった出来事今回起こったことは Phu Quoc での出来事なので、正確には「ホーチミンを好きな理由」ではなく「ベトナムを好きな理由」になるのですが… 今ブログで紹介している、先日の Phu Quoc 旅行の中でも、一番印象深かったこと。楽しかったこと。嬉しかったこと。 それは大きなリゾートホテルの中ではなくて、最初に泊まったこじんまりとした地味目の M Hotel Phu Quoc というホテルでのことでした。 https://cherithe

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ちぇりがホーチミンを好きな理由
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!
          • ホーチミン LIFE で知っておくべきアレやらコレやら
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!
          • 海外で気をつけたいこと(一般)
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!
          • COVID19(コロナ)とベトナム
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!
          • ちぇりと食べ物とお店
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!
          • ホーチミンの旅人に、ちぇり的ガイド!
            ちぇり の Love & Live in ホーチミン!!

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ホーチミンに来る方必見!隔離を美味しく過ごすために!

            ベトナムへの入国時隔離が3週間になる可能性Covid-19 に関する対策において、2021年2月1日より、 隔離期間が21日間となる可能性が出てきたようです。現在まだ当局からの原文は入手できていないのですが、現在、隔離前提で入国日が近い方は念のために、 滞在先のホテルにご確認ください。 また携帯すべきお薬やその他の必需品も、ゆとりを持ってお持ちください。 もし手配に関して代行期間をお使いの方は、そちらにも確認されることをお勧めします。(追加料金などが発生する可能性大)

            ベトナムだけでなく、駐妻になったら気持ちの変化に気をつけよう

            ◆駐妻と呼ばれる立場になった駐妻、と呼ばれる際には、いろんなニュアンスが含まれる気がするのですが、私はまぁお気楽なものです。ただそうなるまでに、これでも一応の葛藤はありました。 同じように、思うところがある方も多いと思うのですが、なかなか人に話せないこともありますよね。ただ、諸々悩まれるのはご自身だけじゃないという事を知ってほしい。 そこで、自分が経験してきたこと、見聞きしたことをなどを集めて見ました。大変さは人それぞれだし、解決策も一つではないのですが、気持ちの上での大

            ちぇりがホーチミンを好きな理由   005 持込OK・鷹揚な人々

            ◆南国はゆるい?一般に暖かい地方は全体にゆるい、なんてことが言われますが…はい、ゆるいです(笑) ベトナムは南北に長い国なので、北のハノイと南のホーチミンではまた随分様子が違うようですが、ホーチミンに至っては、かなりゆるいと思います。 そのゆるさがお仕事に持ち込まれた時には、「キー!」となる向きもおられるかと思いますが、人を許すということは自分を許すことでもあるので、慣れるとこれがとても楽。 一面、こりゃ日本に帰っても通用しないんじゃないか?と自分なんかは感じてますが、

            ベトナム COVID-19第二波状況 Raffles Medical中島医師によるまとめ 2020年8月10日現在

            ◆私の自主隔離、明けましたさて2020年7月にCOVID-19第二波に見舞われたベトナム。中部地方ダナンで陽性者が見つかって以降、例によって素早い対応を繰り広げています。 【VIET JO】コロナ第2波震源地のダナン、4日で臨時病院を完成 実は我が家も自宅隔離状態。7月の上旬に家人がダナンに行っていたため、 7月1日以降に、ダナンに行った人は健康申告をした上で検査を受けるように と言う指示を守り、自主隔離。ダナンに行った当人だけが該当者でしたが、筋を考えれば、万が一陽

            ホーチミン 2020年7月30日時点 Covid 19 事情について

            解放されつつあった国内事情に再び徐々に日常を取り戻しつつあったベトナムですが、2020年7月第3週辺りより、Covid 19に関して不穏な様相再び。 99日連続市中感染者が出なかった記録は100日目達成ならず。ベトナム中部にあるダナンという観光都市で、Covid 19 感染者が発生しました。聞いたところによると、海外どころかダナン市内からも過去数カ月は出ていないとされるベトナム人男性57歳。 移動少ない方のようだったと聞いて一度は安堵しかけたのですが、移動や外国人との接触

            ホーチミンで、ちょっとした傷の為に備えるべきもの

            ◇救急キットに入ってないけど備えるべきものさて先日は別記事で、家に常備しておく救急セットの話をしました。 実際なんだかんだで、家に備えた直後に、やれガーゼなどを止めておくテープが必要になったり、ちょっとしたものが必要になって、無ければないでやり過ごせたのかもしれないけど、あってよかった場面がちらほら。 ただ、この中には入っていない、でも持っておいた方が良いなと思うものがあるんですよ。これ、安いものだし絶対備えておいた方が良い。 ◇傷口を負ったら、まずどうします?転んです

            ベトナムあるある?突然のお引越し通告顛末記

            ベトナムあるある物件事情私はホーチミンで暮らすことが大好きですが、外国人ならではの大変なお話もよく聞きます。そんな中の一つが、物件の賃貸契約。 概ね穏やかに過ごせることの方が多いのですが、特にお店などをされている方が唐突に家賃二倍通告を受けたり(儲かってるお店がふっかけられ易いとか)、私が聞いた酷い例の中には、ある朝出社したら鍵が変えられてて、そのまま店の中に入れず。店内の物ごと没収に近い憂き目にあったとか。 店内に特殊な改装を施していたり、価値の高いものが残されていたら

            ちぇりがホーチミンを好きな理由   004 立ち止まるより助ける人々

            ◇お節介な人々このnoteの中の、「ちぇりがホーチミンを好きな理由」シリーズの初回に書いた話のこちらを覚えておいでだろうか。 ホーチミンのどこが好き?と聞かれたら、真っ先にお話ししたくなるのがここにいる人たちのこと。いろんな話があるのですが、まずは私が当初からとても助けてもらった彼らの「おせっかい」について書いた回。 それは「たまたま」の出来事ではなく、ホーチミンに住み始めた当初から今に至るまでずっと変わらない。このコロナで社会隔離という稀有な体験をしていた時ですら、あら

            ちぇりがホーチミンを好きな理由 003  2度目で常連???

            孤独だった最初の半年ホーチミンに来てから半年くらいは、旦那さん以外に友達もおらず、日中は殆ど一人で過ごしてました。もともと一人旅が好きだったし、一人行動は嫌いじゃないので特に苦でもなかったけれど、思うところはあったのです。 例えば、ちぇりの名前で活動していた日本を離れてしまい、◯◯さんの奥さんという名で呼ばれる違和感。それが嫌だったわけじゃないけど、なんだか別人の名を呼ばれているよう。 アイデンティティ、なんていうと大げさですが、どうにも所在ない日が続き、挨拶をするのはレ

            ホーチミンの薬局事情と、救急キットはどこで買う?

            ワタクシ、誤った情報を流すところでした最近ちょっとした怪我のケアを病院でしてもらいました。 その際に、家でもケアする様、洗浄用の生理食塩水や消毒薬をもらい、ああこれ普段から薬局で追加買って揃えとかなきゃ、と思い立ちまして。そして思い出したんです。ベトナムに来た当初、薬局で薬を買うのが一苦労だったなって。 そこで、(そうだ買ったものの写真を載せておいたら、みんな買いやすくなったりしないだろうか?他のちょっとした痛み止め薬などもまとめて載せるか?)などと思っていたのですが…

            ちぇりからお店に:手洗いに使う洗浄剤についてなど

            コロナが変えた世界の習慣さて、ベトナムはコロナに関してひと段落した空気感。 ではありますが、あまりにもインパクトの強かった特殊事態に変えられた価値観や生活習慣が色々あったように思います。 その一つが、手洗い。 今回のコロナ騒動で、私たちは手洗いの重要性を改めて、強く学んだのではないでしょうか。 事実、コロナ対策で多くの人がこれまでより手洗いを慎重に頻度高くし、例年までよりインフルエンザの患者数が大きく減ったと聞いています。 お恥ずかしい話ですが、今回の事態下の手洗いが

            ちぇりと食べ物:ベトナムのお豆腐デザート

            食べ物についての記録&コラボ企画ツイッターでフォローさせてもらってる方に、 #ベトナムあれこれ というタグで、ベトナムの逐一のアイテムや文化についてツイートをされている方がいます。 ベトナムのことであればジャンルは問わない内容ですが、食べ物についてのこともあって、勉強させてもらうこともしばしば。 で、そのタグの、特に食べ物について書いているものを見つけた時に、ついつい絡みたくなるんですよね。「そうなのそうなの!」とか「えーっ、これはこうだと思ってた!」とかって。私よりもず