マガジンのカバー画像

【AFOPRO】 プレーモデル分析集

37
35ものプレーモデルと特典コンテンツが2つ付属した見応えのある作品。
実際の試合の状況を図解した分析によりトップチームのプレーを学べます。
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

【AFOPRO】プレーモデル分析 ブレンダン・ロジャースのレスター・シティFC

《イントロダクション》
リーグでの優勝は、まさにスポーツ史上最も画期的な出来事のひとつであり、リーグタイトルの記憶は、レスターシティのファンの脳裏に長く刻まれることでしょう。
この偉業以来、チームはその驚くべき成功を維持することができず、リーグ優勝後の3年間、順位は中位止まりとなりました。それは期待の問題ではありません、レスターシティが2015/16シーズンにやってのけたことの再現を誰もが期待して

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】 プレーモデル分析 インザーギのラツィオ

《組織守備》
〈ハイプレス〉
高い位置にブロックを敷いてのプレスの仕掛け方

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】プレーモデル分析:ガットゥーゾのACミラン



はじめに選手として彼がこのクラブでプレーした2012シーズン、チームにはズラタン・イブラヒモビッチやロビーニョ、チアゴ・シルバなどそうそうたる名選手たちが名を連ねていた。ガットゥーゾはクラブの歴史上もっとも象徴的なミッドフィルダーのひとりとしてチームをけん引、2002、2007シーズンにはチャンピオンズ・リーグを制した。

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】プレーモデル分析 ヴィトール・ペレイラの上海上港集団足球倶楽部

〈イントロダクション〉ヴィトール・ペレイラ(以下、ペレイラ)は、2017年から上海上港集団足球倶楽部(以下、上海)の指揮を取っています。このポルトガル人監督は、ポルトガル、ドイツ、サウジアラビア、ギリシャ、トルコで指揮を執った後、中国に場所を移すこととなりました。その時からペレイラは80数試合このチームで指揮を執っていますが、これはひとつの業績と言えます。なぜなら、中国スーパリーグでは監督が頻繁に

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】プレーモデル分析 グレアム・ポッターのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCによる構築のフェーズ


〈イントロダクション〉プレミアリーグのシーズンの4分の1が終わったところ(2019.10.23スペイン語オリジナル版発行)で、非常に印象的なチームのひとつがブライトンです。なぜなら、ブライトンは当初多くの人が降格するだろうと考えていたからです。

ポッターの率いる若手中心のチームは、少なくとも戦術面ではプレミアリーグの中でも特に興味深いチームのひとつに変わりつつあります。ポッターのスタイルは特徴

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】 プレーモデル分析 ビエルサのリーズにおける攻撃の局面

〈イントロダクション〉プレミアリーグから15年間不在のリーズは、昨シーズンのビエルサのもとプレミアリーグに非常に近づいていました。 マルセロ・ビエルサの厳しいトレーニング方法とライバルを信じられないほど徹底的な戦術分析したことにより、リーズ・ユナイテッドは2009/10シーズン以来、最高の結果を達成しました。

リーズは3位でフィニッシュし、最後の4試合でわずか1ポイント獲得できず、シェフィールド

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】 プレーモデル分析 キケ・セティエンのレアルベティス1-3-5-2システム

今回紹介するのはレアルベティス、FCバルセロナの新監督となったキケ・セティエンが率いていたシーズンのプレーを分析する。これまで指揮していたCDルーゴ、UDラスパルマス、レアルベティス、そしてFCバルセロナでも彼の信念は変わらない。

【どんなチームに対しても、ポゼッションを駆使したコンビネーションプレーで立ち向かう】

ポゼッションへの陶酔が避けられつつある現代のフットボールにおいて、レアルベティ

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】 プレーモデル分析 ロベルト・ダヴェルサのパルマ 1-4-3-3システム

今回紹介するのはSSDパルマ・カルチョ1913、クラブの破産により一度セリアDから再スタートするものの、3シーズン連続で昇格を果たしてセリアAに舞い戻った「奇跡のチーム」である。 

指揮官ロベルト・ダヴェルサは、いったいどのようにこの快進撃を可能にしたのか? 1-4-4-2・1-4-5-1へと変化する1-4-3-3システムの実用性を明らかにし、ジェルヴィーニョが担うダイレクトプレー攻撃についても

もっとみる
スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです

【AFOPRO】 プレーモデル分析 コンテのインテル・ミラノ : 1-3-5-2 システム

《組織的な攻撃》〈ビルドアップ〉ショートパスによるビルドアップの配置アントニオ・コンテのアイデアは、コンビネーションによるビルドアップを実行することです。 これを行うために、以下の配置をプランします:3CBをペナルティエリア内の中央に2人、サイドレーンに1人図のように配置し、同サイドのISHとともにWGBとサイドから数的優位を用いボールを運びます:

スキありがとうございました!記事のシェアもしていただけましたら幸いです