bandshijin 音楽ブログ

259

ZARD『負けないで』通じ合った二人の文脈

応援歌、といった表面の印象。精神を鼓舞し合う純(す)んだ愛情が表で、裏面はおどけたジョークの通じる二人のラブソングかもしれません。そんな二面を感じました。

井上陽水『心もよう』びんせんの青に映り込むはかなさ

「季節はめぐりあなたを変える」が無情です。変わるのは適応すること。そうなることが、その人にとって良いことで、きっと世界でうまくやる術。あらゆるものが、うごめくように、変わり続けている。

感謝です!

トニック・ドミナント・サブドミナント

トニックは安定。ドミナントは緊張。サブドミナントはもうひとつのドミナントで、ドミナントが北極なら、サブドミナントは南極かもしれない。

糧にします!

THE BLUE HEARTS『ラブレター』はなぜ美しいか 要所の3度のハーモニー

コードの平易さ、言語の平易さを守った上で独創性を発揮するのは至難の技であり、それを実現しているのがTHE BLUE HARTSの尊敬すべきところのひとつだと思っています。草野マサムネが語った提起に驚き。

YMO『君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-』純愛と肉欲の不等号

柄にもなく純情な気持ちで胸をときめかせている主人公とは裏腹に、お相手のほうは肉汁したたるモーションだったとしたら……この絵図にはおかしみがあります。音楽精通者グループの最後期にまさかの胸キュン。

岩崎宏美『すみれ色の涙』 現実の無情の滴り

ブルー(青)に、現実の無情が滴り落ちると「すみれ色」に。一般と固有、淋しさの本質、平行調へつながるⅢ7、編曲:萩田光雄の妙技……知る・思うこと満載でした。原曲はジャッキー吉川とブルー・コメッツ。

スキ、ステキ!

ジッタリン・ジン『プレゼント』 情動の贈答

ちょっとクセのある具体物を歌詞に込めつつも、聴き手それぞれに固有の体験を想起させるのがジッタリン・ジン『プレゼント』の秀逸なところです。メロのほとんどを同じモチーフの反復のみで聴かせてしまえるすぐれたアイディア。

スキ、ステキ!

宇多田ヒカル『Automatic』生恋愛発動機

カタい響きを持った“自動的”を恋愛の表現に用いたのは、歌のことばとしては稀。宇多田ヒカルの独創きらめく語彙の振れ幅です。Fmを主調に、Bメロで平行調のA♭を感じるコードの動きが酸っぱ甘い。光陰のゆらぎと生感を魅せる響きです。

貴いスキ!

久保田早紀『異邦人 -シルクロードのテーマ-』行きずりの哀しみ

編曲の妙にうなりました。コード進行もめまぐるしく、異国の見慣れない風景に目を丸くするばかり……といった状況に重なって思えます。久保田早紀の歌声のキャラクターも絶妙です。飄々として迎合しないところが曲想の孤独を高めます。音楽も詩情も高潔な絹のよう。永遠に味がつづくガムみたいなデビューシングル。

https://bandshijin.com/ihoujin/

伝わりました!

カバーしたい歌 1年間で365曲カバーした話

のらりくらり1年。音楽の語彙が増えました。枠や質量を観察すると、ポップソングも決して得体の知れない魔法ではないと思えます。広い視野と鋭い深さをもって、私自身にとって、あなたにとってのカバーしたい歌を生み出し続けたい。

感謝です!