見出し画像

夏野菜の食感弾む 「ガパオライス」

あやか/ごはん愛好家

噛みしめるごとに、エキゾチックなおいしさが口の中に広がっていく。

どこの国のお料理にも、日本の四季をどこか感じられる旬食材を取り入れるのが好き…

今回のガパオライスも、夏野菜の食感代表である "きゅうり" "パプリカ" を使って、食感弾む1品に。

「夏野菜の食感弾む ガパオライス」

◻︎ 材料(2人分)
・豚ひき肉        180g
・きゅうり        1/2本(約60g)
・赤パプリカ       1/2個(約70g)
・にんにく(みじん切り)                 1かけ分
・鷹の爪(輪切り)       1本分
Aナンプラー、オイスターソース 各小さじ2
A醤油、砂糖                                  各小さじ1
Aこしょう          少々
・スイートバジル       10〜13枚
・卵             2個
・ごはん           お好み
・ブラックペッパー                        適量
・油                                                大さじ1/2


◻︎ 下準備

・ 野菜を切る。

 きゅうり、赤パプリカは7〜8mm角に切る。

◻︎ つくりかた

1. 目玉焼きを作る。

焼き加減は、お好みでどうぞ

2. フライパンに油・にんにく・鷹の爪を入れて弱火にかけ、香りが立ったら中火にして豚ひき肉を入れて炒める。

 触りすぎず、焼きつけるように、多少だまになるように炒めるのがポイント。
 噛みしめたときに、より旨みが感じられるから。という、食へのちょっぴり強めなこだわり…

3. 味つけをする。

 Aを入れて絡める。

 調味料はお肉に絡めたほうが、食べたときに、より味が感じられる。

4. 野菜を加えてさっと炒める。

 さっとで大丈夫…!
 夏野菜のシャクシャク食感を楽しんでほしい。

5. 火を止めて、スイートバジルを手でちぎって入れて軽く混ぜる。

 バジルは香りが飛びやすいので、火を止めてから入れて、さっとなじませる程度で。

6. 盛り付ける。

 平皿にごはんを盛り、4、目玉焼きを盛り付け、ブラックペッパーをふる。

 旅行に行けない世の中だから、食卓での味覚旅なら誰でもできる。

 そこに旬のアラームのように、夏食材を使って…

 そんな思いを馳せながら、ガパオライスに想いを乗せて綴ってみました。

 暑い日に、ぜひ。

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あやか/ごはん愛好家
料理家/フードコーディネーター / 奈良県 おいしいものを、大切な人たちと囲む食卓が大好物。旬食材を使ったシンプルながらも、ひと手間加えたお料理で、日々に小さなときめきを instagram @ayaka.i_03