イタリアのモノづくり | ようこ

イタリアのモノづくりはなぜ輝きを放ち続けるのか。政治も経済も、特に優れているわけでない(失礼!)イタリア。なのに彼らの作るモノは、艶っぽくて魅力的。フィレンツェに移り住んで見える、イタリアの気質や、豊かさ、アートと職人の関係を、わたしなりの解釈で読み解いていきます。

イタリアのモノづくり | ようこ

イタリアのモノづくりはなぜ輝きを放ち続けるのか。政治も経済も、特に優れているわけでない(失礼!)イタリア。なのに彼らの作るモノは、艶っぽくて魅力的。フィレンツェに移り住んで見える、イタリアの気質や、豊かさ、アートと職人の関係を、わたしなりの解釈で読み解いていきます。

    マガジン

    • 美しきベネチア

      海洋都市として繁栄したベネチア。総督(ドージェ)を頂点とする、独特のベネチアの政体がもたらした、ぎゅっと凝縮された豪華なアートや建築物。そこに「いま」を生きる人々の生活。肌で感じた、ベネチアの豊かさとは。

    • フィレンツェ物語

      ルネッサンス文化が香る古都フィレンツェは、紀元前に古代ローマ人が開墾し築き上げた、なにもない小さな国でした。 依頼人がいて、職人という名のアーティストがいて、通りにひしめき合う工房で、人の手が加えられて、いまのフィレンツェがあります。 それぞれの時代に生き、活躍した人達の物語は、そのままフィレンツェの物語です。歴史の点と点が、線で繋がる、昔から今へと紡がれている、フィレンツェにご案内します。

    • モノづくりインタビュー

      なぜイタリアのモノづくりは、色っぽくて魅力的? 彼らの美意識が生み出すものとは? そこから生み出される、ホンモノの力とは? 考えてもわからないことは、本人たちに聞いてみよう! 街の片隅で、モノづくりに励む、職人達にインタビューをしています。 普通では触れることのできない、イタリアの世界へようこそ!!

    • 職人のモノづくり

      ときに、生活とは無関係の無用の用で、遊びの世界かもしれない。 それなのに? それだから? より美しく、心をこめて、魂をこめて、生み出されるモノと、人との関係に焦点を当てています。

    • たまにローマ

      幾重にも折り重なった時を紡ぐローマ。空いっぱいに広がる青空と、そこに映える、大きな建物。この街に浸透する豊かさとは? ローマへは、展示会があるときに赴くことが多いので、そのときにの情報も交えて、ご案内します。

    最近の記事

    ベネチアのカーニバル n.1

    Carnevale di Venezia. 2023年のベネチアのカーニバルはいつでしょう? 開始:2月4日(土) 終了 : 2月21日(火) 今週の土曜日から始まります。 2週間ちょっとの期間、ベネチアは、かつてのベネチア共和国が花開いたように、明るく美しく華やかな街に染まります。 日本で謝肉祭と訳されるカーニバルは、お肉(Carne カルネ)を取り去る(Levareレバーレ)という意味。 カトリック教で四旬節(40日間)と呼ばれる期間は、肉を食べてはいけません。

      • フィレンツェの子供達。 n.2

        前回は、ルネッサンス時代に創立した捨て子養育院で、子供達がどのように引き取られ育っていったかなどをご案内しました。 今回は、いまのフィレンツェの子供達に焦点を当ててみたいと思います。フィレンツェという歴史ある街で、その特徴を活かし、市や美術館がどのように取り組み、子供達が普段からアートに触れられるようにしているのでしょう。 フィレンツェの大人達にもアートを!フィレンツェ市立美術館(Musei Civici Fiorentini)には、市庁舎でもあるヴェッキオ宮殿を筆頭に、

        • フィレンツェの子供達。 n.1

          年が明け2023年。1月もすっかり下旬に差し掛かりました。 ご挨拶が遅れましたが、22年に投稿に立ち寄ってくださった方々、コメントを残して下さった皆様、ありがとうございます。2023年も何卒よろしくお願いします。 ******* 今年初めての記事に何を書こうか迷いましたが、最初は、やっぱりフィレンツェから始めることにします。 この絵は1488年から1年をかけて描かれた、東方三博士の礼拝(とうほうさんはかせのれいはい)。三人の博士が、生まれたばかりのキリストをお祝いする

          • 糸杉に響く、とんからり。若き機織り職人の物語 - n.3

            Ozio Piccolo Studio Tessile シモーネのトレードマークである、大きな耳ピアス。腕にあるタトゥー。高校を中退して、アウサイダー的な生き方をしてきて、いまがあるシモーネ。 履歴書だけで判断したら、彼の本来の姿とはまったく異なるイメージを想像するかもしれません。履歴書の代わりに、彼の織った生地に触れれば、彼の繊細な感受性を感じ取れるかもしれません。 アトリエに置かれている、ひとつひとつのオブジェや、イタリア中から探したアンティック家具も、彼の感性を表

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 美しきベネチア
            イタリアのモノづくり | ようこ
          • フィレンツェ物語
            イタリアのモノづくり | ようこ
          • モノづくりインタビュー
            イタリアのモノづくり | ようこ
          • 職人のモノづくり
            イタリアのモノづくり | ようこ
          • たまにローマ
            イタリアのモノづくり | ようこ
          • 小都市や田舎の豊かさ
            イタリアのモノづくり | ようこ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            糸杉に響く、とんからり。若き機織り職人の物語 - n.2

            Ozio Piccolo Studio Tessile フィレンツェを州都とするトスカーナ州には、なだらかな丘陵に、葡萄畑やオリーブ畑が広がり、ところどころに、中世時代の雰囲気を残す、石積みで建てられた美しい村が点在します。 今回お話を伺ってる、シモーネさんの、小さな織物スタジオ「オツィオ Ozio」は、そんな自然に囲まれた中世時代の建物にあります。ずっと昔は、牛や馬を飼っていた牛舎でした。餌を食べる場所などが、そのまま残されていて、それが素敵なインテリアになっています。

            糸杉に響く、とんからり。若き機織り職人の物語 - n.1

            Ozio Piccolo Studio Tessile シモーネ・ファッリ。1988年生まれ。  職業、機織り師。 彼の活動の拠点は、 自然に囲まれたトスカーナ地方の一角。 Ozio Piccolo Studio Tessile 小さな織物スタジオ「オツィオ Ozio」が 彼のアトリエです。 彼の作品と初めて出会ったのは、21年のAritiginato e Palazzo。柔らそうな布の感触や、優しい風合いに目を奪われたのを覚えています。その後も、展示会や、青空市場で

            日本から戻って参りました! 職人さんのインタビュー、ただいま編集中。 今週中には、ということは、年内中には、投稿します! Coming soon !

            ローマにある、歴史の玉手箱。Palazzo Massimo - n.2/2

            大理石から、フレスコ画に移っても、これですもん。海中での海戦を見ているようで、躍動感に満ちています。 タコが、魚とエビを仕留めているシーン。魚はウツボかしら。歯を向いて抵抗しているのを、タコがむんずと掴み押さえ込み、さらに、エビにまで足を伸ばしています。 魚のモチーフは良く登場しますが、こちらは釣りの様子。船の先端からひき網漁をしていたり、オールを漕いだり、イルカに乗っていたり(!?)、イキイキと描かれています。 展示されている、ひとつひとつに力があり、見ていて、とても

            ローマにある、歴史の玉手箱。Palazzo Massimo - n.1

            今回は、ローマに移動します。 車、バイク、バスの騒音が鳴り響く雑踏としたローマ市テルミニ中央駅の前に、風景として馴染んている、立派な建物があります。 マッシモ邸宅、ローマ国立博物館です。 ローマの観光といえば、コロッセオ、バチカン美術館、トレビの泉、スペイン広場、パンテオン、ナヴォーナ広場と、枚挙にいとまがありませんが、紀元前まで遡る珠玉の作品が、ローマ国立博物館に展示されているのをご存知でしょうか。 今回は、たまに訪れては、感嘆をもらしつつ、恍惚に浸る、お気に入りの

            「ここ」から「未来」へ。 ゾウガニスタ 望月さんの物語。 - n.4(最終回)

            フィレンツェで唯一、木象嵌細工を専門とする職人、望月貴文(Takafumi Mochizuki)さんにお話しを伺っています。今回は最終回です。 前回に望月さんが「昔からのスタイルで、新しいものを創る」と話されていましたが、イタリアで木象嵌は1300年代から教会の装飾として使われるようになります。現代の望月さんが製作するのとまったく同じ材料と工程です。 トスカーナの南に位置するモンテオリベートマッジョーレ修道院の教会。1300年初期に建立され、いまも毎日ミサがあげられます。

            中世からのスタイルで、新しいものを創る。ゾウガニスタ 望月さんの物語。 - n.3

            フィレンツェで唯一、木象嵌細工を専門とする職人、望月貴文(Takafumi Mochizuki)さんにお話しを伺っています。今回は第3回目です。 過去から現在に時間は移り、「いま」の望月さんが想う木象嵌とは? 望月さんの「絶対に失敗しない」というコンセプトが、あるとないとでは、仕事に向かう気持ちは変わりますか?日本の風潮なのか分からないですが、「失敗を怖がるな」ってあるじゃないですか。 もちろんそうなんですけど、自分がものを作っていて、自分の扱っているものって、アンティ

            職人であり、職人に憧れる。ゾウガニスタ 望月さんの物語。 - n.2

            フィレンツェで唯一、木象嵌細工を専門とする職人、望月貴文(Takafumi Mochizuki)さんにお話しを伺っています。今回は第2回目です。 短期留学の予定だったフィレンツェ滞在。が、予定は未定。 運命的な師匠との出会い。さらには、彼の運命を決定づける木象嵌の存在。 共同で家具の修復を行う間に、師弟関係は、少しづつ二人三脚の体を成して来たことでしょう。 日本に帰るべきか、帰らざるべきか。 目的を見つけてしまった人が、必ず通る関所です。 さあ、どうする望月さん!

            サーファー、営業、そして職人。ゾウガニスタ 望月さんの物語。 - n.1

            まずは、こちらをご覧ください。 木の色と肌の風合いを活かし、組み合わせ、製作された、木の調和が響く作品。 木象嵌(もくぞうがん)という技術で製作されています。 イタリアでは1300年代に用いられ始め、ルネッサンス時代の1400年代には、遠近法を用いた図案で飛躍的に技術が進歩します。 そしていま。 機械という文明の利器で、あっという間に木を切れますが、そんな時勢に逆流するかのように、糸鋸を手に、ひとふり、ひとふり、木を切り、自身のデザインを手がけるひとりの職人がいます

            秘密のアート基地、貴石修復所 *n.5

            L'Opificio delle Pietre Dure - alluvione 貴石工房が作られた由来は、シリーズ第3回目でご案内していますが、なぜ「貴石」という名前を頭に掲げ、多種多様な作品を修復するようになったのでしょうか。 貴石修復所の歴史の紐を解いていきましょう。 貴石工房の誕生と危機貴石工房の誕生は1588年。貴石を嵌め合わせるコンメッソ・フィオレンティーノ、日本語でフィレンツェ風モザイクと呼ばれる技法で、メディチ家礼拝堂を装飾する専門工房です。 メディチ

            秘密のアート基地、貴石修復所 *n.4

            L'Opificio delle Pietre Dure - via Alfani Restauro 貴石・石彫刻・ブロンズ・陶器磁器 修復所の母屋では、前回案内した貴石類以外に、ブロンズ製のもの、石に関わるもの、陶器や磁器類と、分野ごとに部屋が区切られています。 ブロンズの修復ドナテッロ ブロンズ部門に訪れてみましょう。 今年の春夏にフィレンツェで開催されたドナテッロ展。初期ルネッサンス時代に活躍した芸術家で、ミケランジェロに多大なる影響を与えています。 ドナテッ

            秘密のアート基地、貴石修復所 *n.3 -commesso fiorentino

            L'Opificio delle Pietre Dure - Museo Opificio delle Pietre Dure 前回までは、バッソ要塞にある、絵画や木製彫刻の修復所へ訪れていましたが、今回は母屋である、フィレンツェ中心街にある修復所へ移動します。 正式名は、L'Opificio delle Pietre Dure。貴石修復所。そもそも、どうして「貴石」という名が頭についているのか。 その理由を知るには、500年前へ遡らなければなりません。 礼拝堂と石の