失敗と信用。
見出し画像

失敗と信用。

佐伯叡一 | Eiichi Saheki

先月からMeety経由で週に1〜2名、お会いさせていただいているんですが

こちらのMeety経由でお会いした学生の方に

「20代前半でどんなことを意識したら良いですか?」

というご相談をいただきました。
「20代前半の働き方」については以前にもnoteでまとめているんですが

最近、改めて思うこともあったので補足していこうかなと。

まず仕事を通して、色んなものを得ることができます。経験もそうですし、お金や評価、称賛、自己成長や信用とかも含まれると思います。

「仕事の報酬は仕事」とよく言いますが、一つ一つの仕事は「信用」で手に入れられます。そして、信用は失敗した後のリカバリーをどれだけ頑張れるかで手に入れることができる。最近そう思っています。

例えば、私は学生時代からずっとテニスをやっているんですが、大会で負けると練習に来ない人が結構いました。大会の前は必死で練習に来ていたのに、大会が終わったらパタっと来なくなる。

ぶっちゃけ、そういう人は信用されません。

大会の前も後もコツコツ同じペースで練習に来ている人は信用されるし、大会で負けた後も頑張って練習している人も信用できます。

つまり信用は、うまくいっている時ではなく、うまくいかない時に生まれるのかなと。

”20代は失敗の時代”と言っても過言ではないです。

コツコツと信用を積み重ねておくと、その先で失敗しても許してもらえます。逆に言えば失敗を許してもらえるかどうかは、それまでにどれだけ信用を蓄積してきたかで分かれます。

他者評価より、信用を手に入れましょう。

そんなことを思った金曜日でした。よき週末を。


この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
佐伯叡一 | Eiichi Saheki
複数のスタートアップで採用支援/法政大学キャリアデザイン学部卒▶︎Geekly▶︎FiNC▶︎POSIWILL▶︎独立/採用全般〜営業・事業開発まで色々やってます/採用支援55社・転職支援450名/コーチング/主にキャリアについて個人的な考えを毎週発信しています✍️