子ども並みに気分屋 / 1月14日~19日

やりたいことしかやらない。
やりたくないことには目もくれない。
そんな1週間だったように思う。

体調というかそういう周期だったのも関係しているかもしれないけど、欲望のままに過ごしていたから生活が乱れてた。というか今もまだ乱れてる。

■1月14日(火)~19日(日)

《仕事》
●新年の挨拶回りをしていた。もう年明けてから2週間経ってたから「ああそういえば年明けたよね」みたいなテンションだった。

もっとみる
ありがとうございます♩
8

音楽映画「女は抵抗する」(1960)は当時の若い女性と歌手の服装がよくわかる作品

こんばんは。
50年代後半の映画もよく観るのですが、衣装に注目していると、よく見るアイテム、柄などが見つかってきました。

50年代の衣装まとめは次回やるとして、今回はヴィジュアル的におすすめな50-60年代作品を紹介します。

**「女は抵抗する」(1960) **

作品タイトルとDVDのパッケージから想像しにくいですが、音楽映画です。
平尾昌晃やザ・ピーナッツなど当時の歌手たちが多数出演。坂

もっとみる

Etude Op.10 No.12

フレデリック・フランソワ・ショパンの練習曲として有名な「革命のエチュード」

初めて聴いたのは中学校の音楽の授業。

クラシックは昔からなんとなく好きであったが,この曲を聴いたときは「ピアノであんな表現ができるのか」と衝撃を受けたものである。

当時はYouTubeなどで気軽に見れる環境ではなかったため,わざわざCDを買って聴いたほどだ。

それと同時に,この頃からピアノでこの曲を弾いてみたいと強

もっとみる

衝動的に動いた感じがすごい / 1月1日~5日、6日~13日振り返り

続くかわかんないけど毎週ゆるっと振り返りをしてみようと思う。
自分の中での日記みたいな感じで。
最初の週は振り返りそびれたから今回まとめて書いちゃう。

■1月1日(水)~5日(日)

《仕事》
年末年始休みでぐうたら。
5日の「明日仕事行きたくない病」がひどかった。
よほど行きたくなかったのか、2時半くらいまで寝られなかった。笑

《プライベート》
●1日
大磯にある六所神社に家族でお参り。知り

もっとみる
わーい!気軽にコメントもどうぞ◎
5

AE1週目

https://youtu.be/eHNbC3cpacI
ウィグラーというものを使ってオブジェクトを震わせる。意外と応用できそう。

おすすめの1969年映画

こんばんは。
今回は1969年の映画をご紹介。
1969年は凄まじいエネルギーをもった作品が多いので、ヴィジュアル的にも推せる現時点でのおすすめ作品をまとめました。

「異常性愛記録ハレンチ」(1969)

「温泉ポン引女中」(1969)

この時期の東映の成人向け映画は、衣装を豊中健という人が担当しているのですが、けっこう華やかで内容がヤバいわりに衣装がオシャレというギャップがあります。

今回

もっとみる

決意表明2020

会ったことある人もない人も、昨年は本当本当に多くの人にお世話になりました。お正月の9連休すべてを実家がある名古屋で過ごし、昨日の夜の新幹線で東京へ帰ってきて既にホームシックです。2020年の海本は、今日から始業。そして、2020年の始業とともにコピーライター2年目へと突入しました。本当に大人になってからの時間のスピードが怖いくらいはやい。夢だったコピーライターになって理想と現実のギャップが無かった

もっとみる
明日も読むしかナイトプール!
25

ゼロからAfterEffectsを学ぶやつPart.0

毎週日曜日に何か学んだこととか作った動画記事にします。

2019年ありがとうございました。

こんばんは。
今回は2019年最後のnoteということであいさつ&いろいろ語っていこうと思います。

まずは、2019年、当noteをご覧いただき、ありがとうございました。
まだまだな私ですが、研鑽を積んで楽しんでもらえる記事の生産に努めてまいりますので、2020年もどうぞよろしくお願いします。

ここからは語ります

今年の4月から始めた映画のヴィジュアルを紹介するnote。

今月で開始して8

もっとみる

「男はつらいよ」寅さんの衣装&コラボアイテムも数多く発売中

こんばんは。
今回は、人情喜劇の名作「男はつらいよ」の50周年で第50作というメモリアルな作品が公開ということで、寅さんについて。
それではスタート!

男はつらいよ(1969-)フィーバー

「男はつらいよ」は第1作が1969年の公開。

第3作までは撮影されたのが60年代なのでもちろん外せない作品です。

新作は「男はつらいよ お帰り寅さん」。
12月27日(金)から公開。

公開に先立ち、コ

もっとみる