新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

どうせ家でYoutubeを見てばかりの学生たちに映画をオススメしてやる。

コロナウィルス怖いですね。


政府のポンコツ加減も同じくらい怖いですけどね。



2/27 全国の小中高に休講要請が出ました。 今の時点で3月2日から春休み終了まで。 およそ1ヶ月ですね。 


別にこの判断にどうこう言うつもりは無いんですけど、やるならもっと早く中国人受け入れ拒否をすればよかったのでは??とか勝手に思っちゃいます。




まぁそんな話は置いといて、休講が決まった以上はよっぽどのことがない限り自宅でおとなしくしてなきゃいけないわけで。


この状況でなんか自分にできることないかなと考えたら、やっぱり映画をひたすらにオススメすることかなと



と言うわけで「さぞかし暇であろう学生たちにオススメする映画10選!!」



1. ホームアローン2


あるおもちゃ屋に侵入して来た強盗二人を主人公がボッコボコにする話



言わずと知れた名作映画です。 クリスマスといえばぜっっったいにこの映画。

家族みんなで見ようぜこの映画。


ただなんで1じゃなくて2なの??と思った人もいるかもしれません。


答えは簡単。 ただ俺がひたすらに好きだからです。 ただそれだけです。

なんか文句あるんか? お?


何と言ってもトラップのクオリティがえげつない。 ガスバーナーで頭を燃やしたり、屋上からレンガを何発も頭にぶつけたりと殺傷能力が高いものばかりで、中盤からは強盗二人を応援したくなるほど。


ケビンお前本当に8歳かよ...  

グリーンベレー首席で卒業できるレベルのバケモンじゃねえか。




2.若おかみは小学生!


事故で両親を無くした主人公が、幽霊が住む宿でお仕事始める話。

公開初週は興行収入がかなり厳しく、上映回数も一気に少なくなった今作。

しかしSNSでの口コミや評判のおかげで、前週の興行収入を越え続ける異例中の異例な記録を更新。 これは「カメラを止めるな!」と同じ現象ですね。



そんな半端ない記録も納得できるくらいめちゃくちゃクオリティ高いです。

感動系が好きな人はこんなクソみたいな記事を読まずにダッシュでTSUTAYAで借りてきましょう。

あとティッシュは隣に置いといてね。

どうせ泣くから。



3.スパイダーマン スパイダーバース


いろんな世界線のスパイダーマンが集まっちゃって、頑張って元の世界に帰ろうとする話。


アニメ界に革命を起こした作品だと思ってます。アニメでこんな表現できんの??ってなりました

なんて言うか、ユニバのアトラクションに乗ったときみたいな感覚??

映像がめまぐるしく変わって、アメコミをそのまま動かしてるみたいな??(伝われ)



ストーリーに関しても、文句なしの大傑作。

終盤の主人公が覚醒するシーンとか大声で叫びたいくらいテンションぶち上がる。


パラレルワールドから来たそれぞれのスパイダーマンも、それぞれ特徴大アリで魅力的。 豚のスパイダーハムが一番好きです。


こんな技術的にも素晴らしく、内容も完璧なアニメ映画めっっっっったにないんでぜひ観てください。


あとクソみたいな俳優とかじゃなくて、ちゃんと素晴らしい声優さんたちが吹き返してるのでそれも素敵。


4. ワンダー 君は太陽

見た目が原因で学校生活がうまくいかないオギーが、周囲の人々を変えていく話。


文句なしの感動系映画。 登場人物全員が主人公のような映画。


もちろん主人公はオギーだが、彼の行動で周囲の人間が少しずつ変わっていく。

THE 王道系のストーリーだけども涙ボロボロになる。


この作品は主人公の視点だけではなく

・オギーのお姉ちゃん

・オギーと友達になる男の子

・オギーのお姉ちゃんの親友

など、視点を切り替えていくのが本当に上手いし、めちゃくちゃわかりやすい。

学生だけじゃなくて、子どもがいるお父さんお母さんにも観てほしい。マジで。

「正しいことと親切なこと

 どちらか一つを選ぶなら

 親切な方を選べ」

とても心に残る言葉



5. 時をかける少女(アニメ)

過去に戻る能力を手に入れた主人公がだんだんやばくなってく話。


少なくとも名前だけは聞いたことあるんじゃないでしょうか。

この作品と「サマーウォーズ」で細田守監督を知った人も多いのでは??


元々原作は小説で、そっから何十年後かの世界の話。

ちなみに主人公真琴の声優である仲里依紗は、2010年での実写版で主演を務めています。(役柄は違うけども)



「サマーウォーズ」とかもそうだけど、感情移入させるのがビビるくらいうまくないですか?? 「よろしくお願いしまぁぁぁぁす!!」とか。そりゃTwitterのトレンドにも入るわ。


あとは心理描写が良い意味で生々しいと言うか、うまく描かれてます。

なんかめっちゃ仲の良い異性だと、逆に異性として意識しなくなったりとか。


これは是非とも学生のうちに見ておいてください。

そんで10年後とかにもっかい観て「もうこんな青春できんわぁ」って絶望してください。




6.ベイマックス

お兄ちゃんを亡くした男の子が優しいロボットと成長する話

はい来ましたディズニー。

かわいい。ひたすらにかわいいベイマックス。

自分が一番好きなディズニー作品。それがこの「ベイマックス」



色々語りたいポイントはあるんだけども、特に世界観音楽が最and高。

これでもかというくらい織り込まれた日本へのオマージュ。 桜やら空手っぽい動きやら、そもそも主人公の名前が「ヒロ」。

下手に媚びを売ってるんじゃなくて、真剣に日本の文化とかを調べて取り入れてくれてるんだなってのがすごいわかる。リスペクトがはっきりわかる作品はそれだけで高評価ですよね。


それに加えて音楽が自分の好みにドンピシャ。

近未来的というか電子音とかが元々好きなんだけど、本当自分のために作ってくれたんじゃねぇかと勘違いしちゃうくらい大好物のBGM。

この映画のサントラの11曲目「The Streets Of San Fransokyo」の2分45秒〜がもうたまらん。映画観ててテンションブチ上がった。


これは日本男子全員が観るべき映画



7.小さな恋のうた


モンパチの有名曲をモチーフにした、沖縄が舞台の音楽映画。


音楽がテーマの映画ってたくさんあると思うんです。邦画でも洋画でも。

でもこの映画がズバ抜けて完成度が高いのは、序盤30分のとあるシーンでわかります。

ネタバレになるので何も言えないですけど、ミステリーかよって突っ込みたくなるくらいな完璧なミスリードがあります。

このシーンだけで観る人全員心鷲掴みにされるはず。


あとフェンスの使い方が秀逸。

米軍基地に住んでいるリサという少女が出て来ますが、基地と外はフェンスで遮られています。

イヤホンを通じて同じ音楽を聴くことはできても手と手をつなげるほど近づくことはできない。このフェンスのみたいに物理的にはもちろん、心理的に壁を感じさせるシーンがたくさん出てくるんです。これがすっごい特徴的。



沖縄の社会問題とかをうまく織り込んでいて、めちゃくちゃ心に響く映画。

社会の授業とかでこの映画使ってほしい。






8.桐島、部活やめるってよ

桐島って人が部活辞めて周りがめっちゃ大騒ぎする話



自分はポスターだけ見て勝手に勘違いしてましたが、

とりあえず神木くんは桐島ではないです。



この作品の何がすごいって、「桐島」が一切登場しないところです。

運動部とかのいわゆるカースト上位の生徒が桐島に(勝手に)翻弄される様子を上手に描いてます。

特にこの内の女子4人(橋本愛とか)の雰囲気がめっっちゃ生々しい。現役の高校生なら良くも悪くも共感できるんじゃないでしょうか。


思春期の悩みをいろんな角度から描いていて、唯一無二な作品ですね。


ただ好き嫌いは分かれるかも??




9.河童のクゥと夏休み

夏休みに河童を買う事になった少年の話

こんな事言うと誰も観てくれないかもしれないけど、初っ端からトラウマになりかねないシーンから始まります。意外とエグい。


ひょんなことから河童を家に飼うことになった主人公。

あらすじだけ見ると明らかに非日常的な話と思いきや、むしろがっつり現実的。人間のリアルな醜さみたいなのが画面越しにひしひしと伝わって来ます。


この映画に出てくる映画は見た目は不気味かもしれないけど中身はとても友好的で可愛らしい奴ばかり。

それに対し、冒頭の侍然り、河童を見世物にするメディア然りクソみたいな人間がこれでもかってくらい出てくるんですよ。現実世界と一緒や。


クゥのお父さんが言う「人間の方が恐ろしい」と言う言葉はまんまその通り。



一風変わったアニメ映画を見たい人には是非ともオススメです。






10.クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

大人全員が連れ去られて、カスカベボーイズが頑張る話


珍しくほとんどギャグなしのガチ映画。

大人が連れ去られるっていう子供からするとめちゃくちゃ恐ろしい設定。それにしんちゃんたちが立ち向かうって時点で泣ける。


「昭和って最高だったよなあ。皆であの時代のまま暮らそうぜ!」ってな感じで大人たちが皆悪い人たちについて行きます。

言っちゃうとこの映画は「家族と一緒に未来に向かって行きてこうぜ!」みたいな感じで終わります。もちろんハッピーエンドです。


ただこの映画のいわゆる悪役イエスタデイワンスモアも別に特段悪い奴らとも思えないんですよね。まぁ子供から大人を奪うってのはアレですけど。

誰にでも「昔は良かった」とか、「あの時は最高だったなぁ」なんてノスタルジックな気分になることあるじゃないですか。その気持ち自体はなんとなく理解できるから極悪人とまではなかなか言えないんじゃないかなぁ。いやまぁまぁ子供から大人を奪うってのはアレですけど。

あとイエスタデイワンスモアって名前の時点でクソかっこいい。何そのBLEACHのフルブリング編で出てきそうな名前。センスありすぎ。


もしかしたらいつか平成に戻りたいなんて思う日が自分や今学生の人にもくるんだろうか。そう思ったらこの映画をオススメしたくなりました。




まとめ

長くなったけど自分のオススメをまとめてみました。

一つでも気になる作品があれば今すぐTSUTAYAで借りてみてね。

でも寄り道すんなよ。

手洗いうがいもちゃんとしろよ。


7010

気になる映画があったら是非スキ押してくださいね。

#映画 #映画レビュー #映画感想 #映画鑑賞 #映画評 #映画音楽 #おすすめ映画 #映画の感想 #映画紹介 #好きな映画 #ちはやふる #コラム #映画コラム #note映画部 #コロナウィルス #春休み  #ホームアローン2    #若おかみは小学生! #スパイダーマン    #ベイマックス #クレヨンしんちゃん #桐島、部活やめるってよ #ワンダー #時かけ #河童のクゥと夏休み #小さな恋のうた 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

シェアなんかもしちゃってください!
24
カメラマンです。写真を撮ります。動画も撮ります。文字を綴ります。1年に100本以上映画を観ます。スタバのほうじ茶ラテが生命源。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。