6+3+3地歴学習プロジェクト

小・中・高等学校で地歴を学ぶ『6+3+3地歴学習プロジェクト』。遠足・修学旅行・校外学習をつなげたものにして無理なく公教育に導入することを提案しています。行政の方・教育者向け、生徒さんも使えるヒント集(Tips)マガジンをご覧下さい。https://www.worec.jp/

6+3+3地歴学習プロジェクト

小・中・高等学校で地歴を学ぶ『6+3+3地歴学習プロジェクト』。遠足・修学旅行・校外学習をつなげたものにして無理なく公教育に導入することを提案しています。行政の方・教育者向け、生徒さんも使えるヒント集(Tips)マガジンをご覧下さい。https://www.worec.jp/

マガジン

  • 6+3+3地歴学習【行政向け】

    行政の方向けに、6+3+3地歴学習の導入、修学地として看板などの整備についてなどのヒントを発信しています。

  • 6+3+3地歴学習【先生向け】

    教育関係者向けに『6+3+3地歴学習プロジェクト』の概要を説明した記事です。

  • 6+3+3地歴学習アイデアTips

    小・中・高等学校での遠足・修学旅行・校外学習を、つながったものにしていく6+3+3地歴学習のアイデア・ヒントのTipsです。行政向けのTipsもそれぞれの記事の後半に。

ストア

  • 商品の画像

    遠足シリーズ 4冊セット

    B5横型 78~82ページ フルカラー中高生の遠足に役立ち、大人の方にも読みごたえと発見がある、生涯読める地歴ガイドブック『遠足シリーズ』全4冊です。家庭学習・総合学習・自宅学習・代替学習にもぴったりです。約150年間の鎌倉時代を起点にした『鎌倉遠足』、その前の約800年をおもに『京都遠足』で、後の約800年を『東京遠足』で取り上げます。『阪神遠足』では、2750年まで遡ります。通史がわからなくなりがちな日本の歴史にスーッと時間軸が通る4冊セットです。『遠足シリーズ』は、現地取材をもとにした、地歴からこの国を観るシリーズです。簡潔な文章と豊富なビジュアルデザインで、コラムも充実し、どこからでも楽しく読めます。『鎌倉遠足』は、鎌倉市内書店で月間売上1位を記録。公立・私立中高一貫校、公立・私立小・中学校で実際に遠足や修学旅行の事前学習に採用されています。近隣の地歴とこの国の通史との関係もすっきりとわかります。大人の方の学び直しや街歩きにもお勧めです。カートに入れてセット数を選択し、『ゲスト購入する』を選んで購入してください。(STORESに登録・ログインしなくても購入できます。その場合は会員登録のチェックを外してください。)送料は何冊でも全国一律300円です。領収書が必要なお客様は、その旨と宛先を備考欄にご記入ください。クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners)/コンビニ決済/PayPal/銀行振込/キャリア決済/楽天ペイ等が利用できます。ご注文を受け付け次第、レターパックライトかゆうパックで発送し、お客様番号をお知らせします。レターパックライトは原則ポスト投函となります。A4より少し大きいサイズで、ポストに入らない場合は不在票が入り、再配達もしくは配達該当郵便局での受け渡しとなります。●amazon電子書籍版はこちらからhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07WM2XG69?searchxofy=true&ref_=dbs_s_aps_series_rwt
    ¥4,070
    遠足シリーズ
  • 商品の画像

    鎌倉遠足

    B5横型 78ページ フルカラーもくじ【はじめに】鎌倉は源氏と平氏のコラボだった/初めてのこころみの数々/鎌倉がなければ江戸・東京はなかった図版❶なぜ? 武士たちは鎌倉に結集したのか ~それは領土の“奪い合い”から始まった~図版❷主な系図 ~藤原氏・清和源氏・坂東平氏~図版❸東国への人の流れ ~古代から党ができるまで~図版❹鎌倉幕府に関わった人物(相関図)図版❺臣籍降下から見る鎌倉の140年間幕府のしくみ・年表【単元Ⅰ】鎌倉の人物(幕府に関わった40人の生涯)【単元Ⅱ】鎌倉の合戦(8つの合戦・内乱があった)【単元Ⅲ】鎌倉の史跡(50ヵ所:6つのゾーンでとらえよう)【鎌倉遠足のコツ】神社仏閣、こう分類するとわかりやすい/「やぐら」ってなんだろう?/大正~昭和に建立された石碑が80基!/遠足の心得【おわりに】鎌倉が残した3つのもの(遠足計画メモ付)【コラム】一夫一妻を望んだ政子/鵯越の逆落とし/十三人の合議制/乳母の活躍/雛鶴姫伝説/御厨とは/全国の氏の祖となった鎌倉の御家人/御成敗式目とは/扁額って何だろう?/地震・災害の多い鎌倉/など 約30コラム『遠足シリーズ』は、現地取材をもとにした、地歴からこの国を観るシリーズです。簡潔な文章と豊富なビジュアルデザインで、コラムも充実し、どこからでも楽しく読めます。『鎌倉遠足』は、鎌倉市内書店で月間売上1位を記録。公立・私立中高一貫校、公立・私立小・中学校で実際に遠足や修学旅行の事前学習に採用されています。自宅学習、家庭学習、代替学習にも適しています。大人の方の学び直しや街歩きにもぴったりです。カートに入れて冊数を選択し、『ゲスト購入する』を選んで購入してください。(STORESに登録・ログインしなくても購入できます。その場合は会員登録のチェックを外してください。)送料は何冊でも全国一律300円です。領収書が必要なお客様は、その旨と宛先を備考欄にご記入ください。クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners)/コンビニ決済/PayPal/銀行振込/キャリア決済/楽天ペイ等が利用できます。ご注文を受け付け次第、レターパックライトかゆうパックで発送し、お客様番号をお知らせします。レターパックライトは原則ポスト投函となります。A4より少し大きいサイズで、ポストに入らない場合は不在票が入り、再配達もしくは配達該当郵便局での受け渡しとなります。●amazon電子書籍版はこちらからhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07WM2XG69?searchxofy=true&ref_=dbs_s_aps_series_rwt
    ¥880
    遠足シリーズ
  • 商品の画像

    遠足シリーズ 4冊セット

    B5横型 78~82ページ フルカラー中高生の遠足に役立ち、大人の方にも読みごたえと発見がある、生涯読める地歴ガイドブック『遠足シリーズ』全4冊です。家庭学習・総合学習・自宅学習・代替学習にもぴったりです。約150年間の鎌倉時代を起点にした『鎌倉遠足』、その前の約800年をおもに『京都遠足』で、後の約800年を『東京遠足』で取り上げます。『阪神遠足』では、2750年まで遡ります。通史がわからなくなりがちな日本の歴史にスーッと時間軸が通る4冊セットです。『遠足シリーズ』は、現地取材をもとにした、地歴からこの国を観るシリーズです。簡潔な文章と豊富なビジュアルデザインで、コラムも充実し、どこからでも楽しく読めます。『鎌倉遠足』は、鎌倉市内書店で月間売上1位を記録。公立・私立中高一貫校、公立・私立小・中学校で実際に遠足や修学旅行の事前学習に採用されています。近隣の地歴とこの国の通史との関係もすっきりとわかります。大人の方の学び直しや街歩きにもお勧めです。カートに入れてセット数を選択し、『ゲスト購入する』を選んで購入してください。(STORESに登録・ログインしなくても購入できます。その場合は会員登録のチェックを外してください。)送料は何冊でも全国一律300円です。領収書が必要なお客様は、その旨と宛先を備考欄にご記入ください。クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners)/コンビニ決済/PayPal/銀行振込/キャリア決済/楽天ペイ等が利用できます。ご注文を受け付け次第、レターパックライトかゆうパックで発送し、お客様番号をお知らせします。レターパックライトは原則ポスト投函となります。A4より少し大きいサイズで、ポストに入らない場合は不在票が入り、再配達もしくは配達該当郵便局での受け渡しとなります。●amazon電子書籍版はこちらからhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07WM2XG69?searchxofy=true&ref_=dbs_s_aps_series_rwt
    ¥4,070
    遠足シリーズ
  • 商品の画像

    鎌倉遠足

    B5横型 78ページ フルカラーもくじ【はじめに】鎌倉は源氏と平氏のコラボだった/初めてのこころみの数々/鎌倉がなければ江戸・東京はなかった図版❶なぜ? 武士たちは鎌倉に結集したのか ~それは領土の“奪い合い”から始まった~図版❷主な系図 ~藤原氏・清和源氏・坂東平氏~図版❸東国への人の流れ ~古代から党ができるまで~図版❹鎌倉幕府に関わった人物(相関図)図版❺臣籍降下から見る鎌倉の140年間幕府のしくみ・年表【単元Ⅰ】鎌倉の人物(幕府に関わった40人の生涯)【単元Ⅱ】鎌倉の合戦(8つの合戦・内乱があった)【単元Ⅲ】鎌倉の史跡(50ヵ所:6つのゾーンでとらえよう)【鎌倉遠足のコツ】神社仏閣、こう分類するとわかりやすい/「やぐら」ってなんだろう?/大正~昭和に建立された石碑が80基!/遠足の心得【おわりに】鎌倉が残した3つのもの(遠足計画メモ付)【コラム】一夫一妻を望んだ政子/鵯越の逆落とし/十三人の合議制/乳母の活躍/雛鶴姫伝説/御厨とは/全国の氏の祖となった鎌倉の御家人/御成敗式目とは/扁額って何だろう?/地震・災害の多い鎌倉/など 約30コラム『遠足シリーズ』は、現地取材をもとにした、地歴からこの国を観るシリーズです。簡潔な文章と豊富なビジュアルデザインで、コラムも充実し、どこからでも楽しく読めます。『鎌倉遠足』は、鎌倉市内書店で月間売上1位を記録。公立・私立中高一貫校、公立・私立小・中学校で実際に遠足や修学旅行の事前学習に採用されています。自宅学習、家庭学習、代替学習にも適しています。大人の方の学び直しや街歩きにもぴったりです。カートに入れて冊数を選択し、『ゲスト購入する』を選んで購入してください。(STORESに登録・ログインしなくても購入できます。その場合は会員登録のチェックを外してください。)送料は何冊でも全国一律300円です。領収書が必要なお客様は、その旨と宛先を備考欄にご記入ください。クレジットカード(VISA・Mastercard・American Express・JCB・Diners)/コンビニ決済/PayPal/銀行振込/キャリア決済/楽天ペイ等が利用できます。ご注文を受け付け次第、レターパックライトかゆうパックで発送し、お客様番号をお知らせします。レターパックライトは原則ポスト投函となります。A4より少し大きいサイズで、ポストに入らない場合は不在票が入り、再配達もしくは配達該当郵便局での受け渡しとなります。●amazon電子書籍版はこちらからhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07WM2XG69?searchxofy=true&ref_=dbs_s_aps_series_rwt
    ¥880
    遠足シリーズ
  • もっとみる

最近の記事

6+3+3地歴学習❻高等学校での地歴学習

小中高の地歴学習の組み立て方6+3+3地歴学習プロジェクトは、小学校の6年間、中学校の3年間、高等学校の3年間をつなげて地歴を学ぶプロジェクトです。ここでは『6+3+3地歴学習❸バラバラに知る知識を通史に集約していこう』の”高校生に起こること”などで示した成長過程などで、公教育での遠足・校外学習・修学旅行の中に無理なく地歴学習を取り入れるポイントを具体的に示していきます。 ❶この国の成り立ちを通史としてとらえよう選択してきた科目や耳にしがちな知識など、偏りがある状態で社会に

    • 6+3+3地歴学習❺中学校での地歴学習

      小中高の地歴学習の組み立て方6+3+3地歴学習プロジェクトは、小学校の6年間、中学校の3年間、高等学校の3年間をつなげて地歴を学ぶプロジェクトです。ここでは『6+3+3地歴学習❸バラバラに知る知識を通史に集約していこう』の”中学生に起こること”で示した成長過程で、公教育での遠足・校外学習・修学旅行の中に無理なく地歴学習を取り入れるポイントを具体的に示していきます。 ❶目的意識を持とう中学生(小中一貫教育では7-9年生)は、行動範囲が拡がり、ネットから情報が入ってくる中で自分

      • 6+3+3地歴学習❹小学校での地歴学習

        小中高の地歴学習の組み立て方6+3+3地歴学習プロジェクトは、小学校の6年間、中学校の3年間、高等学校の3年間をつなげて地歴を学ぶプロジェクトです。ここでは『6+3+3地歴学習❸バラバラに知る知識を通史に集約していこう』の”小学生に起こること”で示した成長過程で、公教育での遠足・校外学習・修学旅行の中に無理なく地歴学習を取り入れるポイントを具体的に示していきます。 地歴学習は自然で豊かな学習効果を生む地歴学習は単なる郷土の歴史学習という範疇を超えて、成長期にさまざまな豊かな

        • 6+3+3地歴学習❸バラバラに知る知識を通史に集約していこう

          バラバラに入ってくる歴史的な知識歴史の知識は、小さい頃からいろいろな状況においてバラバラに入ってきます。 小学生に起きること小学校低学年では、通学や日常の中で地域史に初めて触れます。しかし単発に経験し、そのたび大人から断片的に教えられるため、混乱しどう質問していいかわからない、とりあえず保留する、経験が点のまま積み重なるという状態が続きます。 高学年になって『日本史』が始まります。しかし中学校に進級するまでの1年間で駆け足で学習するので、単語を覚える程度になってしまいます

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 6+3+3地歴学習【行政向け】
          6+3+3地歴学習プロジェクト
        • 6+3+3地歴学習【先生向け】
          6+3+3地歴学習プロジェクト
        • 6+3+3地歴学習アイデアTips
          6+3+3地歴学習プロジェクト

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          各種お問い合わせ

          01|地歴学習の進め方 02|地歴学習に優しい街づくり 地歴学習に関しては、電話 042-430-6197/ 下記フォーム / info @ worec.jp(@前後の半角スペースを取って下さい)までご相談・お問い合わせください。 03|地歴学習の教材 『遠足シリーズ』(鎌倉遠足・東京遠足・京都遠足・阪神遠足)はSTORESで販売しています。『ゲスト購入する』を選んで会員登録のチェックを外してご購入下さい。 『遠足シリーズ』の概要については公式サイトをご覧ください。

          【地歴学習特別編】全国の史跡看板について

          何といっても京都市の看板京都市内の史跡看板は『京都市』が管理しています。木材でできたシンプルな看板で、どこに行ってもこの看板を”頼り”に歩いて回ることができます。戦乱時代の合戦跡・史跡(応仁の乱以外)で立てられていない箇所はありますが、ほぼ全てが網羅されています。都市の規模に対する看板の大きさ、読みやすさや内容、日本語と外国語のバランスが良く、No.1と言えます。 東京の教育委員会看板東京都内の史跡には東京都教育委員会が看板を立てています。堅牢な造りで黒地に白文字が特徴的で

          【地歴学習Tips#02】 自治体史を読んでみよう

          町史や市史を読んでみよう住んでいる自治体に『〇〇町史』や『〇〇市史』という本があることをご存知ですか? これを自治体史と言い、地方自治体がその自治体の歴史を編纂したもので、都道府県史・市町村史などがあります。自治体における古代史から近代史、天災の記録、寺社仏閣、文化財、産業などを詳細にまとめ、何巻かに分けて刊行されています。巻末に祭りや方言、資料集などを掲載しているものもあります。 もし刊行されていれば地元の書店や役所で販売されますが、内容が豊富で分厚く高価なため、市・町立

          6+3+3地歴学習❷『土地』で観る

          地歴学習の主人公は『土地』『6+3+3地歴学習』で主人公にするのは『土地』です。育った土地でいったい何があったのか、他の土地とどういう関係にあったのかを意識して学んでいくことを勧めています。 歴史を好きになったのは歴史上の人物に興味を持ったことがきっかけである人も多いと思います。ではなぜ地歴学習では、主人公を人にしないで、土地にするのでしょうか。 書物は勝った側が編纂したもの歴史の書物は『勝者』が編纂したものがほとんどです。また、歌舞伎の演目など後世に生まれた文化的表現の

          6+3+3地歴学習❶史実をフラットに観る

          6+3+3地歴学習プロジェクトでは、『史実をフラットに観る力』を小学生のうちから身につけていこうと提案しています。 観光と地歴学習のちがい『観光』という言葉を分解すると、『光』を『観る』になります。古くからその言葉や概念があったわけではなく、明治に入って外客誘致のために使われ始めたものです。 語源は、易経に出てくる言葉を訳したとする説が有力だそうです。 旅の楽しさは観光も地歴学習も同じですが、地歴学習はていねいに土地の履歴を一枚一枚はがして理解していく作業です。歴史には

          【地歴学習Tips#01】 国府に寄ってみよう!

          林間学校や移動教室のバス移動で、国府に寄ってみよう小学校での林間学校・移動教室は、行政区によって行き先が決まっていて、都内の品川区などでは日光に毎年行っている学校が多くみられます。校外学習などでのバス移動は貴重な機会なので、少し遠回りして『国府』に寄ってみることをお勧めします。国府は天災を避け見晴らしの良い土地に作られていることが多く、現在の鉄道の駅からは離れていることが多いためです。 国府は全国に置かれ、「府中」「国府」「国分寺」等はそれにちなんだ地名です。東京都内には武

          6+3+3地歴学習プロジェクトについて(ご紹介)

          6+3+3地歴学習プロジェクトができるまで私たちは『鎌倉遠足』(2014年)『東京遠足』『京都遠足』(2017年)『阪神遠足』(2019年)を発刊し、これまで公立・私立中学校で修学旅行や遠足の事前学習に対して講演活動をしてきました。 また、全国の史跡ポイントを取材中に、看板や交通案内サインなどの整備事業を長年にわたって目の当たりにしてきました。 『遠足シリーズ』は、30年にわたる全国取材の元『鎌倉遠足』を発刊、鎌倉在住の保護者の方々、学校の先生や生徒さんや司書の先生方、書