見出し画像

【地歴学習Tips#01】 国府に寄ってみよう!

林間学校や移動教室のバス移動で、国府に寄ってみよう

小学校高学年での林間学校・移動教室は、行政区によって行き先が決まっている場合が多く、関東では品川区をはじめ日光に毎年移動教室に行っています。バス移動は貴重な機会なので少し遠回りをして、『国府』に寄ってみることをお勧めします。国府は、天災を避け見晴らしの良い土地に作られていることが多く、現在の鉄道の駅からは離れている場合が多いためです。

国府は全国に置かれ「府中」「国府」「国分寺」等の地名はそれにちなんでいます。東京都内には武蔵国府跡もありますが、行き先が日光の場合にはぜひ、下野国府跡下野国分寺跡に寄ってみてください。ここは昭和に文化財として登録されて以来、長年にわたって整備され、広大な国府のスケールがよくわかる場所です。

下野国分寺跡
下野国府跡

最近、陸奥国府でも、多賀城南門の復元が始まりました。もし大宰府が目的地である場合には、天満宮だけでなく政庁跡にもぜひ行ってみてください。

国府を観るとこんなことがイメージできる

国府が置かれてから、奈良や京都から地方に赴任したり、下向配流され、土着した人々が、のちに歴史を動かすきっかけになっていきました。配流・下向というとイメージがつかみにくいですが、国府を観ておくとより明確に想像することができます。といった官史の役職名も身近に感じられます。

国府には国分寺国分尼寺が併設されたため、役人の他に瓦職人などの技術集団も都から移住し、一部が土着していきました。こうした人の流れを実感してみて下さい。

国府をつなぐ古代の官道は、幅が10メートル前後もあったといいます。五畿七道の七道「東海道」や「東山道」は道を表すだけでなく、行政区分とされたものです。それまでに崇敬されていた神社に一宮二宮という社格を与えて、まとめたものを総社としました。先住していた人々の祖神を祀ることで、中央政権が表向き平和裏に国府を置いていったことが伺えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【行政Tips#01】修学地に大型バス駐車場や多機能トイレを

修学旅行でバス移動は少なくなる傾向にありましたが、その分コース作りにも制限がかかっているようです。修学地にはやはり大型バスがつけられるスペースがほしいと思います。静岡県の温泉街・修善寺では一番奥にバスプールが新設されました。歩きやすくなり、結果的に観光客が戻ってきているようです。修学地・観光地の奥や北、川があるなら上流、高低差があれば高い所にバスプールがあると、拠点となって散策の出発点となり、都市や街が理解しやすくなるかと思います。

修善寺のバスプールと観光客

駐車場や昼食がとれる広場には、多機能トイレや化粧室を整備してほしいと思います。管理が難しい面があるかもしれませんが、修学地の広さに比べてトイレが少ないととても困ります。飲食店に入ってほしいとか、受け入れの整備不良で遠足の目的地にならないようにしているのかと思ってしまうような修学地もあります。お子さん連れや小学生なども、安心して歩くことができる環境が整えられてほしいと思います。

修学地として遠足や修学旅行に訪れる生徒に配慮した街づくりは、結果的に優しい街づくりになります。子どもは、楽しみと同時に不安を感じながら遠足や修学旅行に出発します。街に安心を感じ、大人になっても食事や宿泊をし楽しみたい魅力的な街となって、何度も訪れるような好循環ができればいいなと思います。

【行政Tips#01】
修学地には大型バス駐車場と多機能トイレの整備を

ホームページでも6+3+3地歴学習プロジェクトについて掲載していますので、よろしければこちらもご覧下さい。
https://www.worec.jp/633.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!