新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

6+3+3地歴学習プロジェクトについて

6+3+3地歴学習プロジェクトができるまで

私たちは2014年に『鎌倉遠足』を、2017年に『東京遠足』『京都遠足』、2019年に『阪神遠足』を発刊し、これまで公立・私立中学校で修学旅行や遠足の事前学習に対して講演活動をしてきました。

遠足シリーズと講演風景
遠足シリーズと事前学習の講演

また、全国の史跡ポイントを取材中に、看板や交通案内サインなどの整備事業を長年にわたって目の当たりにしてきました。

全国の史跡の看板いろいろ
看板や交通案内サイン

『遠足シリーズ』は『鎌倉遠足』を発刊して在住の生徒さんや保護者の方々、学校の先生や図書館の司書の先生方、書店、観光に携わっている方々、などに多くの反響をいただいて次の出版リクエストを受け、取材で山口県大島郡周防大島町、京都市北区と拠点を移しながら、残りの3冊をリリースしたものです。

周防大島町では地域おこし協力隊、民泊で町役場と連携して修学旅行の受け入れをしている元教師の方々と交流しました。また、京都市での取材時はインバウンドが最高潮で、観光行政の中での修学旅行の姿を観てきました。

京都の修学旅行生
京都の修学旅行生

小学校~高校までつなげて学びたい地歴学習

6+3+3とは小学校の6年間+中学校の3年間+高等学校の3年間を一連のつながったものにして考えていこうというアイデアです。今では小中一貫校・中高一貫校も増えてきて、私立学校も考え合わせると6+3+3とならない場合もありますが、子どもの成長に合わせて郷土や近隣県、国の中の地歴ポイントを学んでいこうというのがこのプロジェクトの骨子です。

小学生の時に周りが見えるようになって、気が付いたらあった地元の史跡への『何だろう?』という疑問をほっておかないで、徐々に視野を拡げて社会に出るまでにこの国の成り立ちと繋がりをわかってから旅出とうというプロジェクトです。

『地歴』とは土地の履歴

「地歴とは『地歴公民』の地理・歴史のことですか?」と先生方に聞かれますが、細かく言えば『土地の履歴』と考えています。

レイヤーが重なって土地に層になっている出来事を、歴史上の人物で見ずに、土地を主人公にして観ていきましょう。

コロナ禍から修学旅行や遠足を考え直すとき

修学旅行は旅行業や観光業にとっては、あまり利益の上がらないものです。コロナ禍になる前は海外への修学旅行も流行しました。体験型として工芸などに接する時間になっている場合もありますが、保護者にとっては何年もかかって送り出す特別な旅です。

遠足も校外学習も、計画してもコロナ禍のもとでは、当日どうなるかわからない、でも準備もムダな時間にしないですごさせてあげたい。

一方、修学旅行や校外学習を迎える行政側にとって、修学地として子供に解りやすく整備することは、結果的に人にやさしい街づくりとなると考えています。

私たちは公教育の中に「地歴学習」を取り入れていくことのメリットや、各カテゴリで実践できるアイデアを、発信していきたいと思います。

ホームページでも6+3+3地歴学習プロジェクトについて掲載していますので、よろしければこちらもご覧下さい。
https://www.worec.jp/633.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!