銀河フェニックス物語 <恋愛編>  第二話(2) 麻薬王の摘発
見出し画像

銀河フェニックス物語 <恋愛編>  第二話(2) 麻薬王の摘発

48ノ月(ヨハノツキ)
レイターとアディブ先輩の出張先で麻薬王が逮捕され銃撃戦が起きていた。
銀河フェニックス物語 総目次 
<恋愛編>第二話「麻薬王の摘発」まとめ読み版 (1

「アディブ先輩って、かっこいいよね。レイターは女好きだから、ティリーは二人の出張、妬けるでしょ」

n45後ろ目笑う2カラー

 ベルの言葉にざわつく。
「何、バカなこと言ってるのよ」
 と口では言いながら、不安がよぎった。

 アディブ先輩は、仕事もできて憧れの先輩だ。

 そして、レイターにとって、アディブ先輩はほかの不特定多数の女性とはどこか違うのだ。二人の醸し出す雰囲気からは、ボディガードと警護対象者という仕事のつきあい以上のものを感じる。

アディブとレイターコーヒー2

 過去にわたしは、アディブ先輩がレイターの『愛しの君』じゃないかと疑った程だ。

 二人は同期入社だった。
 わたしの知らないレイターをアディブ先輩は知っている。ベルが言う通りわたしは妬いているのだろうか。

「私、午後の打ち合わせがあるから、先に行くね」

n50@困り笑顔

 チャムールがそそくさと席を立った。

 わたしはその様子が気になった。どこか変だ。
 チャムールは今回の麻薬王の摘発を知っていたんじゃないだろうか。ニュースが始まった瞬間に彼女は反応し、その後は、一言もしゃべらなかった。

 どう考えても、麻薬王の潜伏先の向かいがうちの取引先だなんて、偶然にしてはおかしすぎる。レギ星だって広いのだ。
 ニュースで見た銃撃戦が頭に浮かぶ。
 レイターの特命諜報部の任務に、アディブ先輩が巻き込まれたんじゃないだろうか。
 実はレイターは、麻薬王を逮捕するためにアジトへ突入したんじゃないだろうか。
 危険なことをしていたんじゃないだろうか。と、どんどん妄想が広がり、心配になってきた。

 連邦軍将軍家のアーサーさんを彼氏に持つチャムールは、わたしたちに話せない情報を持っているに違いない。

 チャムールから話を聞きたいけれど、レイターが軍の特命諜報部員だということはベルにも言えない秘密だ。会社で話すわけにはいかない。

 その日の午後には、アディブ先輩の出張が麻薬王の摘発で延びたことは、社内に知れ渡った。また『厄病神』のせい、と噂になっていた。
 それでもさすがアディブ先輩だ、契約はきっちり完了した。

 医大を卒業したというアディブ先輩は頭脳明晰で仕事ができる。容姿端麗で性格もいい。才色兼備とはこのことだ。
 落ち着かない。わたしは知っている。レイターは頭のいい、聡明な女性が好きなのだ。

画像5

 わたしは当てはまらないけれど、前の彼女のフローラさんがそうだった。気持ちが塞ぐ。

 家に帰ってから急いでチャムールに通信を入れた。
「ねえ、チャムール、教えて。きょうの麻薬王の逮捕に特命諜報部って絡んでるの?」
「さあ、どうなのかしら?」
「チャムールは、知ってるんでしょ」
「知らないわよ。ごめんね、ティリー、私、忙しくて。仕事を持ち帰ってきたから、作業を進めたいの」

n36@3見つめる柄逆

 何だかチャムールがよそよそしい。

 忙しいのは嘘じゃないのだろうけれど、わたしと話がしたくない、っていう雰囲気が伝わってくる。こんなことは初めてだ。
「ごめん、切るね」
 チャムールなら絶対レイターの秘密の任務のことを知っている、と思ったのに……

 
 そして、予定より二日遅れてフェニックス号は、レギ星の出張から帰ってきた。
 夕方、わたしは仕事を早く終えると、社内の駐機場までフェニックス号の迎えに行った。
「まだじゃぞ。彼氏の到着時間より三十分も早いわい」
 配船係のメルネさんに笑われた。

メルネにやり

 でも、レイターが早く帰ってくる気がした。メルネさんが航路モニターをチェックする。
「おっ、レイターの奴、途中で速度違反しおったな。あと五分でフェニックス号は到着するわい」

 交通法規は守ってほしいのだけれど、早めに来ておいてよかった。       (3)へ続く

裏話や雑談を掲載した公式ツイッターはこちら

第一話からの連載をまとめたマガジン 
イラスト集のマガジン

この記事が参加している募集

宇宙SF

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
48ノ月(ヨハノツキ)

ティリー「がんばりますので、よろしければ、サポートをお願いします」  レイター「船を維持するにゃ、カネがかかるんだよな」          ティリー「あなたの分じゃありません」

アーサー「痛み入ります。ご多幸あれ」
48ノ月(ヨハノツキ)
ヨハノツキです。舞台は宇宙。恋あり、笑いあり、アクションありのイラスト付き小説「銀河フェニックス物語」書いてます。20年1月1日から毎日更新中。目標の源氏物語の百万字を達成。フォロー0の理由は→https://note.com/48nomoon/m/m0c988bdc307d