西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio

建築と人間の接点から生まれるエピソードを中心に気の赴くままに書いています.建築の魅力に取り憑かれてずいぶん経ちますがその愛はますます深まるばかり.普段は建築を含めたデザイン(設計)の実践と教育に携わっています.メディア UNDESIGNED 編集長.世界の片隅,広島市在住.

西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio

建築と人間の接点から生まれるエピソードを中心に気の赴くままに書いています.建築の魅力に取り憑かれてずいぶん経ちますがその愛はますます深まるばかり.普段は建築を含めたデザイン(設計)の実践と教育に携わっています.メディア UNDESIGNED 編集長.世界の片隅,広島市在住.

    マガジン

    • THINK BOOK

      「THINK BOOK」は、サポーズデザインオフィスが企画する、THINKをテーマにしたプロジェクトを文字と写真でとどけるメディアです。 2011年からスタートし、毎月1回、国内外から広島事務所本社へゲストを招いてのトークショーと、その時々のゲストに関連する企画を行っています。 谷尻誠がファシリテーターをつとめ、240designの西尾通哲が、ゲストの現在の活動内容だけでなく、なぜその活動を行うに至ったのか、その発想の原点にある「考え」はどのようなキッカケによるものかなど、物事の生まれる背景についてせまっていきます。

    • サボテン日記(Nの場合)

      植物が好きだけど枯らしてしまう男(僕)が出会ったサボテン。彼は無事サボテンを育てることが出来るのか。その時あたまに浮かんだことをサボテンを眺めつつ掘り下げてみる、リアルと思索が交じり合うエッセイ。結局サボテンのことを書いているようで書いていないかもしれない。完結したら再校正してちょい値上げ予定。1年間は続けてみることにする。(月に数回更新、現在進行中)

    • A(rchitecture) Day In The Life

      建築と人間の接点から生まれるエピソードを気の赴くままに拾い集めて,時にマニアックに,時に独り言のように,ちいさく発信します. エディター&ライター:西尾通哲 (240design) 普段は建築デザイン(設計)の実践と教育に携わっています.世界の片隅,広島在住.

    • 今からでも遅くない.だんだん英語が使えるようになる3つの習慣

      英語を使えるものにするのに留学もお金もほとんど必要ない!日本人にとって,英語は実はそんなに難しいものではありません.もともと中学高校で習った英語の知識しかなかったアラフィフの僕,ある日,英語を喋れるようになるためにはこれがラストチャンスかも,という出来事が.それからトライ&エラーの繰り返し.隙間時間の活用で,だんだん英語が喋れるようになりました.その経験を,3つの習慣として整理してみました.でも半分はエッセイ(笑).世界を旅するように日常に暮らす感覚を養いたい人に.

    • 240gram(s)

      2014年から不定期で発行されていた,240designの西尾通哲が毎日の生活の中で切り取った風景とそこから想起することをまとめたZINE "240gram" を転載しています.記事の購入でA3両面に印刷して複製できるZINEのデータがダウンロードできます.2020年4月現在,VOL.10まで出ています.(アーカイブはランダムにぼちぼちアップしていきます)

    最近の記事

    読むTHINK #120_ゲスト:平井聡士さん(FXトレーダー)

    今回は,最新(2023年1月20日)のTHINKをダイジェストでお伝えします. (告知資料より抜粋) 今回のゲストはFXトレーダーとして活動し高成績を残しつづける億トレーダーの平井聡士さんです。ご自身のYouTubeチャンネル「money money money」は1.44万フォローにのぼりFX YouTuberとして日々のトレード発信をされています。 大学卒業後は新卒で音響設計会社に入社しサラリーマンとして働く傍、中学生から続けていたバンド活動にある日、某音楽事務所から「

      • MEANWHILE CITY ”つかの間の都市(仮)”より②

        MEANWHILE CITY (つかの間の都市)のエッセンスを紹介していくシリーズ この本の中心とも言える「一時的な介入を成功させる10のステップ」をひとつづつ日本語で紹介します。 1.ゴールを共有することから始めよう Start with a shared goal Even before the planning of specific meanwhile uses begins, make sure the intentions and objectives a

        • Fragments, 20230118

          深澤直人,デザイナーの言葉から考えたこと 16日,広島市産業振興センターデザイン開発室の主催で,深澤直人氏の講演会があった.配信でなく会場でのリアル講演会というのは随分久し振りな気がした.テーマは「デザインの美しい考え方」ということで,予想通り,ご自身のデザインしたものについての解説ではなく,どう世界を見ているか,という「考え方」の話.美しい考え方を持って日々の物事を選択すればいい方向に行くはずだ,だからみんなそういう意識を持とうよ,という,We 目線での話.「創発」という

          • MEANWHILE CITY ”つかの間の都市(仮)”より①

            MEANWHILE CITY (つかの間の都市)のエッセンスを紹介していきます。 MEANWHILE CITY とは、2022年後半に出版された、スロバキアやウィーン、ロンドンなどの主にヨーロッパの建築家や都市計画家、街づくりや場所づくりに関わるマルチディシプナリー(多元的な学問領域)で構成されたチームであるMILKがまとめた、一時的な介入で面白く居心地の良い場所を作るための手法に関するリサーチ、インタビュー、事例紹介からなる指南書のような本(ツール)です。 この本の内容

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • THINK BOOK
            谷尻誠 / 建築家 / 起業家 他
            ¥780 / 月
          • サボテン日記(Nの場合)
            西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio
            ¥300
          • A(rchitecture) Day In The Life
            西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio
          • 今からでも遅くない.だんだん英語が使えるようになる3つの習慣
            西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio
            ¥300
          • 240gram(s)
            西尾通哲(240design)/ Michiaki Nishio

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Fragments_20230109

            僕の仕事は,年間を通して週休1日だったりすることが多いこともあって盆と正月にまとめて休暇が取れる仕組みになっていて,この時とばかりに長期の休暇を取るようにしている.日本では珍しくクリスマス休暇的なことも可能なので,今シーズンは本当にクリスマス前から成人式まで休暇を取った.ヨーロッパはクリスマス休暇はあっても,年始は2日から普通に仕事だったりすることを考えたら,ひょっとしたら世界で一番長い休みを取ったのかもしれないと思いつつ... ーー 正月にはスポーツ中継を中心によくテレ

            Fragments, 20230106

            仕事が始まればなかなかテーマに沿って時間を取って向き合って書くことが難しい状況になっており,それはそれで充実しているのだが,なんとなく考えてみたい事柄は突然目の前に現れるわけで,断片的な考察や思い浮かんだことを記していく方法で試してみることにした.まあ,日記のようなメモのような,でも誰かに見られてもいいような,同じことを考えている人がいたら届けばいいなと思いつつ. ーー アテネに暮らす友達のインスタのポストに,ある男の写真が載っている古い日本の雑誌の記事があった.それはオ

            Intermission: 読むTHINK 2022を振り返る

            THINKのようなイベントが,広島という地方都市で継続的に開催されているということをあらためて考えてみると,素直にすごいなと思う. THINKを主宰する建築家・起業家の谷尻誠さんは良くこのイベントについて「だいたい設計事務所のボスは(営業的な意味でも)いろんなクライアントや魅力的な人に出会って刺激を受けることができるのに,スタッフは黙々と事務所で仕事をするわけじゃないですか,ほんとはスタッフに色々刺激を受けたもらったほうがいいと思うんですよね,それで,僕が出会った面白い人を

            3年かけて1冊の本を音読した話

            500ページに及ぶ小説を3年かけて読んだ体験から考えたこと。 自分一人で読むならそんなにゆっくりは読めない。それには特殊な事情があった。海外に住む日本語を勉強している友達のペースで物語を読む、ということを続けてきて、振り返った時にそのゆっくりとした読書体験がもたらしてくれた発見を記しておきたいと思う。 英語を普通に使えるようにするためには、日常の中に英語を読む聞く書く話すを強引に取り入れる必要があると感じて、いくつかの試みを続けている。日本語や日本文化に興味がある外国の言

            「読む」THINK#20:ゲストは鈴木康広さん(アーティスト)_2012年11月16日のダイジェスト

            今回は、10年前、2012年11月に行われたTHINK#20をアーカイブからダイジェストでお届けします。 ーー定期購読マガジン THINK BOOK について THINK BOOK は,読む "THINK" です.Suppose Design Office の谷尻誠が毎月魅力的なゲストを招き「"考える"ことを考える場所」として開催しているイベント"THINK"を読み物として再構成してまとめています. 多彩なゲストとの間で繰り広げられる本音のトークはここでしか聞けないヒントが

            さよなら iPhone ハロー nothing phone.

            iPhone を Android に変えた。 それにしても、nothing phone (1) の LEDのライトがリンゴへのオマージュだと感じるのは僕の考えすぎだろうか。 iPhone だけでなく,Appleを昔から使い続けてきた身にとっては、今回の決断は自分としては大きな変化だと思っているのでここに書いておく。 それまで使っていたのは、iPhone SE の第一世代のもの。その片手で扱える小さなボディをポケットから取り出すと、ときどき人から「何年使っているんですか?

            読むTHINK119_ゲストは四角大輔さん(執筆家)

            今回は、2022年9月30日に開催された THINK119 のダイジェストをお届けします。 告知資料より [THINK 119] 今回のゲストはニュージーランドの原生林に囲まれた湖のほとりで暮らす執筆家の 四角大輔さんです。学生時代、ニュージーランドに留学中の親友から、手紙と湖の写真が届きあまりの美しさに震え、まだ一度も行ったこともない中、いつかニュージーランドへ移住すると決意。移住される前、新卒入社したソニーミュージックに9年、ワーナーミュージックに5年半勤め、プロデ

            読むTHINK #118 / ゲスト:米澤文雄さん(レストラン NO CODE オーナーシェフ)

            今月は、2022年8月26日(金)に行われた最新のTHINKをダイジェストでお送りします。(写真追加しました) 今回のゲストは、シェフの米澤文雄さん。現在42歳で、高校卒業してすぐにレストラン業界に修行に入り、すでに25年近くの経験を持つ米澤さんは、コロナウィルスで業界が苦しい最中の2022年の7月にご自身初となるオーナー・レストラン、no code を西麻布に開業。THINKでは、ホストの谷尻誠との軽妙なやり取りの中で、抱腹絶倒のエピソード、ハッとさせられるモットーや、仕

            倦怠期、あるいは反抗期、それとも内省期

            サボテンの話である. 前回の記録が6月中旬で,梅雨に入ってすぐくらいだっただろうか.5月から6月の間に目に見えて大きくなっていたサボテンが,梅雨明けと同時にその成長が止まったようだ.さて,何が起きているのかと急に不安になった. このサボテンは3月末に接木のワークショップに参加して自分で接木を教えられるままおっかなびっくりやったもので,果たしてうまくいったのか成長が見られるまでそれなりに心配したものだ.養生(包帯で養生されていたので本当に痛々しい感じではあった)を外して,しば

            読む THINK 49 ゲストは津田直さん(写真家)2015年2月27日

            2015年2月27日(金)に行われた 49回目のTHINKをアーカイブから掘り起こしてお伝えします。 写真集のためにカメラを作ることから始まった 谷尻誠さん(以下,谷尻): 実は,津田さんとはごく最近お会いした仲なんです. 津田直さん(以下,津田): そうですね,1ヶ月くらい前ですかね. 谷尻: 写真はよく拝見してたんですけど,たまたま津田さんの展覧会の案内の関係で繋がって.実際会って津田さんのことを知ると,その経験をぜひTHINKでお話いただきたいなと思って今回お越

            言葉のない会話

            ミドリ(サボテン:種類は定かではないがおそらくアルケシア、竜神木の上に接木して約11週経過)は、普段は僕の住むフラットの玄関先のポーチに置いてある。ポーチと言っても実際のところは単なる開放廊下なのだが、ただ僕の部屋が角部屋で廊下は玄関扉で行き止まるから用事のある人しか寄ってこないという意味ではポーチたり得るわけだ。だからと言って憚らずたくさんの私物を並べては常識に反するし隣や向かいの部屋の住人にそういう目で見られては嫌なので,多くの住人がそうであるように、傘立てとか、ひとつふ

            読むTHINK_THINK#117:ゲストは大日方久美子さん(パーソナルスタイリスト)

            今回は、最新のTHINK(2022年5月27日)のダイジェストをお届けします。 谷尻誠さん(以下、谷尻): 今日は、パーソナルスタイリストの大日方久美子さんをお迎えしました。 よろしくお願いします。 (会場拍手) パーソナルスタイリストって? 谷尻: そもそも、普段はどんな仕事をしているかあらためて簡単に教えてください。自分の事を何て紹介しています? 大日方久美子さん(以下、大日方): そうですね、パーソナルスタイリストをやってます、って言いますね。 谷尻: その