見出し画像

「あなたの隣にいたい♥」 v.s 「あなたになりたい♥」|『Aチャンネル』に学ぶテクニック

アニメを研究して、創作に活かそう!

本記事では、「Aチャンネル」に「2つの愛の形(隣にいたい♥/一体化したい♥)を学びます。

※「Aチャンネル」については、別記事でも研究しています。詳細は、記事末尾の「関連記事」欄をご参照ください。

---🌞---


テーマ発表!!


本記事では、「トオルが『るんの隣の席』に座るシーン」を詳しく分析します。


▶ 【補足】トオルってどんなキャラだっけ?

・トオルは、高校1年生の女子生徒

幼馴染のるんのことが大好きで、わざわざ同じ高校に入学した

・しかしるんの方が1つ年上なので、一緒にいられるのは休憩時間くらい

・トオルは、「るんと同じ教室にいたかった」「同じ授業を受けたかった」「るんの同級生が羨ましい!」と思っている


トオルが「るんの隣の席」に座るシーンをチェック!


第3話の中盤(物語開始から11分25秒経った辺り)に、こんなシーンがあります。


<1>

休み時間。トオルがいつものように、るんの教室に駆けつける。

しかし、教室には誰もいない……。


<2>

ここで劇中歌「ぎゅっとして欲しいんだ」が流れ始めます。歌詞はこんな具合。

届きそうなのに/届かない関係/何が必要?/何が足りない?


トオルの気持ち(どれほどるんに近づこうとしても、年齢の差が壁になり、どうしても距離ができてしまう!)を歌った曲です。


<3>

劇中歌をBGMに、トオルが呟きます「そっか。次、体育の授業だっけ……」。

つまり、るんらは更衣室で着替えをしている。だから教室は無人だったのです。


<4>

トオルがそっと教室に足を踏み入れます。

そして、辺りをゆっくりと見回す。

壁。

何気ない掲示物。

ゴミ箱。

……「るんちゃんは、いつもここにいるんだな」「るんちゃんの目には、いつもこんな景色が映っているんだな」なんて思っているんでしょうね。


<5>

間もなくトオルは、るんの隣の席に腰かけます

そして、るんの席を見つめて呟いた「るんちゃん……」。


「もしも自分があと1年早く生まれていたら……るんちゃんと同じ教室で、同じ授業を受けることができたのに!」と考えているのでしょう。


トオルは「るんの席」ではなくて、「るんの隣の席」に座る


さて、いまご紹介したシーン。

トオルの切ない想いが伝わってくる名シーンですが……ご注目いただきたいのは、トオルが「るんの隣の席」に座るという点です


「るんの席」ではありません。

トオルが座ったのは、あくまでも「るんの隣の席」です。


憂は「唯の席」に座る


ところで……「けいおん!!」(「けいおん!」シリーズ第2期)の第5話「お留守番!」には、こんなシーンがあります。


・1:唯ら3年生が修学旅行に出かけているある日のこと

・2:憂(唯の妹。唯のことが大好き。死ぬほど好き)が、ひょんなことから唯の教室を訪れた。教室は無人です

・3憂は唯の席に座り、嬉しそうに言う「お姉ちゃんの机だ♥」。

---


そう!

・トオル:「大切な人の隣の席」に座る

・憂:「大切な人の席」に座る

……なんですよ。


「大切な人の隣の席」に座る v.s 「大切な人の席」に座る


さぁ、いよいよ本題です。

「大切な人の隣の席」に座る。「大切な人の席」に座る。……この2つには、どのような違いがあるのでしょうか?


私見では、「大切な人の隣の席」に座る方が、ピュアな印象があると思うんですよね。「あー、本当に好きなんだね♥」「一緒にいたいんだね♥」と応援したくなる感じです。


それに対して、「大切な人の席」に座るという行為には……いかがでしょう。ピュアとは言いがたい欲求、つまりは【性的な欲求】や【大切な人と同一化したいという欲求】が感じられると思いませんか?

※性的な欲求:大好きな人の制服、体操着、ハンカチなどを見かけたらクンクンせずにはいられない。何ならその場で自慰を始めてしまう……なんてあの衝動です。

※大切な人と同一化したいという欲求:「一緒にいたい」ではなくて、「1つになりたい」「一体化したい」という気持ち。


つまり、

・「大切な人の隣の席」に座る:ピュアな印象

・「大切な人の席」に座る:アダルト/クレイジーな印象

……ですね。


「愛」と「ストーカー」の違い


「ファッション」を例に考えてみましょう。


大好きな人と出かける時に……「あの人はいつもスポーティな格好をしている。だから、私もスポーティな服にしよう。隣にいても違和感がないように♥」と考えるのか。

はたまた「あの人と同じメーカーの、同じブランドの、同じカラーの、まったく服を着るんだ♥」と考えるのか。

この違いです。


前者には「愛」を感じますよね。

一方後者は「愛」というよりも「ストーカー」、犯罪の臭いがプンプンします。


▶ 【補足】映画「ルームメイト」

「ルームメイト」という映画をご存知でしょうか?

この映画には、「同一化される側の恐怖(ルームメイトが、次第に自分そっくりになっていく!)」が描かれています。

★詳しくはこちらの記事をチェック! → 嗚呼、あなたもいなくなってしまうのね……。|『ルームメイト』(1)


よりクレイジーなのは、憂


そもそも……トオルと憂はよく似たキャラです。


・2人とも、万能タイプの優等生

・そして、幼い頃から共に過ごしてきた人物(るん、唯)を強く愛している

・その「愛」は、単なる「友情・家族愛」を遥かに凌駕、「執着」というか「依存」というか、そんなレベルに達しているように見える


まぁ端的に言って、2人ともちょっとヤバめのキャラです。「ヤンデレ一歩手前」と言ってもいいかもしれない。


そんな2人ですが……しかし。「愛する人の隣にいたいトオル」と「愛する人と一体化したい憂」。

よりクレイジーのは憂の方だと思うんですよね。


関連記事


「分離不安」と「巨乳にアッパー」!!|『Aチャンネル』に学ぶテクニック

「成長」って、愛する人を相対化すること!!|『Aチャンネル』に学ぶテクニック


---🌞---

関連

---🌞---

最新情報はTwitterで!

---🌞---

 最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんの今後の創作・制作のお役に立てば幸いです。

(担当:三葉)

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サンキュベリーマッチ!!

サンキュー!!!
1
ポップカルチャー(マンガ、小説、ラノベ、アニメ、映画、ゲームなど)のクリエイターの方向けに、創作・制作に役立つ情報をお届けします。/運営はヒャクパーセント・エア(東京都)/フォロー大歓迎です☆