見出し画像

受け入れの方法とスキル 第2段階 その1

やまと たける

第2段階

 この第2段階は、広げていく段階です。次の3つのことを同時に行います。

 1支援学級の担当の先生以外の先生との関係作り(愛着を広げる)
     注)通常学級担任  他の組の先生 サポーター 保健室の先生
       給食の先生 技能職員 校長先生 教頭先生 交通指導員
 2 4つスキルを使い要求を言葉で言わせる(言葉を広げる) 
     注)私の提唱している、発達に凸凹がある子どもとの関わり方
       である4つのスキルを使う。下の記事参照
 3 好きな遊びを、ちょっと違った形でもやってみる(遊びを広げる)
     注)これは、後に先生からの提案を受ける力になる

 この3つのことを取り組んでいく方法について、詳しく書いていきます。もう一度、書いておきますが、次の設定で「お話」を書くことで説明に代えます。その細部を読むことで、この段階の本質が分かるからです。

「軽度発達遅滞で自閉症スペクトラムが中度の子ども」を想定して書きます。支援学級在籍の女の子で、名前は「みーちゃん」です。現在、担当の伊藤先生との関係が成立し、学校での生活が安定した状態にあります。

7月のある日の様子を書きます。

①朝の登校…受け入れ

 登校班のすぐ後ろを、みーちゃんが、お母さんと手をつないでやってきます。なにか、嬉しそうです。学校が、どんなところか、分かってきたからです。

先生「おはよう。みーちゃん。」

みーちゃんは、伊藤先生の顔を見て笑ってくれます。

先生「『おはよう』って言ってよ。早く覚えてね(「覚えて」)。」

 みーちゃんは、小さくうなずいてから、お母さんの手を離し先生の手と手をつなぎに来ます。

先生「お母さん、さようなら。ご苦労様でした。もう少したら、みーちゃん
   は集団登校の中に入れそうですね。」

お母さん「そうですね。ありがとうございます。みー、がんばってね。」

先生「ほら、みーちゃん。お母さんにバイバイして。もうできるでしょ
   う。」

 みーちゃんは、お母さんにバイバイができました。ただ、手のひらを自分の方に向けてバイバイしています。これは、修正していかないといけません。初めに教えたときの失敗です。
  注)見本を、みーちゃんの正面から見せたせいです。みーちゃんは、見
    たまま再現しているのです。教えるときは、横に並んで教えるよう
    にしましょう。




この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

業界あるある

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やまと たける

本好きです。本を買います。余暇のための本ではなく、勉強のための本を買います。よろしくお願いします。

やまと たける
発達遅滞・自閉症やダウン症候群の子どもを、地域の小学校で受けいれいるノウハウとスキルを書いていきます。具体的に、使える原理とそれを使った実際場面をセリフ中心に書いていきます。これらを使って、上記の子どもたちが困らないように、地域の小学校で受け入れてもらいたいと願っています。