長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し

ライター・翻訳者/リンクトイン日本2020「最も人を惹きつけるクリエイター10人」/ニューロダイバーシティ(強いこだわり)/パラレルキャリア/仕事・取材依頼・情報提供はhasets2015@(全角)gmail.com

長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し

ライター・翻訳者/リンクトイン日本2020「最も人を惹きつけるクリエイター10人」/ニューロダイバーシティ(強いこだわり)/パラレルキャリア/仕事・取材依頼・情報提供はhasets2015@(全角)gmail.com

    マガジン

    • セールスフォース事件をめぐる調査報道

      優れたイメージを築いた巨大企業での「障害者差別と人権侵害」をめぐる労働事件訴訟が起きた。合理的配慮は特別扱いなのか。なぜそれがハラスメントではないのか。「当社は障害者の雇用をないがしろにしていません、合理的配慮もやってます」という主張は信じられるものなのか。訴え以外にも障害者の雇用が十分に進められてこなかったことを裏付けるデータが判明している。「平等と多様性」「ビジネスと社会貢献の両立」という発信は信じられるものなのか。定着できる職場環境なのか。負担やリスクを恐れ障害者の雇用を控えるということはできるのか。商業媒体での執筆に先行して配信。裁判報道、障害者雇用制度に伴う問題、SDGs実現のためのESG経営など、多方面の論点に示唆を与える。私が「発達障害当事者ライター」から「ジャーナリスト」になり、人生をかけて勝負に出た調査報道。 #多様性を考える #SDGsへの向き合い方

    • リンクトインの面白さまとめ

      • 99本

      私含め様々な方々による、ビジネスSNS・リンクトインの魅力、有効活用法(個人向け)をつづったnoteをまとめたマガジン。noteユーザーがリンクトインについて調べ物しやすいマガジンになっています。随時追加していきます。 このマガジンは、noteユーザーでリンクトインを推したい人が、プロフィールに表示できるようにしようと思います。 オーナーが、希望するnoteユーザーに、メンバーへの招待リクエストを送り、その人が承認すれば、その人のプロフィールにこのマガジンが表示されます。 「企業向けリンクトイン活用法」マガジンはこちら https://note.com/yuhase/m/m3248e241d3ef

    • 企業向けリンクトイン活用法

      ビジネスSNS・リンクトインの企業活動(コーポレートページ、採用、広報、ブランディングなど)での活用法をつづったnoteをまとめています。随時追加していきます。 このマガジンは、noteユーザーでリンクトインを推したい人が、プロフィールに表示できるようにしようと思います。 オーナーが、希望するnoteユーザーに、メンバーへの招待リクエストを送り、その人が承認すれば、その人のプロフィールにこのマガジンが表示されます。 個人向けの「リンクトインの面白さまとめ」マガジンはこちらhttps://note.com/yuhase/m/mb9f451ab6570

    • 小説「艶やかに派手やかに」

      現代日本を舞台に発達障害のあるヒロインの成長を描いた小説。ヒロインは学校時代を経て就職後につまづき、発達障害の診断をされて再就職しますが、それでも理解を得られず鬱屈とした日々を過ごします。そんななか、ストレスで太ってしまったことでやせるために通い始めたフィットネスクラブで、エアロビクスに出会い、優れた先生に出会います。それを機に、スタジオインストラクターに転身し成長していきます。

    • 有料マガジン「未来は良くなる」Vol.2

      世の中の難しい問題にも親しめるように、丁寧に書いています。属性・場所を問わず、生産的でクリエイティブな働き方、やさしい経済…「未来は良くなる」と信じて。

    最近の記事

    • 固定された記事

    Twitter買収に伴う人員整理のニュースを踏まえた呼びかけ

    Twitter買収に伴う人員整理のニュースが報じられています。それを踏まえた呼びかけです。 従業員の半数がレイオフ対象 11月4日、Twitter社ではグローバルで従業員の半数ともいわれる規模の人員整理が起きました。 ロイター通信によると、既に米国本社従業員からの集団訴訟が起きています。「同社が連邦法やカリフォルニア州法で規定されている60日前の事前通告なしに大規模なレイオフを進めているとして集団訴訟を起こした」ということです。 Twitter日本法人でもレイオフ対象

      • 「ビジネスと社会貢献の二刀流」「声を出せる場所づくり」…?

        セールスフォース日本法人の一大販促イベント"World Tour"に、筆者もプレス枠でオンライン参加してきました。1日目の11月29日、小出伸一会長は特別セッションで、「当社はビジネスと社会貢献の二刀流」と宣言。また人事責任者の酒寄久美子氏は、日本企業のリーダーとともに、女性活躍を中心としたダイバーシティ推進を語るセッションで、「声を出せる場所づくりが大切」と発言。 かたや同社は11月9日に数百人削減が報じられ、さらに2000人削減計画も報じられました。社員らの心中はどのよ

        • 【11月28日結審】聴覚障害児の逸失利益裁判・証人尋問傍聴記

          「相手側の主張が通ったら、本当にこの世の中狂ってしまいます!」 交通事故で11歳の子を亡くした父親は、強い語気で訴えかけた。 その事故の加害者は、持病のてんかんを隠して運転を続け、本件以前にも数件に及ぶ当て逃げや人身事故を犯しており、集団下校中に歩道で信号待ちしていた子どもたちのところに発作を起こして突っ込んだ。刑事裁判では危険運転致死傷罪が適用され、懲役7年の実刑判決。 加害者からは謝罪らしい謝罪はなく、見舞金や謝罪金は一銭もないという。謝罪の手紙は被害者家族の元には

          • 労働問題で裁判になった企業の特徴

            ブラック企業が社会問題と認識されるようになり久しいです。ブラック企業は、特に労働裁判や、またそこで違法性認定の判決が出るなどして、実態が知られるようになりました。しかし表面化するのは氷山の一角とみられます。 「ブラック企業」について、厚生労働省は定義していませんが、一般的な特徴として、以下のように示しています。 ① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す ② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い ③ このような状況下で労働

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • セールスフォース事件をめぐる調査報道
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し
          • リンクトインの面白さまとめ
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し 他
          • 企業向けリンクトイン活用法
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し
          • 小説「艶やかに派手やかに」
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し
            ¥4,200
          • 有料マガジン「未来は良くなる」Vol.2
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し
            ¥3,500
          • ニューロダイバース(発達障害)の人にはどう接したらいいの?
            長谷ゆう/ライター兼翻訳者/ビジネスとダイバーシティ/LinkedIn推し
            ¥2,500

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            障害者差別訴訟係争中のセールスフォース日本、大量解雇で第2、第3の訴訟も懸念。経済と優生思想の暗い関係を綴る

            発達障害の元社員が、米国系IT大手セールスフォース日本法人を相手取った障害者雇用差別訴訟が続いている。 第8回期日 11月14日11時に東京地裁で第8回期日が行われた。この日は、筆者、障害者団体関係者、雑誌記者など9人が傍聴した。 被告会社側から、原告が面談した産業医の意見書が提出されたが、原告側代理人の早田賢史弁護士から「編集されたものに見える」と指摘が出る一場面があった。 この裁判では、産業医の指示により、原告元社員のメンタル不調からの復職条件として、基礎疾患によ

            Twitter、メタに続き、セールスフォースもアメリカで数百人削減

            Twitter4000人、メタ(元Facebook)1万人に続き、あのセールスフォースもアメリカで数百人削減実施。セールスチームが対象となりました。日本法人はどうなんでしょうか…?いま何が起きているのか、境遇について、情報提供を求めています。匿名・実名での情報提供をいただける方は、私のメッセージ (hasets2015@(全角)gmail.com) までお送りください。 もしつながりのある方で解雇対象となった方がいましたら、再就職のサポートに協力することを呼びかけます。

            発達障害者差別訴訟係争中のセールスフォース日本法人人事部責任者「平等への道は遠く道半ば」

            セールスフォース・ジャパンの人事部責任者である、イクオリティオフィス・ディレクターの酒寄久美子氏が、ダイバーシティをテーマにしたオンラインイベント「ダイバーシティキャリアフォーラム2002」の2日目である10月30日に流された3分間の動画に登場した。同社が5つのコアバリュー(信頼、カスタマーサクセス、イノベーション、平等、サステナビリティ)に沿って、「Equality for all(すべての人に平等を)」を推進していることをアピールした。そのなかで、同社が、社会構成を反映し

            日本のSDGsは大丈夫?ダイバーシティなキャリアイベントで差別訴訟係争中の企業幹部が登壇している!?

            10月29日・30日、ダイバーシティインクルージョンをテーマにしたキャリアイベント「ダイバーシティキャリアフォーラム2022」がオンラインで開催されます。 本日がその2日目で、13時半~18時にわたり、企業のトークセッションなどが行われます。 各社の関係者が何を語るかに注目しています。 しかしながら最近では、SDGsや働き方、女性活躍やLGBTフレンドリーの文脈で頻繁にメディアやイベントに登場しますが、「ノルマが非常に厳しく長時間労働で短期離職者が多数出ている」(全ての社員

            出社要請で社内に緊張関係 先駆的グローバル企業の光と影 コロナ拡大のなかメンタル復職社員の「通勤訓練」は妥当か

            セールスフォース米国本社のブレット・テイラーCEOが、出社か在宅勤務かをめぐり「上司と部下の間に緊張関係が生じている」との見方を示していることを、日本経済新聞が報じている。 日経新聞によると、テイラー氏は夏以降に日本の顧客を含む100社あまりのトップと面会したところ「誰もが『柔軟な働き方』のあるべき姿を話題に挙げた」と言う。コロナの影響が薄れるなかで「多くのCEOがどのように従業員とのつながりを取り戻し、企業文化を再構築すべきか模索している」。テイラー氏は2020年を「恐怖

            【追悼】「空飛ぶ車イス」木島英登さん

            「空飛ぶ車イス」こと木島英登さんが、2022年7月11日にご逝去されました。享年49歳、くも膜下出血でした。 世界175ヶ国を車いすで訪問し、そのほとんどが一人旅。世界のバリアフリー、ユニバーサルデザイン、そしてダイバーシティ・多様性の事情を熟知する第一人者として、記事や書籍・論文の執筆、旅行業界へのアドバイス、多方面でご活躍されました。海外ではシンポジウムや大型イベントなどで日本のバリアフリー事情を紹介し、障がいのある外国人観光客を、日本へ誘致する活動にも力を注ぎました。

            「差別訴訟係争中のセールスフォース人事本部長が障害者雇用イベント登壇」コメントが寄せられています

            先日、ダイバーシティインクルージョンがテーマのイベントに、差別訴訟が係争中の企業の人事本部長が障害者などの雇用をテーマにした「SAMURAI 125」トークセッションに登壇したという記事を出しました。このタイミングでの登壇は引っかかります。 リンクトインではこの投稿に、今日までに2800件を超えるインプレッション数があり、数々のコメントがありました。「言行不一致」「SDGsウォッシュ」「イベントがブラックユーモア」という反応も。 でしょうね…誰かが警鐘を鳴らさないとSDG

            今日は翻訳の日 International Translation Day

            9月30日は翻訳の日、International Translation Day。誕生日のように大切にしたい日です。 翻訳の日に関するサイト いまの翻訳の世界について思うこと 翻訳会社側から見た問題認識 「翻訳の日」は通訳者を称える日でもあります。通訳者には、手話通訳者も含まれます。

            障害者雇用をきちんとやっている会社とダメな会社の違い。東洋経済障害者雇用ランキングが今年も発表

            東洋経済社による「障害者雇用率が高い会社」ランキングが、9月22日に発表されました。 1位になったのは、ゼネラルパートナーズという障害者雇用支援会社でした。5年連続1位で、雇用率は17.9%、雇用数は39人。2位は食品トレイメーカーのエフピコ(雇用率12.7%、367人)、3位はエンタメ企業のエイベックス(雇用率7.40%、14人)。 ゼネラルパートナーズ社の進藤均社長が、「障害者雇用をきちんとやっている会社とダメな会社の違い」をnoteに書いています。 最近はPRが非

            SDGs経営って何なんでしょうね…「セールスフォースのすごいオフィス」に思う

            26日、日経Xトレンドにセールスフォース日本法人の今年2月に移転した千代田区大手町の新オフィスが紹介されていました。 いつも筆者の記事に出てくる、このオフィスビルの中は、日経Xトレンドの写真のようになっています。 日経Xトレンドの記事によると、オフィス設計は海外のデザイン会社が手がけており、世界共通のデザイン基準のほか、日本拠点としての特徴的なデザインもあります。リモートワークができる環境づくりのほか、人と人とが直接会う楽しさや自発性の向上にもつながる柔軟性のある働き方を

            差別訴訟が係争中のセールスフォース日本人事本部長「トップの本気」「声を拾うこと大切」

            9月25日東京ミッドタウン六本木で開催された、ダイバーシティインクルージョンをテーマにしたイベント「LIVES TOKYO2022」(NPOハンズオン東京主催)の、障害者などの雇用に関するトークセッションで、セールスフォース日本法人の人事本部長の鈴木雅則氏が登壇しました。 鈴木雅則(すずきまさのり)氏 株式会社セールスフォース・ジャパン常務執行役員人事本部長 (米)コーネル大学院人材マネジメント・組織行動学修士。2003年よりGE、Googleにて採用・リーダーシップ開発業

            差別訴訟が係争中のセールスフォース日本人事本部長、障害者雇用トークセッションに登壇 25日17:10~東京ミッドタウン六本木

            明日9月25日東京ミッドタウン六本木で開催される、ダイバーシティインクルージョンをテーマにしたイベント「LIVES TOKYO2022」の、障害者などの雇用に関するトークセッションで、セールスフォース日本法人の人事本部長の鈴木雅則氏が登壇することがわかりました。イベント公式サイトによると登壇は17時10分から。同社の障害者雇用について何を語るでしょうか…。イベントはNPOハンズオン東京主催。トークセッションのタイトルにある「SAMURAI125」とは、障害者の雇用をテーマにし