yokoFrance

パリ在住のフランス政府公認ガイド。美術史、民俗学のマスター取得。以前はリヨンや、特にボルドーには5年程在住。勿論旅行は大好き。日本では音楽講師、ソムリエ資格取得、フレンチレストランで働いた事も。 Youtube始めました。 https://youtu.be/FQ2vcRXnZgA

yokoFrance

パリ在住のフランス政府公認ガイド。美術史、民俗学のマスター取得。以前はリヨンや、特にボルドーには5年程在住。勿論旅行は大好き。日本では音楽講師、ソムリエ資格取得、フレンチレストランで働いた事も。 Youtube始めました。 https://youtu.be/FQ2vcRXnZgA

    マガジン

    • パリでフランスの郷土料理を極める

    • パリでフランスの郷土料理を極める

      • パリでフランスの郷土料理を極める

      • パリでフランスの郷土料理を極める

    最近の記事

    フリーダ・カーロの香り

    以前<アーティストの自画像>というタイトルの記事でフリーダ・カーロについて触れた。 そんな縁があって今回のパリのガリエラ美術館でのフリーダ・カーロ特別展は前々から楽しみにしていたのだ。 なにせメキシコ美術館からフリーダ(今回はファーストネームで呼ばせてもらう)の遺品等の貸し出しは普通そう簡単にはありえないだろうし、特に衣服、コルセットや義足、化粧雑貨等の展示は今回の楽しみのうちの大半を占めるであろうから。 入場に関してはすべてインターネットでの予約制。 行けば何とかなるで

      • パリで人気者になるには

        パリで一番最初に何かの為に並んだのって何時だったのか覚えていない。 数年前の外出制限の前日に某日本食料品店前に何を買うのかもハッキリせずに何十分か並んで取り敢えず米かなと思ってその方角に向かったら後ろにいた女性にサッと追い抜かされた。 残っていたのは餅米ひと袋で、「これでは毎日赤飯だなあ。」と、自分でも可笑しくなって結局何も買わずにその場を去った。 おそらくその時以来、食べ物の為に長い時間を費やすのが億劫になったような気がする。 昔はたい焼きの為に並ぶのも楽しかったし、一

        • パリジェンヌの女子会

          〜エイヒレの焦がしバター添え 前作で書いた通り日本に行ってきた。 到着した日に早速友人のシャンピ(これはニックネーム)からメッセージが。 今回の日本旅行はあまりにも突然決めた為殆ど誰にも告げていなかった。 ましてや彼女はリール市というパリからTGVで一時間少々かかるところにずっと住んでいてもうかれこれ3年以上会っていない。 「何で日本にいる事分かったのかなあ。」 答えはその反対。 「ククー、レ・フィーユ!」 彼女のメッセージはいつもこう始まる。 英語だったら「ハー

          • パリのヘボカメラマンが行く

            今回理由あって9日間程パリから姿を消した。 なんと日本に来てしまったのである。 仕事ではなく私用なのだけれど残念なのはいつもお世話になっている皆さんにご挨拶回りが出来なかった事。 それでもほんの一部の方達を勝手に選ばせてもらってこっそり秘密に覗き見をしに行く事に決めた。今回日本行きチケットを入手したのは出発10日前で全く日程に余裕もなかったので果たして会いたい人皆が都合よいかもわからなかったけれど。 せめていつもtwitter等で❤️をつけながら写真をみて夢を見ているもの

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • パリでフランスの郷土料理を極める
            yokoFrance
          • パリでフランスの郷土料理を極める
            yokoFrance

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ディオール美術館に行ってきた

            noteにほぼ毎週投稿している事は私の数少ない自慢のうちの一つであるし、まるでルーティンのようなものかと最近思い始めている程当たり前の様になってきた。 主題に関しては全く自分勝手で、書きたいものを書くだけ。 私の場合は興味のあるもの、特にお近づきになりたいものをより深く知る事に通じるものが意味を持つのである。 今回クリスチャン・ディオールの美術館に行ったのは以前にnoteでイヴ・サン・ローランについて書いたからであるが、あれは私の意思と言うよりあれだけの内容の企画が目の前に

            もしもパリにカフェ  が存在しなかったら  〜その4

            パリに現存する最古のカフェ その名もル・プロコープ 今迄にパリのカフェにまつわる話を3回ほど書いたけれど、今回のカフェ話も実は重要で、この時にこのカフェが存在していなかったらパリのカフェの歴史が変わってしまっていたであろうと言うくらい。 また、ここでハッキリさせなくてはいけないのは、今回の主役<カフェ・プロコープ>は1686年のオープン時はレストランではなかったが、現在はカフェというよりレストラン色が強い事。 しかしながら昼間にコーヒーを飲みに来るのも可能、何故なら営業時

            エカイエと生牡蠣

            我が家の近所のカフェ・レストランが2.3週間前に随分雰囲気を変えた。 以前には店頭に海老、蟹、生牡蠣などのシーフードコーナーがあったのだがコロナ対策でテーブル数を減らすなどして 一時的に店内を大掛かりに改装したこともあった。 それからしばらくはシーフードコーナーは使われていなかった。 店内とテラスにガラスの仕切りをつけたのでスペースが必要であったからだろうということと、外側に新鮮な魚介類を出しっぱなしには出来なかったからであろう。 店自体は全体を真紅のイメージで統一して雰囲

            ルーヴルのいかさま師

            ルーヴル美術館は私の職場でもあり、私の誇り。などと偉そうに言っても、2020年3月以来めっきり行く機会が。減ってしまった。 理解しなければいけない事とはいえ、一時期は我々ガイドでさえも入場するのにインターネットで時間指定の予約をしなければいけなかった。 美術館が閉館してしまった時は完全シャットアウトだったし。 現在はガイディングする事よりも調べ物や確認する事のために行くことが多いが、そんなときは普段あまり行かないところや作品を見ることが多い。 展示されている作品は全部

            それぞれのバルコニー

            パリも本当に住みにくくなったなあと言うのが最近実感すること。 確かに相変わらず良い点がたくさんあることは認めるけれど、しかも私は地方に住んだことがあったのはリヨンとボルドーのみ、あとモンペリエにみっちり一ヶ月の滞在と言うのは贅沢であった。 程々に都会で程々に田舎と言うのはなかなか良かった。 特にボルドーやモンペリエは車で一時間ほどで海というのは夏には最高であった。 友人同士間でのパーティにしても地方では頻繁に各家に招待されたことが多かったのにパリではレストランに行く事が

            王妃のお気に入り

            マリー・アントワネットってどんな声だったのかなあ? と、ふと思った。 マリー・アントワネットとは関係ないのだが、先日、かなり前に亡くなった祖父の声を聞くことができた。 日本の実家の小部屋の整理をしていたら棚の中からカセットテープが見つかり、タイトルに祖父の名が記されていたのを発見した。 個人的にカセットテープの再生機を持っていなかったのでフランスに戻ってから友人に相談したらつい先日に私のスマホに祖父の声を送ってくれた。 それは祖父が歌った<よさこい節>であった。 泣

            私の父はビカソですが何か?

            パリのピカソ美術館に行ってきた。 少し前からそのつもりだったのに先延ばしになってしまっていたのには大した理由はないのだけれど。  ピカソの特別企画展には毎回必ず顔を出しているのだが、単に今回のタイトルにさほど興味がなかったからだと思う。 <マヤ=ルイズ・ピカソ パブロの娘> そう、人を惹きつけるタイトルとは思えないような気がしたからだ。 ここでマヤがパブロ・ピカソの娘なのはわかりきったことだし、同じくパブロの娘だったらパロマなら宝飾デザイナーだからそちらの方が個人的には気

            ポワラーヌで学んだバターの凄さ

            子供の時からずっと好きだったけれど、今ではもう無くなってしまって食べられないものっていくつかある。 例えば子供の頃、下北沢の名前も忘れてしまった中華屋さんの塩五目ラーメンが大好きだった。そこに行けば必ず注文していた。 母に「何時もそればかりねえ。たまには違うもの選びなさい。」とよく言われていたのは覚えている。 確かにおそらくそこにはもっと美味しいものがあったのかもしれないけれど、その店にいくとどうしてもそれが食べたくなるのだから仕方がない。 中華屋さんの他のメニューは通常栄

            フェルー通りに行けばわかる

            最近、パリの中でも小さいもの、普通わざわざ行かないところにスポットライトを当ててじっくり見ることに興味を持つようになった。 歩き廻ることに億劫になったのか? いや、そういうわけでもない。 人の多すぎるところがイヤになったのか? 全くそういうわけでもない。 ただ、今まであまりこういうところをじっくりと立ち止まって改めて眺め回すこともなかったなあと思って。 そうすることによってパリの魅力を再発見する事もできるかも知れない。 私のこの記事によって旅行者の皆さんが益々この

            パリでこっそりお茶をする

            お茶するのが大好きだ。 お茶と言っても私の場合はエスプレッソが多いけど。 ただ白状すると子供のときは両親が東京の下北沢でお茶屋さんを営んでいて、朝から晩まで緑茶ばかりだったので子供の頃は「コーラ飲みたいよう。」と思っていた。 でもフランスに来てからは日本に帰国するたびにお茶をどっさり買い込んで、フランスでも頻繁に飲んでは元気つけていたっけなあ。 逆に日本に行くと、エスプレッソが無性に飲みたくなる事があり、一度確か日本橋の<イリー(Illy)>に行って注文したときに、「お客

            ブランチ研究会

            フランスに来てから私のまわりの皆がブランチ、ブランチと騒ぎ出し始めたのはそんなに遠い昔ではない。 私にしては日本にいたときから知っていたものだから何故今更という感じでさえあった。 週末に朝昼兼でホテルの朝食みたいなヴォリュームのある洋朝食を摂ることと理解していた。 しばらくはあまり聞かなかったのだが、それは私が学生だったのであまりそんな優雅な生活スタイルに縁がなかったからであろう(今でも優雅と言うにはほど遠いが)。 フィットネスクラブに通うようになってから知り合った二人と

            アーティストの自画像

            自己の追求 アーティストの自画像って面白いと思うのだけれど。 自分で自分の姿を描くって容易ではないし。 私は一度も自分を描いたことないし、ポートレート自体もよく覚えているのは小学生の時に先生が「隣の人のポートレートを描きなさい。」と言ったので皆「えー?」と驚きの意を表明したが、先生の意は固かった。 皆いやいやではあったが仕方なくそれぞれ向かいあって、先ずは鉛筆で下描きを始め、早い者はさっさと輪郭を描いて色をつけだした。 私はいつも作業の遅い方であったが、取り終えず隣の女