見出し画像

渾沌の七つの穴

 よいかな。むかし渾沌がいた。眼も耳も鼻も口もなし。身は渾然とし、意識は朦朧。これが中心にあり、太極が流れ出て陰陽が判れた。渾沌に七つの穴が空いたせいなのじゃ。

―――莊子にいう。南海と北海の帝(かみ)が渾沌に七つの穴を空けた。すると渾沌は死んだ。

 この七つの穴から万象が漏れ出した。あらゆる可能性と災厄が飛び出したのじゃ。帝たちは慌てて穴を塞いだ。すると、渾沌の死体の中から声がした。そいつは言うた。

『わしは希望じゃ。あらゆるものを欲する。わしがおらんでは、世は情熱を失い、滅びるであろう』

 帝たちは顔を見合わせ、そいつを出してやった。がりがりに痩せ細った姿じゃったという。続いて声がした。そいつは言うた……

「あのとき、なんて言おうとしたのかなあ。婆さまは」
「それを探してるんでしょ、私らは。希望の次に出たのは、何だったのか

 沙漠のオアシスで星空を見上げ、姉弟は呟いた。次の邑はまだ遠い。

 剣が光りだした。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

つのにサポートすると、あなたには非常な幸福が舞い込みます。数種類のリアクションコメントも表示されます。

ブッダがあなたに加護を与えるでしょう。
4
奥ゆかしさ◆ドーモ。noteで文章を書いています。ヘッズフロムアニメイシヨン。

こちらでもピックアップされています

逆噴射プラクティスまとめ
逆噴射プラクティスまとめ
  • 137本

一次創作小説と関連記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。