waka

緑に囲まれた地でひっそりと暮らす、ものづくり愛好家。イラストを描く人。Webデザインを勉強する人。元建築士、元左官職人、元清掃作業員。 考え方、暮らし方、ものづくり、植物など、私が気になることを書いていこうかと思います。 https://dotdesign.site/

waka

緑に囲まれた地でひっそりと暮らす、ものづくり愛好家。イラストを描く人。Webデザインを勉強する人。元建築士、元左官職人、元清掃作業員。 考え方、暮らし方、ものづくり、植物など、私が気になることを書いていこうかと思います。 https://dotdesign.site/

    マガジン

    • Webデザインに関すること。

      Webデザイナーとしての勉強などなど載せていこうと思います。

    • エッセイ

      以前書いたエッセイをまとめています。

      • Webデザインに関すること。

      • エッセイ

    最近の記事

    • 固定された記事

    自分のこと。

    自分では自分のことが、わかりにくいのかもしれません。 私はごく普通に生きてきました。 しかし、他人には変わっていると言われることも…。 何かをつくることは昔から好きでした。 群れることはあまり得意ではありませんでした。 女子の少ない工業高校を卒業し、大学で広い世界を見ました。 建築を学び、社会人二年目で二級建築士を取り、設計士として勤務。 迷い、諦めたことも。 三十代になり、見合い、そしてお相手の闘病。介護。 それでも結婚し、その後、お前はアホかと言われるも、左官職人に転

      • WEBデザイン一年生(入塾90日の記録)

        ぬるま湯デザイン塾90日が過ぎて、感じたことを記録しようと思います。 3ヶ月を経過し、総合的に考えてみます。 現在、最後の演習問題に取りかかっていますが、タイムリミットとされている3ヶ月が経ちました。まず、タイムリミットと言っても、演習サイトの購読は、年間閲覧権を得ているので、実質あと9ヶ月は見ることが出来ます。そして、講師への添削依頼も継続して依頼出来ますし、質問も出来ます。chatworkを通してやり取りをしていましたので、そのまま継続出来ます。しかし、最終課題をクリア

        • WEBデザイン一年生(入塾60日の記録)

          ぬるま湯デザイン塾60日が過ぎ、期間的には三分の二が経過したので、記録を取ろうと思います。 現在の状況としては、ぬるま湯デザイン塾の課題は終盤に差し掛かっていて、ココナラでのバナー作成案件もいくつかこなしてきている状況です。 課題からそのまま実践(クラウドソーシング)へとスムーズに移行出来た事は、やはり講師の方がサポートしてくれるという安心感は大きかったです。独学では超えられなかっただろう壁も比較的簡単に超える事が出来た気がします。しかしながら、案件を受ける上での課題も浮

          • WEBデザイン1年生(入塾21日までの記録)

            ぬるま湯デザイン塾で学び始めてから、3週間が過ぎたので、これまで自分なりに取り組んできた事を記録しようと思います。 基礎的な知識は講義である程度学ぶことが出来ていると思うし、とにかく久々に大量の情報を頭で処理しています(笑)それに、大量の本を読み漁る日々。 HTMLやCSSとはなんぞや?の人がひたすら理解しようと奮闘中。 ぬるま湯デザイン塾は、ベースの講義はテキストと動画です。 デザインの基礎を学習した後は、バナーの作り方を学び、参考元のバナーやLPの探し方をレクチャーし

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Webデザインに関すること。
            waka
          • エッセイ
            waka

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            webデザイン0年生がバナーを集めてみた話。

             Webデザインの勉強を始める事にしてから、まだ本格的にオンライン講義が始まっていないので、ひとまずバナー広告というものを収集してみることにしました。    右も左もわからぬ0年生の私なので、今の現状で思うことを記録に残したいと思います。あくまでも、消費者目線での気づきです。   後で読み返した時に、恥ずかしくなること間違いなしなのでしょうが、これから成長できたらいいなという思いも込めて…。 大手の広告ほどシンプル。 ふと思ったのは、言わずと知れた大手の広告ほど、シンプル

            Webデザインの勉強をはじめます。

             私が大学の頃はWebはまだまだ縁遠い時代。 パソコンのスキルも使えるなら使っておけば・・・というくらいの時代。 もちろん就職の選択肢もそんなものがあるとは、つゆほども知らず。 デザインに興味があった私は、堅実に生きようと建築士の道を志しました。 右へ左へと翻弄されたのち、割愛しますが、家庭も持ち子供も。 そんな私が、新しい道を目指すことにしました。  Webデザイナーというものに憧れはありました。 しかし、どうやったらなれるのか? ネットをくまなく調べ、スクールを調べてみ

            iMG 2020 Advent calendar

            こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。 寒くなりましたね。 クリスマスまであと5日。今年も残りわずかですね。 植物は休眠し、秋の間しきりに姿をみせていた獣たちも 冬眠の床についたようで、夜は静かです。 時折、窓をたたくミゾレまじりの雨の音が、雪に変わると 音が消え、山も銀世界です。 さて、私はキリスト教とは無縁です。家は仏教です。 でも、恵まれた事に幼いころからクリスマスツリーを飾り サンタさんはやってきました。 恵まれた事に、今年も私の息子にもサンタがくる(予定)。 で

            真実とそこに写るもの。

            デジタルがほど遠かった時を私は知っています。 ある意味、豊かで。ある意味、幸せな。 現在は、別の恩恵があり、ある意味幸せなのです。 そんな少し前の話。 デジタルカメラが出る前、 フィルムに焼付けて現像をしていました。 それは、補正をすることなく、目で見た景色を切り取って その感動を人から人へ繋げていたのです。 家族写真であり、風景写真、証明写真と…。 現像してみるまで、どんな風に仕上がっているかわからない。 ドキドキと仕上がるのを待つ時間。 仕上がった後のアルバム整理。

            古いもの。

            私は、古いものが好きです。 若いころは、中古には興味が無く、安い物には目がなく…。 しかし、時代を経ていつの間にか古いものに 安らぎを感じるようになりました。 家具も年代物の中古を買ったりします。 他人が使ったものなんて…と昔は思っていましたが、 昭和の初期以前に作られた家具は、 とても耐久性があり、そしてとても細密に作られています。 現代でも残存している家具は、持ち主に大切に使われていた証拠です。 時には、鍵が無くなっていたり、表面の塗装が剥げていたり 引き出しの底に

            ダンドリシチブ。

            「段取り七分」という言葉を、 何処かで耳にしたことがないでしょうか? 私は、住宅の設計士をやめた後、 空いた時間を使って職業訓練校に一年間通いました。 左官科で勉強をして、後に職人として県内の左官工業所で 働くことになるのですが、 訓練校の恩師にこの言葉を教えていただきました。 「左官」というと何を思い浮かべるでしょうか? 壁を塗るという声が聞こえてきそうですが、 塗りの工程は最終仕上げに当たります。 最終工程の塗りだけでも、下塗り、中塗り、上塗りと 分かれているのですが

            iPadmateと私。

            ※この記事は オンラインサロンiPadmate内での noteラボ というサークルの「あなたとわたしのiPadmate」というリレー note 企画です。 尚、私の記事はipadmate内の情報は含まれていません。 ipadmateと向き合う私自身の話です。 7月15日 担当のwakaです。 リレーのバトンは Makoさんから受け取りました。 ipadmate というオンラインサロンに加入したのは昨年の10月。 どういうものか?という話は他の方のnote記事にあります

            +7

            ipadmateでつくったもの。

            くらす場所。

            今、暮らしている場所は生まれた場所。 若い頃は転々としていたが、今はここにいる。 私が子供の頃遊んだ場所で、今は息子が遊んでいる。 そこに共存する動物も、植物も、昆虫も息子に教えてあげられる。 周りは緑に囲まれて、庭と森の区別はつかない。 夏は湿度が高く、冬は雪が積もる。 年間通して曇りの日が多い。 蛍の光が何処かへ消えると、池では蛙が大合唱する時期。 夜になると、イノシシが土を掘り返しにくるし、 たまに、サルが庭を横切る。 夏の朝は意外とひんやり。 森を抜けてきた風は

            断捨離。

            数年に一度、断捨離をする。 頭の中を空っぽにする様に、要らないものを捨てる。 そして、新しい価値観を上書きするようにする。 年々、身の回りの物は少なくなっていくし、 自分にとって本当に必要な物はそれほど多くない。 元々の性格上、嫌いな物は少ない。 どうでもいい物と好きな物が大半だった。 断捨離をしようと決めてから、「どうでもいい物」を捨てた。 好きな物を残し、数年触っていない物を処分した。 例えば、私のワードローブからは、柄物のシャツやワンピースが消えた。 買ったはいい

            水があう。

            水が合わないとは、よく言ったもの…。 孤独を感じたり、周囲に馴染めない環境を表現する為に、よく聞く言葉。 若い頃、生まれた場所から離れて一人暮らしをした。 しばらくすると肌が荒れ、体調がなんとなく悪い。 大きな不調は無かったものの、仕事の忙しさも重なりストレスが溜まる。 ストレスは肌に悪いと聞いた事があった。きっとストレス。 大型連休が来て、車で4時間の真夜中の実家に帰った。 雨が降る。まとわりつくような空気は正直鬱陶しかった。 しかし、一晩経つとすこぶる体調がいいのだ。