日本声ヨガ協会
【効果測定結果】マインドフルネス8weeksプログラム
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【効果測定結果】マインドフルネス8weeksプログラム

日本声ヨガ協会

 こんにちは。日本声ヨガ協会代表の八田幸子です。2022年の4月から6月にかけてクライアント企業様に行った『マインドフルネス8weeksプログラム』の効果測定を行いました。

実施概要

 コンサルティングファーム従業員様向けに、定員100名で参加希望者を募り8週間のプログラムを実施致しました。「心身のコンディション維持のための手法を習得」することを目的にご依頼頂いた、カスタムのプログラムです。

 応募開始から3日間で定員に達し、マインドフルネスに対する関心の高さがみてとれました。マインドフルネスが世間一般的に浸透してきたことを実感しています。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、全社員様は基本的にテレワーク勤務なので、研修は全てオンラインで行いました。今回の8週間プログラムは、平日の朝に行う瞑想LIVEと1週間に1度1時間のワークショップで構成されています。

効果測定方法

 効果測定の方法は、マインドフルネス研修を行う前と、研修が終わった後で1から10のスケールの中で質問項目に対してスコアリングしてもらい、その変化率を抽出しました。この質問項目は「東京大学ワーキング」で開発された、1項目の設問によりプレゼンティーイズム*を簡便に測定できる尺度であるSPQをベースにしています。

 今回は8項目の質問に対してスコアリングしています。スコアリングでは、”非常に悪い”から”非常に良い”の10段階で自己評価してもらい、全体の変化を算出しています。A郡を全体、B郡を5回以上出席した人として、2つのグループのスコア比較も行っています。

効果測定の結果

1)「病気や怪我がないときに発揮できる仕事のできを100%として、過去4週間の自身の仕事を評価してください。」

という質問では、
開始前が7.26で、研修後ではA郡(全体)が7.62となり0.32のポイント上昇、変化率は5%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.71となり、0.45のポイント上昇、変化率は6.2%の上昇でした。

2)「普段の体調はどうですか?」

という質問では、
開始前が6.21で、研修後ではA郡(全体)が6.79となり0.32のポイント上昇、変化率は9.3%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.13となり、0.92のポイント上昇、変化率は14.8%の上昇でした。

3)「睡眠に対する満足度はどうですか?」

という質問では、
開始前が5.47で、研修後ではA郡(全体)が6.51となり1.04のポイント上昇、変化率は19%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.03となり、1.56のポイント上昇、変化率は28.5%の上昇でした。

4)「自己肯定感はどれくらいですか?」

という質問では、
開始前が5.31で、研修後ではA郡(全体)が6.79となり1.48のポイント上昇、変化率は27.9%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.11となり、1.8のポイント上昇、変化率は33.9%の上昇でした。

5)「ストレスマネジメントはできていますか?」

という質問では、
開始前が5.32で、研修後ではA郡(全体)が6.69となり1.37のポイント上昇、変化率は25.8%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.26となり、1.94のポイント上昇、変化率は36.5%の上昇でした。

6)「自分の感情をコントロールできる」

という質問では、
開始前が5.54で、研修後ではA郡(全体)が6.96となり1.42のポイント上昇、変化率は25.6%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.37となり、1.83のポイント上昇、変化率は33%の上昇でした。

7)「日常の中でリラックスできている」

という質問では、
開始前が5.31で、研修後ではA郡(全体)が6.44となり1.13のポイント上昇、変化率は21.3%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では6.82となり、1.51のポイント上昇、変化率は28.4%の上昇でした。

8)「相手の立場でもの語を考えられている」

という質問では、
開始前が6.16で、研修後ではA郡(全体)が6.97となり0.81のポイント上昇、変化率は13.1%の上昇でした。B郡(5回以上出席)では7.16となり、1.00のポイント上昇、変化率は16.2%の上昇でした。

プログラムの総括

 全体的に研修前に比べて自己評価は上昇しています。今回の目的である「心身のコンディション維持のための手法を習得」に関する質問項目である3から7の質問項目に関しては、高い上昇率になり、参加者の方がかなりの効果を実感していらっしゃることが分かります。

 特に心に関する質問項目である4)の自己肯定感や5)のストレスマネジメント、6)の感情をコントロール、の項目が高い上昇率だったのは良い意味で意外で、素晴らしい結果が出たと思っています。

 マインドフルネスは継続率で結果が変わるので、A郡とB郡では明らかにB郡の上昇率が高くなっているのも見てとれます。この研修後も継続していただくことで、マインドフルネスの効果は出ていくものと考えられます。

 今回は全体の平均とWS出席数5回以上で比較しましたが、8週間(56日間)の期間中、LIVEを含めたマインドフルネス継続日数でも50%以上を抽出したら見たら、より差があるかと思われます。

 今回は「自由参加型」のワークショップと瞑想LIVEなので、アンケートの回答者の条件が完全には揃っていない状態ですが、アメリカの各大学が論文で報告しているような本格的な8週間プログラムでなくても、目に見えて効果が出ていること、そしてスコアが想定よりも高いことに驚きました。

法人向けマインドフルネス研修

 日本声ヨガ協会の法人向けマインドフルネス研修の詳細については、以下までお問い合わせください。
https://www.voiceyoga.jp/contact-us/

この記事が参加している募集

私の仕事

人事の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本声ヨガ協会
一般社団法人日本声ヨガ協会では「声で心を整える」をコンセプトに、心身のコンディションを調整するセルフケア健康プログラムを提供しています。 https://www.voiceyoga.jp