2050年都市ビジョン研究会

一般社団法人都市計画コンサルタント協会に設置された「2050年都市ビジョン研究会」のnote。本研究会は、広く都市づくりにかかわる有志の学識経験者、専門家、都市行政職員が集まり、2050年の都市の将来像や実現に向けた方向性のとりまとめ、情報発信などを行っています。
    • トピックス
      トピックス
      • 10本

      2050年都市ビジョン研究会のメンバーがそれぞれの視点から2050年の都市の将来像や実現に向けた方向性を考えます。

+3

提言書(ver1.0)を公表しました

2021年6月14日に、新型コロナ禍による影響も踏まえた将来の都市ビジョンとして、「Urban+Planning VISION 2020(提言書ver1.0)」を公表しました。 Urban + Planning VISION…

トピック10|2050年の働き方の変化を踏まえた大都市と地方との関係はどうなる?

伊東 博史 パシフィックコンサルタンツ株式会社 社会イノベーション事業本部 総合プロジェクト部 平成31年4月より働き方改革関連法が施行され、多くの企業等において多…

トピック06|2050年の「観光」はどうなる?

脇門 裕子 株式会社コムテック地域工学研究所 地域リノベーション室 古くから人々は観光により非日常を楽しみ、仲間との親睦や訪れた先の人々との交流を深めてきました。…

トピック01|2050年の「シェアリングエコノミー」はどうなる?

松下 佳広 ㈱国際開発コンサルタンツ 東京支店 計画・交通課 近年シェアリングエコノミーが急速に進んできましたが、コロナ禍のなかで他人とモノや空間等をシェアすること…

トピック05|2050年の「ショッピング」はどうなる?

堂下 和宏 さいたま市 都市局 都市整備部 東日本交流拠点整備課 2020年から30年後、2050年のショッピングはどうなっているでしょうか。 逆に30年前の1990年はどうだったか…

トピック03|2050年の「ワークスタイル」はどうなる?

立山善宏 昭和㈱ 都市調査事業部 働き方改革により多様な働き方が認められ始め、テレワークなどはコロナ禍のなかで企業等において急速に取り入られるようになりました。2…