鏑木蓮『見えない鎖』

鏑木蓮『見えない鎖』

つばさっち

 ふとしたきっかけで著者とこの作品を知ることになり、せっかくなので・・・と読み始めました。失礼を承知で打ち明ければ、もしかしたら著名な作家さんかもしれませんが、これまで自分のアンテナにはひっかからず、恐らく今回のような機会がなければ自分から手にとって、というか行き着いたかも怪しい。

 さて、中身。殺人事件が起こり、その真相解明を警察ではない主人公たちが解明していくというよくあるパターンではあるのですが。被害者が主人公の身内ということもあり、タイトルからの勝手なイメージで暗い感じで、読み進めるのも重苦しくなるかなと思っていたのですが、ところがどっこい。軽妙でテンポ良くとまではいかないまでも、苦にならないいい塩梅。

 また読みたいと思える作家さんに出会えましたね。久しぶりに。これもまたタイトルのように『見えない鎖』によって繋がった縁なのかもしれません。



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
つばさっち