TOYO JAPAN

「食にとって正しいプロセスを追求し、お客様に食の感動を創造する。」 お客様に料理を提供…

TOYO JAPAN

「食にとって正しいプロセスを追求し、お客様に食の感動を創造する。」 お客様に料理を提供する「レストラン事業」、シェフが直接お伺いをして提供する「ケータリング事業」、お客様に料理をお届けする「デリバリー事業」などを行っております。 https://toyojapan.biz/

マガジン

  • KYUKON WAGYU

    FiNANCiEにて行っている「KYUKON WAGYU プロジェクト」についてまとめています。

  • 採用情報

  • シリーズ「Nouvelle Artisan 新しい職人」

    Restaurant TOYOで働くシェフ、パティシエなどの職人たちのインタビューです。

最近の記事

  • 固定された記事

トヨイスムとはお客様に寄り添い続けること|中山豊光

「自分の料理を食べてもらいたい」 という思いはない2022年8月、Restaurant TOYOの本店オーナーシェフ、中山豊光が帰国し、11日(木)から14日(日)まで、日比谷のRestaurant TOYO Tokyoのカウンターに立った。2021年4月以来のことだ。 パリ6区、ピカソやシャガールなどの芸術家たちが集ったことでも知られるモンパルナスにほど近い地にRestaurant TOYOはある。オープンは2009年、1971年生まれの中山が38歳になる年だ。 カウン

    • Web3による地方創生への取り組み。熊本を身近に感じてもらいたいという願い。

      はじめに 2022年9月、仔牛の生育から流通に至るまで、20か月にわたる一連のプロセスを消費者と共有することで、次世代の畜産流通と収益モデルの実現を目指した「見届ける畜産 × 食育プロジェクト」“KYUKON WAGYU“を立ち上げました。 2023年2月9日には競りが行われ、仔牛を迎えました。コミュニティ内で命名をして、「やまこ」と名付けられ、順調に肥育されています。 DAOを取り入れたコミュニティでの活動内容と参加特典 コミュニティでの活動及び、参加特典は以下の通

      • 【Restaurant TOYO】ソムリエ徳重雄大、夢見たフランスへ!

        「TOYO」の真髄をもっと見て、本場で答え合わせがしたい 徳重は2023年の秋に3週間ほどパリでの研修に参加し、その時に目の当たりにした、Restaurant TOYO Parisのオーナーシェフ中山豊光のお客様への姿勢に感銘を受け、そんな憧れの背中にもっと学びたいという思いから、今回のパリ行きを決めた。 また、フレンチレストランに携わる人間として本場でエスプリを感じながら働きたいという思いや、これまでの経験や勉強の答え合わせをしたいという強い意志もあった。 徳重がワイ

        • 【まるっと熊本!】コラボイベントレポート 博多大丸「未来共栄プロジェクト」×「KYUKON WAGYUプロジェクト」

          【まるっと熊本!】2周年記念特別コース 「九州の魂」を意味する焼肉レストラン「きゅうこん」は2024年5月、2周年を迎えました。 この記念に、5月27日(月)「地方の豊かさを、焼肉を通して伝えたい」というコンセプトのもと、クラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて九州の地方創生を目指すプロジェクトとのコラボレーションコース「2周年記念特別コース」を提供するイベントを開催いたしました。 ご協賛、ご来店いただきました皆様、ありがとうございました

        • 固定された記事

        トヨイスムとはお客様に寄り添い続けること|中山豊光

        • Web3による地方創生への取り組み。熊本を身近に感じてもらいたいという願い。

        • 【Restaurant TOYO】ソムリエ徳重雄大、夢見たフランスへ!

        • 【まるっと熊本!】コラボイベントレポート 博多大丸「未来共栄プロジェクト」×「KYUKON WAGYUプロジェクト」

        マガジン

        • KYUKON WAGYU
          5本
        • 採用情報
          4本
        • シリーズ「Nouvelle Artisan 新しい職人」
          5本

        記事

          KYUKON WAGYU 優待販売に向けて(2024年10月販売予定)

          いつも KYUKON WAGYU プロジェクトをご支援いただき誠にありがとうございます。 黒毛和牛「やまこ」の出荷まで、とうとう6か月を切りました。2024年10月に販売を予定しております。 プロジェクトのご支援者様には、以下の値段で黒毛和牛の優待販売を行います。 今回の記事では、優待販売に向け、販売価格や流通の流れについてご説明いたします。 ●やまこがみなさまに届くまでプロジェクトの流れ ①ファンディング開始 コミュニティ(KYUKON WAGYUプロジェクト)をフ

          KYUKON WAGYU 優待販売に向けて(2024年10月販売予定)

          焼肉屋でフードビジネスを学ぶ。大学生アルバイターが焼肉きゅうこんで挑戦!

          弊社の焼肉レストランきゅうこんでは、単なるアルバイトだけでなく、目標を持って働き、多くの学びを得てほしいという思いがあります。私たちは、アルバイトスタッフの皆さんが自身のスキルを伸ばし、成長するための環境づくりをしています。 学生アルバイター紙田さんに直撃! 大学2年生の紙田さんは、焼肉きゅうこんで主にサービス(ドリンク)とキッチンの業務、ケータリング事業等で活躍しています。 【Q1】自己紹介をお願いします 紙田です。2024年4月で大学新2年生になりました。 大学で商業

          焼肉屋でフードビジネスを学ぶ。大学生アルバイターが焼肉きゅうこんで挑戦!

          【学生バイトにインタビュー】焼肉きゅうこんでフードビジネスを学ぶ!①

          弊社の焼肉レストランきゅうこんでは、単なるアルバイトだけでなく、目標を持って働き、多くの学びを得てほしいという思いがあります。私たちは、アルバイトスタッフの皆さんが自身のスキルを伸ばし、成長するための環境づくりをしています。 焼肉きゅうこんで働くということ 焼肉きゅうこんは飲食店でありながら、経営はベンチャー企業が行っています。そのため、学生アルバイターにとっても、飲食店のアルバイトをしながら「食×マーケティング×ビジネス」の仕組みを学び、成長できる場でありたいと考えていま

          【学生バイトにインタビュー】焼肉きゅうこんでフードビジネスを学ぶ!①

          飲食業界はチームワークが命。TOYO JAPAN、新たなチーム組成を開始。

          TOYO JAPAN株式会社は、2024年より、Restaurant TOYO TokyoとRestaurant Solfégeの2店舗で料理人・サービススタッフの採用を積極的に開始します。この取り組みは、チーム力の強化と提供サービスおよび品質の向上を目指しています。 レストランでは、チームワークを重視した店舗運営が重要視されており、食材の仕入れから調理までを店舗で一貫した方法で最高の状態で仕上げることが求められます。 当社では、この流れを達成するために繰り返し継続していく

          飲食業界はチームワークが命。TOYO JAPAN、新たなチーム組成を開始。

          なぜ今、【焼肉きゅうこん】が肉職人を育てるのか。

          2022年5月、目黒にオープンした弊社の焼肉レストランきゅうこんは、これからの外食業界を支えてくれる若手を応援し、「世界を相手に戦う料理人」を育てることに注力しています。このnoteでは、外食業界が厳しい状況に直面しているいま、なぜ【焼肉レストランきゅうこん】が肉職人を育てるのか、私たちが取り組む課題や目指す方向についてお伝えします。 このnoteを通して、外食業界やを取り巻く環境や課題、そして私たちの取り組みを少しでも多くの方に認識いただき、共感頂けた方と共にこの取り組み

          なぜ今、【焼肉きゅうこん】が肉職人を育てるのか。

          「山瀬牧場」の肉、ついに販売開始!

          2023年11月29日(良い肉の日) 私達の願いでもありました「山瀬牧場」の肉をはじめて皆様にお届け致します。 肉師®山瀬健策の実家である牧場にて愛情いっぱいに育てられた牛が競りにかけられ「牛肉」へと変わっていきました。 まずは美味しく食べつつ、命の尊さ、生産者の日々の努力などにも想いをめぐらせていただければ幸いです。 ■今回の商品ラインナップ【①ていねいに調理されたローストビーフ】250g 5,000円 (税込) 熊本県菊池 「山瀬牧場」の和牛を目黒の「焼肉きゅうこ

          「山瀬牧場」の肉、ついに販売開始!

          「ケータリング」という選択肢。アフターコロナの新しいライフスタイルの味方に。

          新型コロナウイルスの影響により、飲食業界は大きな変革を迎えました。アフターコロナの時代にも影響は残り、ワークライフバランスやコミュニケーションスタイルの変化に伴い人々の食事のスタイルも変化しています。こうした状況の中で、ケータリングサービスは新しい需要を引き寄せています。 ■飲み会ニーズの変化とケータリングの重要性近年、ワークライフバランスが重視されるようになり、労働時間外の活動に時間を充てることが重要視されています。仕事以外の趣味やプライベートな時間を大切にするため、コロ

          「ケータリング」という選択肢。アフターコロナの新しいライフスタイルの味方に。

          「やまこ」放牧開始!黒毛和牛を“せり、育て、いただく”。見届ける畜産×食育プロジェクト「KYUKON WAGYU プロジェクト」で遊牧場を設置。

          はじめに2022年9月、仔牛の生育から流通に至るまで、20ヶ月にわたる一連のプロセスを消費者と共有することで、次世代の畜産流通と収益モデルの実現を目指した「見届ける畜産 × 食育プロジェクト」“KYUKON WAGYU“を立ち上げました。2023年2月9日には競りが行われ、仔牛を迎えました。 〈競りの様子↓〉 https://www.youtube.com/watch?v=d925Wi0Efgc コミュニティ内で命名をして、「やまこ」と名付けられ、順調に肥育されています

          「やまこ」放牧開始!黒毛和牛を“せり、育て、いただく”。見届ける畜産×食育プロジェクト「KYUKON WAGYU プロジェクト」で遊牧場を設置。

          30,000の記憶から選ばれたフードフレンドリーなワインがあなたのワイン体験を飛躍させる|「leap」リードセレクター成澤亨太

          現役のレストランソムリエがセレクトしたオンラインワインショップ「leap」が、跳ぶ、躍動する、飛躍するといった意味をブランド名にするのは、日常の食卓におけるワインの楽しみ方を進めたい、「Wine makes a leap.(ワインは飛躍する。)」をブランドメッセージに置いているからだ。 leapが描くワインのある日常を、リードセレクターの成澤亨太が語った。 20年間で積み重ねてきた3万本のワインの記憶「現役のレストランソムリエが選ぶからこそ、本当においしいワインだけをお勧

          30,000の記憶から選ばれたフードフレンドリーなワインがあなたのワイン体験を飛躍させる|「leap」リードセレクター成澤亨太

          畜産農家の挑戦!Web3を活用したKYUKON WAGYUプロジェクト。コミュニティの本格稼働及びDAOの運営、そしてNFT発行に至るまで。

          はじめに2022年9月、仔牛の生育から流通に至るまで、20ヶ月にわたる一連のプロセスを消費者と共有することで、次世代の畜産流通と収益モデルの実現を目指した「見届ける畜産 × 食育プロジェクト」“KYUKON WAGYU“を立ち上げました。 2023年2月9日には競りが行われ、仔牛を迎えました。コミュニティ内で命名をして、「やまこ」と名付けられ、順調に肥育されています。 KYUKON WAGYU プロジェクト 概要はこちら▼ KYUKON WAGYU プロジェクト PR

          畜産農家の挑戦!Web3を活用したKYUKON WAGYUプロジェクト。コミュニティの本格稼働及びDAOの運営、そしてNFT発行に至るまで。

          焼肉きゅうこんが肉おせちを作ってみました。

          「焼肉きゅうこん 洋二段重」 23,760 円(税込み価格) 熊本県菊池市の和牛「和王」の牛もも肉のグリルや、牛ヒレステーキ、菊池市のブランド豚「走る豚」のローストポークなど、肉の産地にもこだわった焼肉店ならではの職人の手作り肉おせちを販売いたします。 内容量  :1セット(3〜4人前) 価格   :23,760円(税込・送料込) 受注期間 :~2023年12月20日 限定10セット 発送日  :2023年12月30日発送、31日のお届け予定 賞味期限 :2024年1月1

          焼肉きゅうこんが肉おせちを作ってみました。

          レストランオーナーの僕がKYUKON WAGYUプロジェクトを取組んでいる理由

          Restaurant TOYO Tokyoを運営しております、TOYO JAPAN株式会社代表の阿部でございます。初めてnoteに投稿します。 牛を“せり、育て、いただく”といったプロジェクトを、熊本県菊池市の山瀬牧場の肉師山瀬さんと行っております。 22年11月29日に、第一回のファンディングを行い、300万円を達成し、300名以上のコミュニティメンバーが集まりました。 そしてこの度、第2回のファンディングを行っております。 第2回ファンデング概要 ・ファンディング

          レストランオーナーの僕がKYUKON WAGYUプロジェクトを取組んでいる理由