Tomo

ダンサー・振付家 / 猫と植物が好き

Tomo

ダンサー・振付家 / 猫と植物が好き

    マガジン

    • 純粋歩行会

      隅田川の河川敷を中心に、ただ歩くことを目的とした会「純粋歩行会」歩いて見つけた気づきなど

    • 日常

      • 純粋歩行会

      • 日常

    最近の記事

    羽田空港方面へ歩く

    近年わたしの主な歩くルートは浅草からお台場周辺の隅田川沿いだったのだが、参加メンバーからの提案があり、羽田空港周辺エリアを歩いてみることにした。 そもそも歩くルートを浅草からお台場エリアに絞っていたのは、単純に住んでいる家からアクセスしやすいというのと、体験を積み重ねることで場を稽古場にするといった狙いもあった。実際通い続けてみると、隅田川沿いの遊歩道に降りるとからだのスイッチが入るようになった。 それはそれでおもしろいが、人を誘ってみるとこうした自分だけでは生まれない展開

      • 吸い寄せられるように河辺へ向かう

        悲しかったり落ち込んだ時、ざわざわしてしょうがない時、そうでもない時も、昔から吸い寄せられるように水のあるところへ行く。 水辺の場にある海や大きな川の風景、そこはわたしにとって日常ではない景色が広がっている。 いま自分がどこにいるのか、次元的に分からなくなるというような感触。 この世とは別のところのような。 水面が揺れている景色の中に立つと、日々堅いものだと疑わずに歩き過ごしていた地面がゆらゆらと揺れている。特に最近よく歩いている隅田川沿いの遊歩道は、整備された歩道と川が

        • 遠くを眺める

          わたしの地元は畑や田んぼがたくさんある。 田畑のある空間は高い建物や壁がないので、空が開け遠くまでよく見通せる。綺麗な三角形の大山と、丹沢の山並みが静かにそびえ立つ。 田んぼが一面に広がるエリアに3年間通った中学校はあった。高い建物、というか建物自体その古びた校舎以外にほぼ何もないので、遠くからもその古びた校舎がよく見える。 家から片道30分の道のりを歩いて登校した。その道のりの大半は田んぼの横にある畦道で、風に吹かれながら歩いた。 遮るものがないのでとにかく風が強かった

          • 都市の川沿いを歩く

            実家にいたころ、最寄り駅から電車に乗ると数駅先に大きな川があった。 大学や稽古やバイト先どこへ行くにもその川を電車で越えて出かけていた。川を渡る数秒間、視界が開け空が広くなり遠く先まで川が続いている。そのわずかな間に出かけるぞといった気持ちや帰ってきたという安心感など心の切り替えがあったように思う。 いまでも電車で川を渡る時は、顔を上げ外の風景を眺める。その瞬間、なにかを越えて別のどこかへ運ばれるような漠然とした感触がある。 いま住んでいるアパートに引っ越してから、よく隅

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 純粋歩行会
            Tomo
          • 日常
            Tomo

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ことばたち

            noteをすっかり更新していない。 noteをどう使っていいものか悩むまま、気付いたら文章はメモアプリに積もるように乱列していった。書きためた散文と本からの引用文と、あと誰かへの返事の下書きとか、クラスの内容案とか、何かをメモした謎の数字とか、でパンパンになったメモ画面を開いているとパソコンから追加容量を購入するよう勧められた。 溜まりに溜まったことばたちを整理する。 読んだ本の好きな一文や気になったところなど、打ち込むのが面倒な長文などは画像データで保存していた。それ

            甥っ子と街

            ちょくちょく姉夫婦の家に遊びに行く。 甥っ子はあと二ヶ月で2歳になる。 会うたびに大きくなっていく甥っ子が先日ついに私の名前を呼んでくれ(おぅたーんみたいな感じなので厳密に呼べてはいないが、自分が呼ばれているとよく分かる)、甥っ子への愛が私の中で跳ね回っている。 甥っ子は都心ど真ん中に住むシティーボーイなので家の周りは人や車が多い。 路地も公園もあるけれど、甥っ子はオフィスビルの植木で、綺麗に磨かれたガラスに映りこむ姿で、マンホールに溜まった水で、どこでものびのびと遊ぶ。

            VENUS展終えて

            7月3日グループ展VENUS2020でのダンスパフォーマンスを終えました。 完全予約制少人数の開催だったが、人が集まる場はやはり他には変えられないものがあった。 久々の人前での踊りは良い感触を得られたので、この自粛期間で過ごした長い時間は決して悪いことばかりではなかったなぁと振り返っている。 今回の会場だったGalleryShimizuは、壁の一画が一面ガラス張りで、外がよく見える空間になっている。ドアは閉めず、会場の中と外とを出入りしながらパフォーマンスを行った。開け放

            私の好きな楽器

            たまにウクレレを弾く。 ウクレレのいいところは小さくて手軽なところ 弦が4本で手が小さい私でも扱いやすいところ 音が優しい感じも好きだ。 なんとなくひょいと手に取り、ぽんぽろんと弾いていると落ち着いてくる。 サイズがちょうど良い、抱っこするようなサイズで、ウクレレのボディーの部分がお腹に収まる。心臓に近い。 弾きながら歌ったり、口笛を吹いたり、ハミングしてみたり、自由にウクレレに触れている、弾くというより戯れているといった感じだ。 自粛期間によくピアノも弾くようになった

            【公演情報】6・7月パフォーマンスのお知らせ

            7月3日、コロナ自粛期間を経て、外で踊る最初の機会になりそうです。 今の状態から世の中はさらに変化していくだろう一ヶ月後、どんな状態になっているか分からないけれど、状況を判断しながら、新しい道を歩いていこうと思います。 本企画は13名の画家の絵画作品展示と、その空間でのダンスパフォーマンスの企画です。 パフォーマンスとクロッキー会に関しましては、完全予約制の少人数での開催とさせていただきます。 状況を判断しつつ、感染予防対策を徹底しての開催を予定しております。またご来場の際

            幸せと眠り

            いつからか、5月は眠れなくなる月になってしまった。 いつからこうなったのかもう忘れてしまったが四年前くらいにはもうこんな感じだったように思う。 私は花粉症を持っていて、特に稲系の草がダメなのでこの時期は鼻も目も喉もかゆい。だからこうして5月に眠れなくなるのは花粉のせいだとと思っているが、本当のところはよくわからない。ただ必ずこの時期に眠くなるので心的な理由ではなく外の環境面からの影響でこうなっているのだろうと思う。 不眠で調べるとストレスや心的原因が真っ先に出てきてつい不

            財布を無くした話

            年々冬鬱傾向にあり冬という季節に身構えてしまうようになっていたが、今年は暖冬だからか随分と元気に過ごしていた。 しかしここ数日は脳みそから顔面にかけて灰色の重たい雲がかかっているようで、これが冬のせいなのか私生活の色んな出来事のせいなのか、どちらかというと後者な気がするけれど冬のせいだとしてしまった方が諦めがつくのでそういうことにしておく。 1月に財布をなくした。 これまでに財布を無くした記憶は特に思い当たらないので、おそらく今回が初めてのことだったのだと思う。 普段から丸

            植物の魅力

            数年前に草に魅了され、今もSNSのプロフィールなどでこっそりと草好きを名乗っている。 きっかけになったのは家の近くにあった古本屋で見つけた 稲垣栄洋著「雑草手帳」 だった。 よく行く本屋だったのだがその時はたまたま植物のコーナーが設けられていて、なんとなく手に取り面白そうだったので買ってみたのだが、それが自分の興味に深く刺さった。 雑草手帳には写真と科名学名・花期などの他に名前の由来や歴史上で何らかの価値を持っていたことや、人との歴史、食べ方など、それぞれの草の物語がか

            今年のやりたいこと

            新年早々風邪を長引かせ家籠りを続けているが、 今年のやりたいことをまとめてみようと思う。 去年はあまり本が読めなかったけど、代わりといってはなんだが映画が家で観られるようになった。 以前は家で映画を見るのが苦手だった。 映画は途中で止めずに一気に観たいと思っているのだが(飽きたり忘れたりするのと話に自分が戻るまで時間がかかる)家だと何かと用事を思い出しては集中力が途切れてしまう。 しかし昨年アマゾンプライムに入ってみたら沢山の作品が見放題というのが楽しく映画を観るようになっ

            初投稿

            こんにちは。 水越朋といいます。 東京を拠点にコンテンポラリーダンスとよばれるダンスを踊ったり作品を作ったり活動しています。 新年新たにということで、noteを始めてみることにしました。 初投稿なのでまず自己紹介を。 私は神奈川県の平塚市という海と山に囲まれた地で生まれ育ちました。 自然豊かな場所で家の裏は雑木林、近くには牛小屋豚小屋があり、田んぼに囲まれているような場所。体育と図工と音楽の授業が好きな子どもでした。 4歳で姉が習っていたバトントワリングを真似