野尻茂樹

伝統医学(鍼灸中心)を学ぶ中で、従来見落とされていたのではないかと考えている視点に気づき、少しづつ残しておこうと思います。浅学のためツッコミどころは多々と予想。

陰陽論 1

不思議という言葉は、ちょっと不思議です。普通、不の文字が頭にある場合、元の言葉があって使われているものです。不機嫌、不調法、不完全のように。でも、思議という言葉…

氣(気)って何だったんだ? 2

気とは、何かしらの変化そのもの、またはそれに必要な力や現象であるーと勝手に結論付けてしまいましたが、前回の話だけでは何のこっちゃ全然わからないので、少し具体例と…

氣(気)って何だったんだ?

東洋医学は気の医学です!とか、よく言われます。「万物は気が集まって出来ている」「生きている身体は気が流れている」って聞いたことがあると思いますが、「それなら、気…

身体について気付けることから考えられること 3

今まで、身体の目に見える運動について考えることを通じて、人が変化するものを捉えることの難しさについて考えてきました。 ここから今度は、過程が目に見えない変化につ…

身体について気付けることから考えられること 2

夏休みの宿題で、朝顔の観察なんていうのをさせられた方は多いと思います。あれは大体スケッチを毎日とることになってます。止まった状態を比べることで、どこが変化したか…

身体について気付けることから考えられること 1

自分が動いていることを感じる。スクワットという運動を使って、それだけの経験をしていただいたのは、人体という自然の一部を、私たちは内側から観察できることをお伝えし…