Patchy Magazine from ASEAN

75

<社会にとって有害な努力論: ホリエモンの努力論の過ち>

(アゴラ投稿の原稿です:2015/02/08) 久しぶりのアゴラ投稿になります。改めましてよろしくお願いいたします。当方、現在、東南アジア諸国を渡り歩いております。先週はラオス国を愉しんでおりました。
(注:Noteへの転載は2020/03/18ですが、奇遇にも、今はラオスです^^;)

さて、近況ですが、最近、安達裕哉氏 の ブログに「ハマって」おります。 (参考: http://blog.ti

もっとみる

ミャンマーに関する話題(1)

ミャンマーは学歴社会。しかし、パガン時代から続く「男女平等意識」があり、必然的に、下駄をはかされることなく「統一テスト」に挑んだ「優秀」である女性たちの比率が高くなる。キャンパスに行くと、きれいな女性が多い(男女比3:7くらいに見える)。尚、理学系での、大学の女性比率は、世界第2位。

ミャンマーは、日本同様「詰込み」教育型で、あまり実践を重視しない。教科書や参考書は、高校生のモノであれ、英語であ

もっとみる

ロヒンギャ問題で揺れるミャンマー・ラカイン州とは?

ロヒンギャ問題で揺れる、ミャンマー・ラカイン州の、州都シットウェ(旧名:アキャブ)とミャウウーに先日行ってきました。

州都シットウェは早々に立ち去ろうと思ったのですが、ジェッティの時刻を誤ってしまったため、翌日になった事もアリ、一泊余計にステイしたのですが、逆に良かったです。ラカイン州と言う処には、なんと、日本の相撲に似たスポーツがありました。これは、郷土資料館(博物館)で撮影したものですが(左

もっとみる

清原和博と薬物依存症

海外に居ますので、リアルタイムにテレビを見ているわけではないのですが、清原和博容疑者(プロ野球関係者)が逮捕されたとの事。同年代の「英雄」であるだけに(PLコンビは当時相当な話題でした)悔やまれます。何してるんだか。

<薬物依存、アルコール依存、ギャンブル依存: 依存時代を生きる>

<田代まさしという名の孤独なチャールズ・チャップリン>

<トヨタ自動車の女性役員は「堕ちた」のか?>

薬物依

もっとみる